イタリアの国に固有の更新プログラム: 購買と販売の請求書の通信拡張 Natura N5 をサポートする Microsoft Dynamics AX で「エッジの政権」

概要

に従って法律勅令番号 127/2015 年アートです。1 と決定法 78/2010、アートです。21、イタリアのすべての会社する必要があります電子的に送信 XML 形式で、 の購入および販売の請求書の通信 (DATIFATTURA)四半期ごとにします。

基本的には、この法律の要件を満たして Dynamics AX では、存在するが、請求書の通信の登録機能を実装します。具体的には、以下の KB 資料に記載されます。

AX バージョン

サポート技術情報番号

AX6.3

4038740

AX6.2

4038983

AX6.0

4038973

AX5

4038969

要件に従って購買と販売の請求書の通信レポートでは、イタリアの企業は、発行されると、受信した請求書に関する情報であり、各四半期は前四半期を送信するか。レポートには、各請求書の売上税トランザクションに関する詳細情報を含める必要があります。VAT 適用除外の一種で、請求書の売上税トランザクションが転記された場合、適用除外の種類で報告する特定の NATURA タグ レポートにします。

法的要件に応じて NATUAR の次の値は、該当する場合は。

Natura

イタリア語の説明

英語での説明

N1

E scluse 種類 15 ex

Excludedに従ってセクション 15

N2

E soggette で

N注記の対象に

N3

」され imponibili

N ot の課税対象

N4

Esenti

F ree-非課税

N5

R egime del margine/fattura で IVA の非 esposta

VAT の請求書での「エッジの体制」に入力されていません

N6

I nversione contabile (acquisti あたり ovvero nei casi の di autofatturazione 逆請求で le operazioni あたり importazioni di beni nei soli casi previsti あたりの余分な UE di servizi ovvero)

A会計復帰逆充電

N7

Altro stato UE で IVA assolta (vendite、distanza 種類 40 c. 3 e 4 e 種類 41 c. 1 lett b、ex DL 331/93; prestazione di servizi di telecomunicazioni、電話 radiodiffusione ex 種類 7 sexies lett。 f、g、種類の ed elettronici 74 sexies 同じ 633/。72)

UE の他の国で支払われる VAT

概要

最初に、請求書の通信の登録機能には、NATURA を計算する、次のアルゴリズムに基づいて購買と販売の請求書の通信のレポートの生成がサポートされています。

*****

すべての顧客および仕入先の請求書。

場合 SalesTaxTransaction.ReverseCharge = N6 の--> [はい]

Else if TaxType =「標準」--> ないタグ

Else if TaxCountryRegionType ="EU"は、N7 を-->

Else if TaxType ="NotSubjectToVAT"には、N2 が-->

Else if TaxType =「0」には、N3 が-->

Else if TaxType =「免税」

場合 SalesTaxTransaction.ExemptReason ="ExemptArt.15"は、N1 を-->

N4 をそれ以外の場合--> します。

N3 をそれ以外の場合--> します。

******

N5 を除きマイクロソフトは市場で NATURA のすべての値がサポートされていましたので、「エッジ政権」値の関連するビジネス プロセスは、Dynamics の AX. でサポートされていません。

Dynamics AX でパートナーの要求に基づいて、実装されていましたがNATURAを取得するのには関連する「エッジの政権」プロセスをサポートする拡張機能のタグ「N5」の値が正しく報告されます。

として更新されたアルゴリズムは、次。

*******

すべての顧客および仕入先の請求書。

If SalesTaxTransaction.ReverseCharge = "Yes" --> N6

Else if TaxCountryRegionType ="EU"は、N7 を-->

Else if TaxType ="NotSubjectToVAT"には、N2 が-->

Else if TaxType =「0」には、N3 が-->

Else if SalesTaxTransaction.Exempt ="Yes"の

場合 SalesTaxTransaction.ExemptReason ="ExemptArt.15"は、N1 を-->

           I f SalesTaxTransaction.ExemptReason = "EdgeRegime" --> N5

N4 をそれ以外の場合--> します。

Else if TaxType =「標準」--> ないタグ

N3 をそれ以外の場合--> します。

*******

設定と使用法

特定の設定 非課税コードに関連する操作を反映しての エッジ政権: 開く 総勘定元帳 > セットアップ > 売上税 > ::の売上税非課税コード

このイメージは、固有の課税控除のコードを設定する方法を示しています。

セットアップ、売上税コードで、 売上税グループこれを設定する ::売上税非課税コード

このイメージは、売上税コードを設定する方法を示しています。

使用して、売上税グループ適用される操作を反映するようにNATURAで報告N5.の値

参照でこれらの税トランザクションを転記するは 非課税コードに関する情報を含む税控除のため. に報告する必要があります

NATURA の値の計算は、概要の部分で上記のアルゴリズムに従って請求書の通信レポートの生成を自動的に行われます。

Microsoft Dynamics AX を入手する方法は、ファイルを更新します。

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードしインストールすることできます。

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R3

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2

  • Microsoft Dynamics AX 2012

  • Microsoft Dynamics AX 2009 SP1

再起動の必要性

修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールするか、またはその他の技術の質問をサポート、パートナーに相談するか、マイクロソフトとサポート プランを直接に登録すると場合、は、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートにお問い合わせくださいし、作成する場合、新しいサポート要求します。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx

これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contacts

お客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/northamerica/help/help/contactus

かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

メモこれは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。としてでは、ここに含まれる情報が提供されている-は、新たな問題に対応します。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×