概要

セキュリティ対策に取り組むことによって、ウイルスに感染しにくいコンピュータの環境にすることができます。

詳細

ウイルス (ワーム) の感染を予防するには

コンピュータを最新の状態にするには

定期的に Windows Update を実行して、最新の修正プログラムやアップデートをインストールすることによって、コンピュータのセキュリティ環境を最新の状態に保ち、ウイルスからの感染を防ぐことができます。

  1. Windows Update の Web ページを表示します。

    ※ Windows XP の場合
    [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Windows Update] をクリックします。



    ※ Windows Me 、Windows 2000 および Windows 98 の場合
    [スタート] ボタンをクリックし、[Windows Update] をクリックします。



  2. 更新情報を確認します。

    ※ Windows XP の場合
    [高速] または [カスタム] をクリックします。


    詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。

    899793 Microsoft Update/Windows Update v6 にて更新プログラムをインストールする方法

    ※ Windows Me 、Windows 2000 および Windows 98 の場合
    [更新をスキャンする] をクリックします。


    詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。

    830673 [HowTo] Windows Update より重要な更新を行う方法


補足
重要な更新はすべてインストールすることをお勧めします。重要な更新は、確認されている問題を修正し、既知のセキュリティ問題の被害からコンピュータを保護するために提供されます。
また、スケジュールを決めて、定期的に Windows Update を行うには、自動更新の機能を使用すると便利です。

Windows Update の自動更新を設定する方法については、下記の Q&A をご覧ください。

Office 製品を最新の状態にするには

  1. Web ページを開きます。

    Office 製品のアップデートの Web ページを開きます。
    または、Office アプリケーションの [ヘルプ] をクリックし、[Microsoft Office Web ページ] をクリックします。Office Online の Web ページが表示されたら、左上にある [ダウンロード] をクリックします。



  2. 最新のアップデートを自動検出します。

    [アップデートの確認] をクリックします。

    ※ [セキュリティ警告] の画面が表示される場合は、内容を確認し [はい] をクリックしてください。



  3. 更新状況を確認します。

    自動検出機能がコンピュータのチェックを行います。



  4. 更新を選択します。

    ご使用の Office 製品に必要なアップデートが検出されます。必要な項目のチェック ボックスにチェックを入れて、[インストール開始] をクリックします。


    ※ アップデートによっては、単独でインストールを行う必要があるものもあります。 その場合は、1 つのアップデートのみを選択し、[インストールの開始] をクリックします。


  5. インストール内容を確認します。

    [Office のアップデートのインストール ウィザード] が表示されます。内容を確認したら、[次へ] をクリックし、ウィザードに従って進みます。

    ※ アップデートの途中で、Office のインストール用 CD-ROM が必要になる場合があります。



  6. インストールの結果を確認します。

    インストールが完了したら、[完了] をクリックします。


ウイルス対策ソフトを使用するには

ウイルス対策ソフトを使用して、ウイルスの可能性があるファイルなどをチェックします。ウイルス対策ソフトを使用するには、市販のウイルス対策ソフトを購入する必要があります。

ウイルス対策ソフトは、下記のマイクロソフトの STPP パートナーであるウイルス対策ソフトウェア各社から発売されています。

その他のウイルス対策ソフト ベンダーに関しては、下記のサポート技術情報をご覧ください。

49500 ウイルス対策ソフトウェアの製造元の一覧市販のウイルス対策ソフトを購入したら、ウイルス対策の定義ファイルの更新が常に通知されるように設定して、ウイルス対策ソフトを最新の状態にしておくことによって、新種のウイルスにもすばやく対処することができます。

ファイアウォールを使用するには

Windows XP の場合


インターネット接続ファイアウォール (ICF) を有効にして、ネットワークからの攻撃を受けても障害が発生しないよう設定します。


注意 : Windows XP SP2 を使用している場合は、以下のサポート技術情報を参照してください。

884303 Windows ファイアウォールが有効になっているか確認する方法

  1. コントロール パネルを表示します。

    [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。


  2. ネットワークとインターネット接続を表示します。

    [ネットワークとインターネット接続] をクリックします。


  3. [ネットワーク接続] ダイアログ ボックスを表示します。

    [ネットワーク接続] をクリックします。


  4. 接続のプロパティを表示します。

    使用している接続の設定を右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

    ※ [ダイヤルアップ] や [広帯域] などの表示されているすべてのアイコンに対して、以下の手順 4.~6. の手順を繰り返します。


  5. インターネットから、このコンピュータへのアクセスを制限する設定にします。

    [詳細設定] タブをクリックし、[インターネットからのこのコンピュータへのアクセスを制限したり防いだりして、コンピュータとネットワークを保護する] チェック ボックスをクリックしてチェックを入れます。次に、[設定] をクリックします。


  6. 外部アクセスを許可する場合の設定をします。

    [サービス] タブをクリックし、[サービス] ボックスの一覧から、そのコンピュータ上のサービスのうち、(外部アクセスを許可する必要がある場合は) 外部アクセスを許可するサービスをクリックしてチェックを入れます。

    注意
    初期の設定では、すべてのサービスが無効になっています。これは、"デフォルト拒否" という方針によるものです。コンピュータへの外部アクセスは、チェック ボックスをクリックしてチェックを入れて許可する必要があります。



  7. 設定を終了します。

    [OK] をクリックして、[詳細設定] ダイアログ ボックスを閉じます。


Windows Me 、Windows 2000 および Windows 98 の場合


Windows Me 、Windows 2000 および Windows 98 には、Windows システムにファイアウォールを設定する機能が含まれていないため、市販のファイアウォール製品を入手してください。 ファイアウォール製品は、ウイルス対策ソフトウェアの各メーカーから提供されています。

マイクロソフトの STPP パートナーであるウイルス対策ソフトウェア各社からも提供されていますので併せてご覧ください。

万が一ウイルスに感染した場合に備えるには


ウイルス対策を万全に行っていても、ウイルスに感染してしまう場合があります。 万が一ウイルスに感染してしまった場合に備えて、大切なデータや個人情報、各種設定などは、CD-R や DVD-R などのメディアにバックアップを取っておくことをお勧めします。 定期的にバックアップを取っておくことで、コンピュータが正常な状態に復帰した後に、簡単に設定を元に戻せたり、データの損失を免れることができます。

関連情報

881202 ウイルス (ワーム) に感染したかどうか確認するには
881203 ウイルス (ワーム) を駆除するには

Windows Update :
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/help/windows-update
880733 Windows Update カタログから Windows システムの更新を検索するには
880734 Windows Update カタログから ハードウェア デバイス ドライバの更新を検索するには

881011 Office XP Service Pack 1 を入手するには
881012 Office XP Service Pack 2 を入手するには
881013 Office XP Service Pack 2 をインストールするには
881219 Windows Update を利用できない場合の確認事項
828336 [OFF] Office 製品をアップデートする方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×