概要

新しくインストールされたデプロイの最初のWindowsは、Microsoft Defender 保護のギャップのためにシステムが脆弱なままになる可能性があります。 これは、OS インストール イメージに古いマルウェア対策ソフトウェア バイナリが含まれている可能性があるためです。

これらのデプロイが行われたデバイスは、最初のマルウェア対策ソフトウェア更新プログラムを受け取るまで、十分に保護されません。 Microsoft Defender バイナリを更新し、新しいデプロイでこの保護ギャップを最小限に抑えるために、OS インストール イメージを定期的に処理することをお勧めします。

この記事では、OS インストール イメージ (WIM ファイルと VHD ファイル) の Microsoft Defender 用マルウェア対策更新プログラム パッケージについて説明します。 この機能は、次の OS インストール イメージをサポートしています。

  • Windows 10 (Enterprise、Pro、Home エディション)

  • Windows Server 2019

  • Windows Server 2016

バージョン情報

注: 

  • 新しいバージョン: 1.1.2110.1

このパッケージは、OS インストール イメージのマルウェア対策クライアント、マルウェア対策エンジン、署名バージョンを次のバージョンに更新します。

  • プラットフォームバージョン: 4.18.2109.6

  • エンジンバージョン: 1.1.18500.10

  • 署名バージョン: 1.349.2103.0

パッケージ情報

パッケージ サイズは約 122 MB です。

この更新プログラムの既知の問題

なし。

更新プログラムの情報

このパッケージには、Microsoft Defender マルウェア対策プラットフォームと、Windows 10 で使用される Microsoft Defender マルウェア対策プラットフォームとエンジンの月次更新プログラムと修正プログラムがMicrosoft Defender ウイルス対策含まれています。

このパッケージには、リリース日まで利用可能な最新のセキュリティ インテリジェンス更新プログラムも含まれています。

この更新プログラムの入手方法

OS イメージ アーキテクチャごとに異なる更新Windows必要です。 この更新プログラムを適用するインストール イメージに一致するアーキテクチャを選択します。

Microsoft Defender 更新プログラム Windows オペレーティング システムのインストール イメージ: 32 ビット |64 ビット 

注: これらのリンクはdefender-update-kit-[x86|x64].zip。 この .zip ファイルを抽出して、Defender 更新パッケージ(defender-dism-[x86|x64].cab) と、OS インストール イメージの更新操作を支援する更新プログラム修正ツール (DefenderUpdateWinimage.ps1) を取得します。

パッケージ更新ツール

この修正プログラム適用ツールの実行には、次の 前提条件 が適用されます (DefenderUpdateWinImage.ps1)。

  • PowerShell 5.1 以降を含む 64 ビット Windows 10以降の OS 環境を実行している必要があります。

  • Microsoft.Powershell.Security モジュールと DISM モジュールをインストールする必要があります。

  • 管理者特権を使用して、デバイスで PowerShell を起動する必要があります。

注: 

  • このパッケージを使用してライブ イメージを更新することはできません。これは、仮想マシン内で実行Windowsインストールに損害を与える可能性があります。

  • このDefenderUpdateWinImage.ps1には、更新プログラムを削除するオプションが表示されます。 ただし、更新プログラムを適用する前に、イメージのバックアップ コピーを保持しておきたい場合があります。

この更新プログラムを適用する方法

PS C:\> DefenderUpdateWinImage.ps1 - WorkingDirectory<> - ActionAddUpdate - ImagePath <path_to_Os_Image> -Package <path_to_package>

この更新プログラムを削除またはロールバックする方法

PS C:\> DefenderUpdateWinImage.ps1 - WorkingDirectory<> -ActionRemoveUpdate - ImagePath <path_to_Os_Image>

インストールされている更新プログラムの詳細を一覧表示する方法

PS C:\> DefenderUpdateWinImage.ps1 - WorkingDirectory<> - ActionShowUpdate - ImagePath <path_to_Os_Image>

参照情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×