概要

Microsoft Windows DLL (ダイナミック リンク ライブラリ) を取得し、現在のカーソル位置を設定する Windows API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) 呼び出しを行うことができます。USER32 で GetCursorPos 関数を使用して、現在の位置を取得できます。DLL.

詳細情報

Microsoft Excel には、取得またはカーソル位置を設定する組み込みの機能はありません。ただし、使用できます、Declare ステートメントで、Microsoft Excel Visual Basic for Applications マクロの現在の位置にアクセスするための Microsoft Windows 関数を呼び出す。カーソル位置を設定するのには SetCursorPos 関数を使用することもできます。SetCursorPos 関数は、画面上でカーソルを移動するのにはループ構造で使用できます。マイクロソフトを含めて、市場性および特定目的に対する適合性の黙示の保証に限定されない保証明示または黙示にかかわらず、するだけで Visual Basic for Applications のプロシージャの例を提供します。'と 'は、この資料の Visual Basic のプロシージャが提供され、マイクロソフトでは、すべての状況で使用することは保証しません。Microsoft サポート担当者は、特定のマクロの機能を説明することができます、お客様固有のニーズを満たすためにマクロを作成するお手伝いも追加された機能を提供するこれらの例は変更されません。プログラミングの経験を制限されている場合は、場合は、Microsoft ソリューション プロバイダーのいずれかを参照してください。ソリューション ・ プロバイダーは、さまざまなカスタム マクロの作成など、手数料ベースのサービスを提供します。Microsoft ソリューション プロバイダーの詳細については、マイクロソフトのカスタマー情報サービス (800) 426-9400 にお問い合わせください。

  1. 新しいモジュールに次のコードを入力します。

    ' Access the GetCursorPos function in user32.dll      Declare Function GetCursorPos Lib "user32" _      (lpPoint As POINTAPI) As Long      ' Access the GetCursorPos function in user32.dll      Declare Function SetCursorPos Lib "user32" _      (ByVal x As Long, ByVal y As Long) As Long      ' GetCursorPos requires a variable declared as a custom data type      ' that will hold two integers, one for x value and one for y value      Type POINTAPI         X_Pos As Long         Y_Pos As Long      End Type      ' Main routine to dimension variables, retrieve cursor position,      ' and display coordinates      Sub Get_Cursor_Pos()      ' Dimension the variable that will hold the x and y cursor positions      Dim Hold As POINTAPI      ' Place the cursor positions in variable Hold      GetCursorPos Hold      ' Display the cursor position coordinates      MsgBox "X Position is : " & Hold.X_Pos & Chr(10) & _         "Y Position is : " & Hold.Y_Pos      End Sub      ' Routine to set cursor position      Sub Set_Cursor_Pos()      ' Looping routine that positions the cursor         For x = 1 To 480 Step 20            SetCursorPos x, x            For y = 1 To 40000: Next         Next x      End Sub
  2. Get_Cursor_Pos ルーチンのテキスト内の任意の場所をクリックし、Get_Cursor_Pos マクロを実行する F5 キーを押します。マウス ポインターの現在位置の座標が表示されるメッセージ ボックスが表示されます。

  3. Set_Cursor_Pos ルーチンのテキスト内の任意の場所をクリックし、Set_Cursor_Pos マクロを実行する F5 キーを押します。

カーソル下に移動しますマウスを斜めに画面上で。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×