クライアント側スクリプトが動作しなく Microsoft Dynamics CRM Online で 2012 年 12 月にサービスの更新

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

2012 年 12 月に更新されると、Microsoft Dynamics CRM Online 組織スクリプト エラーが発生する可能性がある場合は、フォームは、V4.0 クライアント API (crmForm) を使用して、サービスの更新プログラムです。表示されるダイアログ ボックスが表示されるという「未定義」、または「ページでエラー"を示すフォームの左下隅にエラーが表示ことがあります。その他のさまざまなスクリプト エラーが表示されます。

原因

2012 年 12 月 Microsoft Dynamics CRM のサービスの更新プログラムが Microsoft Dynamics CRM のフォームの HTML コンポーネント (HTC) が含まれているかどうかを制御する新しいシステムの設定を導入します。既定では Microsoft Dynamics CRM Online では、この設定が無効です。

次の crmForm プロパティには、HTC が必要です。


.(を保存します。

.SaveAndClose (

.FormType

.ObjectTypeCode

.ObjectId

.ObjectTypeName

.RequiredLevel

.SetFocus (

.FireOnChange

.Min

.Max

.DataValue

.isDirty

.Disabled

.SelectedOption

.SelectedText

.SortingEnum

.Sort

.SelectedIndex

.InnerText

.OptionsXml

.Precision

.DataXml

.Text

.Value

.DisplayValue

.WillSubmit

.DataChangeHandler

.BypassValidation

.AllowFormFocus

._bSaving

._htcInitCompleted

.SubmitFormId

.NO_DATA

.RefreshOnSave

.Visible

.ForceSubmit

.Form

.TimeControl

.isInitialized

.allowblankdate

.IsMoney

.IsBaseCurrency

.CurrencySymbol

.CurrencyPrecision

.IgnoreCurrencySymbol

.IgnoreRange

.PrecisionChangeHandler

.TrimValue

.MaxLength

列挙子


解決策

1. Microsoft Dynamics CRM web アプリケーション、システム管理者としてログインします。

2. の設定をクリックして、管理、システムの設定] をクリックします。

3. [カスタマイズ] タブをクリックします。

4. 設定のチェック ボックスをクリックして「Microsoft Dynamics CRM のフォームに含める HTC のサポート」というラベルの付いた

5. [ok] をクリックします。

詳細

CrmForm API は、Microsoft Dynamics CRM 2011 のリリースで使用されなくなりました。このトピックおよびその他の潜在的な原因がスクリプト エラーの 2012 年 12 月の詳細についてはサービスの更新プログラムは、次のブログ記事を参照してください。

Microsoft Dynamics CRM をアップグレードする場合は、スクリプトの問題を分割を解決します。
http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2012/05/29/resolve-breaking-script-issues-when-upgrading-to-the-next-release-of-microsoft-dynamics-crm.aspx

Microsoft Dynamics CRM 2011 のカスタム コードの検証ツールをリリースしました。
http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2012/06/21/microsoft-dynamics-crm-2011-custom-code-validation-tool-released.aspx

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×