サーバー クラスタで Windows システム リソース マネージャ (WSRM) を実行する場合の制限事項

この資料では、サーバー クラスタで Windows システム リソース マネージャ (WSRM) を実行する場合の制限事項について説明します。新しい WSRM 機能は、Windows Server 2003 Enterprise Edition および Windows Server 2003 Datacenter Edition で使用できます。WSRM は、個々のコンピュータを管理するもので、クラスタには対応していません。そのため、クラスタ メンバについては個別に管理します。あるクラスタから他のクラスタ ノードへのフェールオーバーが発生した場合は、別途、管理手順を実行しない限り、障害の発生したノードで構成したリソース管理ポリシーを受信ノードで使用できません。

概要

WSRM は、フェールオーバーが発生したときに受信クラスタ ノードに移動されるプロセスに対して、障害の発生したノードに実装されていたルールを継続的に適用するためのコマンド ライン機能を提供するものです。ただし、それぞれのクラスタ ノードに同じリソース管理の制限を適用する必要はありません。場合によっては、想定されるフェールオーバー シナリオに応じて、それぞれのクラスタ ノードに異なるリソース管理ポリシーを構成することもできます。


以下の手順を使用して、ローカルまたはリモート クラスタ ノード上、あるいはクラスタの一部でないネットワークのメンバ コンピュータ上で、WSRM データをバックアップ (ダンプ) し、復元できます。WSRM サービスにはリモート コンピュータ接続機能があるため、WSRM サービスを実行していないコンピュータを使用して、企業内のコンピュータ間でパラメータを管理できます。これらのリモート機能を使用するには、マッピングされたネットワーク ドライブをコンピュータに作成し、WSRM ファイルを格納します。これらのコンピュータは、バックアップおよび復元機能のため、WSRM サービスによって使用される可能性があることに注意してください。


プロセス一致条件、リソース割り当てポリシー、カレンダー イベント、およびスケジュールをインポートまたはエクスポートするには、以下の手順を実行します。

  1. Windows システム リソース マネージャ ユーティリティを起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[Windows システム リソース マネージャ] をクリックします。

  2. 左ウィンドウで、[Windows システム リソース マネージャ (ローカル)] を右クリックし、以下のいずれかを実行します。

    • 情報をインポートするには、[WSRM 情報のインポート] をクリックします。[場所] ボックスに XML ファイルのインポート元となる場所を入力するか、または [参照] をクリックしてファイルに移動し、[OK] をクリックします。既存の Windows システム リソース マネージャの情報を上書きすることを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。


      または

    • 情報をエクスポートするには、[WSRM 情報のエクスポート] をクリックします。[場所] ボックスに XML ファイルのエクスポート先となるパスを入力するか、または [参照] をクリックしてフォルダに移動し、[OK] をクリックします。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 330018 (最終更新日 2003-04-29) を基に作成したものです。

関連情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×