スタートアップ] の値と状態がリモート プロシージャ コール (RPC) の RPC ロケーターと Kerberos キー配布センター サービスの適切であることを確認します。 オペレーティング システムのバージョンでは、レプリケーション エラーのログは、送信元と送信先のシステムに適切な値を決定します。 ヘルプの設定を検証するのにには、次の表を使用します。

サービス名

Windows 2000

Windows Server 2003 または Windows Server 2003 R2

Windows サーバー 2008

Windows Server 2008 R2

Windows Server 2012

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2016

リモート プロシージャ コール (RPC)

/自動

/自動

/自動

リモート プロシージャ コール (RPC) のロケーター

/自動 (ドメイン コント ローラー)

手動/しない (メンバー サーバー)

 

いない/手動

いない/手動

Kerberos キー配布センター (KDC)

/自動 (ドメイン コント ローラー)

いない開始または無効になっている (メンバー サーバー)

/自動 (ドメイン コント ローラー)

いない開始または無効になっている (メンバー サーバー)

 

/自動 (ドメイン コント ローラー)

いない開始または無効になっている (メンバー サーバー)

 

Active Directory ドメイン サービス

サービスが存在しません

サービスが存在しません

/自動

前の表の設定に一致、コンピューターを再起動していることを確認する変更を加える場合は、スタートアップ値とサービスの状態値と一致して、表に記載されています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×