この資料の対象製品を表示します。

概要

システム センター構成マネージャーの現在の分岐の 1702 のリリース バージョンには、問題を回避して、機能の向上を目的とした多くの変更が含まれています。

「問題を修正する」リストを含めたすべての変更ができます。代わりに、製品開発チームでは、基本構成マネージャーの広範な顧客に最も関連すると認識している変更内容が強調表示されます。これらの変更の多くは、製品の問題製品の改善のためのアイデアについてお客様からのフィードバックへの応答で行われました。1702 のバージョンは、階層の最上位層のサイトでインストール可能なコンソールの更新プログラムとして使用できます。

インストールの詳細については、 1702 システム センター構成マネージャーの更新プログラムをインストールするためのチェックリストを参照してください。

1702 のバージョンに含まれる変更の詳細については、 1702 のシステム センター構成マネージャーのバージョンの新機能を参照してください。

修正される問題

オペレーティング システムの展開およびタスク シーケンス

  • 状態移行ポイント (SMP) を状態ストアのフォルダーは手動で削除された場合、SMS Executive サービス終了することが予期せず、古いコンピューターの関連付けデータの削除タスクを実行する場合。さらに、予期せず同じ SMP では、他の状態ストアを削除可能性があります。

  • ConfigMgr クライアントをキャプチャの準備タスク シーケンスのステップは、キャプチャ用の Windows の準備手順を続行する前に今すぐクライアントをアンインストールします。これは、オペレーティング システム イメージをキャプチャした後、構成マネージャー クライアントの初期化に影響を与える可能性のある問題を防ぎます。

  • 多くの複雑なタスク シーケンスを使用する環境でのクライアントでのタスク シーケンスを起動できません。たとえば、35 ~ 40 のタスク シーケンスそれぞれ 100 の手順を実行は、この問題を発生する可能性があります。クライアント上の TSAgent.log では、以下のようなエラーが記録されます。この問題が発生すると、最初の 2 つのログ エントリの間で約 5 分間の遅延があります。 Initializing policy env variables No policy found in local WMI reply has no message header marker Failed to request policy assignments (Code 0x80004005) Error initializing TSPolicyManager. Code 0x80004005 Error initializing policy environment variables. Code 0x80004005 Error initializing TS environment. Code 0x80004005 Task sequence launcher advertisement failed!. Code 0x80004005 CTSAgent::Execute - Failed to launch Task Sequence manager.

  • 12 時間以内の期間に対応するメンテナンス ウィンドウがある場合は、0 のタイムアウト値を使用して定義されているタスク シーケンスは実行されません。次のようなメッセージは、クライアント上の ServiceWindowManager.log に記録されます。

    WillProgramRun が呼び出されました: Runtime:43200、種類: 5
    この種類の Windows のサービスが存在しません。
    存在しないすべてのプログラム ウィンドウは、この期間のまたはすべてのプログラム ウィンドウはフォールバックとして使用することはできませんが。プログラムは実行されません。

  • オプション コンポーネントこれでのみ追加できます Windows ADK のバージョンと Windows PE ブート イメージのバージョンが一致するとします。

  • フォーマットとパーティションのディスクのタスク シーケンスのステップのオプションを変更するこの起動ディスク] オプションが選択解除されている結果します。

  • SMS Executive サービスによって、予期しない時点で、自動的に SMS オフライン ・ サービス ・ マネージャー コンポーネントが起動します。これにより、オペレーティング システム イメージが正しく更新されています。

  • 構成マネージャー コンソールでサーバーの全体管理サイト (CAS) のコレクションのクリアの必要な PXE 展開オプションを選択すると PXE の削除の結果は、すべてのデバイスのフラグです。

  • ブート イメージの追加ウィザードは、Windows ADK のインストールされているよりも以前のバージョンを使用して作成されたイメージをインポートしません。サイト サーバー上の smsprov.log では、次のようなエラーが記録されます。

    エラー > コマンドラインを実行するためにエラー-2146498530 が返されます:"{dism.exe}"/Image: {imagepath}"/Add-Package/PackagePath:"{package_path}"は、WIM ファイルに OSD のバイナリ ファイルを挿入できませんでした

  • タスク シーケンスでは、ソフトウェア ・ センターで期待どおりには表示されません。これは、構成マネージャー クライアントの新しいバージョンにアップグレードした後、すべてのクライアント ポリシーが処理されなかった場合に発生します。

  • アプリケーションのインストールタスク シーケンスのステップは、コンピューターを再起動する手順の直後に追加されるときに失敗します。この問題は、ソリッド ・ ステート ・ ディスクなどの高速なストレージを使用するコンピューターで発生しやすくなります。クライアント上の smsts.log ファイルで次のようなエラーが記録されます。

    インストール アプリケーションの操作が失敗しました: '{deployment_name}' です。エラー コード 0x80004005

  • 構成マネージャー階層内でオペレーティング システムの展開に使用されるマシンの変数は正しくレプリケートされません。これにより、それらの変数に依存するための展開タスク シーケンスの失敗します。

サイト システム

  • [IIS 6 管理互換性」などどの特定の IIS コンポーネントを IIS の現在のレコードに依存しているサイトの役割のインストールはされていません。

  • SMS ポリシー プロバイダーでエラーが記録され、次の条件に該当する場合、SMS Executive サービス (smsexec.exe) がサイト サーバー上の大量のメモリを消費する可能性があります。

    • アプリケーションを作成するには、展開の種類を使用します。

    • 」を展開することがなくタスク シーケンスのアクションをアプリケーションのインストールからインストールするには、このアプリケーションを許可する] オプションが有効になります。

    Policypv.log では、以下のようなエラーが記録されます。

    tsapphandler [ScopeId_]: tsapp (配置: SMS20000、App:ScopeId_ などのポリシーを作成します。
    tsapphandler [ScopeId_]: CI の割り当て]、[ステータスの生成に失敗しました = 1 (0x00000001)。
    tsapphandler [ScopeId_]: SQL トランザクションをロールバックしています。後で再試行されます。
    CIID {CIID} を含むアプリケーションを再試行するため、TS アプリケーション ポリシーの変更を確認できませんでした。.. 説明。

ソフトウェアの配布およびコンテンツ管理

  • タスク シーケンスで参照されているアプリケーションを無効にしようとすると、警告が表示されます。

  • APP-V クライアントは自動的に有効になります 10 バージョン 1607 の Windows またはそれ以降のバージョンのクライアントで APP-V の展開の種類が発行されたとき。

  • 期待どおりに以前に展開したユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションの更新バージョンがインストールされていません。

サイトの管理

  • ユーザー ポリシー (GPO) で構成されているエンタープライズ サイト モードの一覧を使用して、構成マネージャーのクライアントは独自の企業サイト モードのリストを使用してローカル コンピューター ポリシーを作成します。そのコンピューターのポリシーが優先され、ユーザー ポリシーの企業サイト モード一覧、機能しなきます。

  • 重複したハードウェア識別子情報はグローバルにレプリケートされません。これにより、管理者は、階層の子プライマリ サイトごとにリストを再作成する必要があります。

ソフトウェアの更新

  • 複数のコレクションに属しているまたはが表示されないソフトウェア更新プログラムの展開がクラスター化されている場合。これは、デバイスのコレクションの 1 つだけ有効になっているすべてのデバイスは同じサーバー グループの一部のオプションがある場合に発生します。

更新プログラムおよびサービスを提供

  • サービス接続] ツール (ServiceConnectionTool.exe) は失敗し、SQL Server がリモートでインストールされている場合、次のようになり、標準以外のポートを使用するように構成されているエラー メッセージが生成されます。

    ハンドルされない例外: 生じます: SQL Server への接続を確立中にネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからないか、アクセスできませんでした。インスタンス名が正しいことと、SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認します。(プロバイダー: 名前付きパイプ プロバイダー、エラー: 40 - SQL Server への接続を開くことができません)--
    System.ComponentModel.Win32Exception を ->: 対象のアカウント名が正しくないです。

     

モバイル デバイスの管理

  • Exchange Server のコネクタには、探索データを処理するとき、easdisc.log ファイルに次のようなエラー メッセージを生成可能性があります。

    エラー: 統計から、EA は、デバイスを作成するときに、管理下システムのハンドルされない例外が発生しました。[お: オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。

    注:

  • Exchange Server コネクタでは、Exchange クライアント アクセス サーバー (CAS) が以前のバージョンの Exchange メールボックス サーバーである場合、すべてのデバイスは検出されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×