システム センター オペレーション マネージャー 2007 R2 の累積的な更新 3 プラットフォーム間の説明

はじめに

クロス プラットフォーム累積的な更新プログラム 3 の Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 R2 は、提供されています。

この更新プログラムのリリース ノート

  • この更新プログラムは、クロス ・ プラットフォームは、Linux オペレーティング システムと UNIX オペレーティング システムを含むためです。

  • 代わりに個別の更新プログラムとしてのシステム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新 3 に含まれている組み込みのコンポーネントとしては、この更新プログラムが解放されます。

  • クロス ・ プラットフォームは、更新プログラムは、ニュートラル言語は。 したがって、この更新プログラムはリリース英語版のみです。

システム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新プログラム 3 については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2251525 システム センター オペレーション マネージャー 2007 R2 累積的な更新プログラム 3

この更新プログラムで解決される問題

プラットフォームの累積的な更新プログラム 3 を越えるには、システム センターの Operations Manager 2007 R2 の次の問題が解決されます。

問題

この更新プログラムをインストールする前に

この更新プログラムをインストールした後

デフォルトのポーリング間隔によっては、サービス テンプレートから作成されるモニターの過度の CPU 使用率があります。

デフォルトのポーリング間隔は、30 秒です。 この間隔によっては、多数のプロセスを実行している Solaris ベースのコンピューターに過度の CPU 使用率があります。

デフォルトのポーリング間隔は、300 秒に変更されます。注: 既存のテンプレートで上書きをした場合は、新しいテンプレートをインポートした後もう一度無効にする必要があります。

探索の間隔では、オブジェクトの Linux または UNIX オブジェクトの既定値には、過度の CPU 使用率可能性があります。

オブジェクトの Linux または UNIX オブジェクトの既定の検出間隔は、3,600 秒 (1 時間) です。 この間隔によっては、監視対象のコンピューターに過度の CPU 使用率があります。

既定の検出間隔は、14400 秒 (4 時間) にアップグレードされます。

管理パックの Linux および UNIX の管理パックは、管理パックのベスト プラクティス アナライザーのエラーを報告します。

これらのエラーは、運用上の影響を与えるないです。 ただし、管理パックのベスト プラクティス アナライザーを実行すると、エラーが不必要に表示します。

管理パックのベスト プラクティス アナライザーを実行すると、これらのエラーは表示されません。

Linux 管理パックおよび UNIX 管理パックのモニター正しく警告を生成しないパフォーマンス カウンターは、NULL 値を返す場合。

パフォーマンス カウンターは、Linux オペレーティング ・ システムまたは UNIX オペレーティング システムで複数のセグメントの論理ディスクを監視する場合のパフォーマンス値を返しません。 代わりに、パフォーマンス カウンターは、NULL 値を返します。 これらの NULL 値が発生されるように正しくない警告します。

この問題は解決されます。

HP-UX オペレーティング システムを監視するエージェントのファイルは、HP-UX 多数のプロセスを列挙するときに大量のメモリを使用します。

HP-UX では、エージェントのファイルの内部の設計では、HP-UX 多数のプロセスを列挙するときに使用する大量のメモリが発生します。

メモリ使用量を大幅に削減するのには、デザインが変更されます。

Solaris 10 オペレーティング システムを監視するエージェントのファイル ハンドルのリークが発生します。

Solaris 10 オペレーティング システムとして/procファイルを読み取り中にエラーが発生した、ファイル ハンドルのリークが発生します。 しばらくして、Solaris 10 上のエージェント ファイルは、応答しなくなります。

この問題は解決されます。

さらに、次の機能の追加が追加されますこの更新プログラムでコントロールに Linux の管理パックに含まれる、または UNIX の管理パックに含まれるファイル ・ アラートのログを生成するルール。

  • 既定の動作は、1 つのアラートに重複しているログ ファイルのエントリを組み合わせたものです。 この更新プログラムをインストールした後は、ログ ファイルのエントリごとに個別のアラートを生成できます。

システム センターの Operations Manager 2007 R2 の以前の累積的な更新プログラムに関する情報

次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 記事には、前回の累積的な更新プログラムで解決される問題に関する情報が含まれています。

  • 累積的な更新 (1)。

    974144 システム センター オペレーション マネージャー 2007 R2 累積的な更新の 1 のリリース ノート

  • 累積的な更新 2。

    979257 システム センター オペレーション マネージャー 2007 R2 累積的な更新の 2 つのリリース ノート

  • プラットフォームのエージェントの更新プログラムを通過します。

    973583 システム センターのオペレーション マネージャー 2007 R2 の説明のクロス プラットフォームのエージェントの更新

  • プラットフォームの累積的な更新プログラム 2 を通過します。

    979490 システム センター操作マネージャー 2007年の R2 の累積的な更新 2 プラットフォームの間します。

注: このクエリは、SQL Server 2000 以降のバージョンのすべてのインスタンスで動作します。 Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラムの 3 には、システム センターの Operations Manager 2007 R2 のすべての以前の累積的な更新プログラムが含まれています。 累積的な更新プログラム 3 には、クロス ・ プラットフォームのコンポーネントの以前の累積的な更新も含まれています。

詳細情報

ダウンロード情報

以下のファイルは、microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

製品

更新プログラム

システム センター オペレーション マネージャー 2007 R2 の累積的な更新 3

Download 更新プログラム パッケージのダウンロード

Linux ベースのコンピューターと UNIX ベースのコンピューターを監視するための更新された管理パック

Download 更新プログラム パッケージのダウンロード

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法4013443 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージマイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール手順

このアップデートは、システム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新の 3 の一部として含まれています。 この更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. システム センター操作マネージャー 2007年の R2 用の累積的な更新プログラム 3 をインストールします。 この更新プログラムをインストールするには、KB 資料 2251525 のインストール手順を実行します。 さらに、KB 資料 2251525 の手動インストールの手順すべてを実行する必要があります。

  2. 累積的な更新プログラム 3 をインストールした後、次の手順に従います。

    1. ダウンロードして、microsoft ダウンロード センターから更新された管理パックをインストールします。 ダウンロード センターのリンクは、「ダウンロード情報」セクションで提供されます。

    2. Linux または UNIX 環境で監視するのには、各バージョンの更新された管理パックをインポートします。

    3. Linux ベースのコンピューターや UNIX ベースのコンピューターを監視することを検出し直すには、Operations Manager 2007 R2 の検出ウィザードを使用します。 検出プロセスでは、これらのコンピューターにエージェントのファイルが更新されます。

ファイル情報

この更新プログラムでは、クロス ・ プラットフォームのファイルの次に影響します。

ファイル名

ファイル バージョン

SCXAgents.dll

6.1.7000.277

MOMSCXLogModules.dll

6.1.7000.277

Scxcertconfig.exe

6.1.7000.277

Microsoft.AIX.5.3.mp

6.1.7000.277

Microsoft.AIX.6.1.mp

6.1.7000.277

Microsoft.AIX.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.HPUX.11iv2.mp

6.1.7000.277

Microsoft.HPUX.11iv3.mp

6.1.7000.277

Microsoft.HPUX.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.RHEL.4.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.RHEL.5.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.SLES.10.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.SLES.11.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.SLES.9.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Solaris.10.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Solaris.8.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Solaris.9.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Solaris.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Unix.Image.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Unix.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Unix.LogFile.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Unix.Service.Library.mp

6.1.7000.277

Microsoft.Unix.Views.mp

6.1.7000.277

エージェントが更新されたファイル

UNIX エージェントのファイルと Linux エージェントのファイルでは、この更新プログラムも更新されたファイルをインストールし、古いファイルを削除します。 エージェントが更新されたファイルは、次のフォルダーにインストールされます。

Files\System Center Operations Manager のプログラム 2007\AgentManagement\UnixAgentsエージェントが更新されたファイルは、265 のバージョン番号し、ファイル名を次の形式であります。

scx-1.0.4-265 -< サーバー > の種類です。< サーバー > のバージョンです。<architecture>.< パッケージの種類 >たとえば、Scx-1.0.4-265-sles.10.x86.rpm は、エージェントが更新されたファイルです。注:

  • < サーバー > の種類のプレース ホルダーは、UNIX または Linux サーバーの名前を表します。

  • < サーバー > のバージョンのプレース ホルダーは、サーバーのバージョン番号を表します。

  • < アーキテクチャ >プレース ホルダーは、セットアップ先のコンピューターのプロセッサ アーキテクチャを表します。

  • プレース ホルダーの< パッケージの種類 >は、インストール ファイルの種類を表します。

古いエージェントのファイルへの参照

システム センターの Operations Manager 2007 R2 のプラットフォームの累積的な更新プログラム 2 をクロスに含まれていたエージェントのファイルでは、258 のバージョン番号を持っています。 システム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新プログラム 3 のインストール時に、このバージョン番号を使用するすべてのエージェント ・ ファイルが削除されます。システム センターの Operations Manager 2007 R2 クロス プラットフォーム エージェントの更新プログラム (KB973583) に含まれていたエージェントのファイルでは、252 のバージョン番号を持っています。 システム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新プログラム 3 のインストール時に、このバージョン番号を使用するすべてのエージェント ・ ファイルが削除されます。システム センターの Operations Manager 2007 R2 のオリジナル リリース版に含まれていたエージェント ファイルは、248 のバージョン番号を持っています。 これらのファイルは、システム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新プログラム 3 のインストール中に、1 KB をサイズにはいくつかのファイルに置き換えられます。 これらの 1 KB のファイルを手動で削除することができます。 これらの 1 KB のファイルを以下に示します。

  • scx-1.0.4-248.aix.5.ppc.lpp.gz

  • scx-1.0.4-248.aix.6.ppc.lpp.gz

  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv2.ia64.depot.Z

  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv2.parisc.depot.Z

  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv3.ia64.depot.Z

  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv3.parisc.depot.Z

  • scx-1.0.4-248.rhel.4.x64.rpm

  • scx-1.0.4-248.rhel.4.x86.rpm

  • scx-1.0.4-248.rhel.5.x64.rpm

  • scx-1.0.4-248.rhel.5.x86.rpm

  • scx-1.0.4-248.sles.10.x64.rpm

  • scx-1.0.4-248.sles.10.x86.rpm

  • scx-1.0.4-248.sles.9.x86.rpm

  • scx-1.0.4-248.solaris.10.sparc.pkg.Z

  • scx-1.0.4-248.solaris.10.x86.pkg.Z

  • scx-1.0.4-248.solaris.8.sparc.pkg.Z

  • scx-1.0.4-248.solaris.9.sparc.pkg.Z

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×