システム センター 2012 R2 の構成マネージャー用の累積的な更新プログラム 3 の説明

概要

この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 の構成マネージャーの累積的な更新プログラム 3 (CU3) で更新された機能と修正される問題について説明します。

修正される問題

ソフトウェアの配布およびアプリケーションの管理

  • リモート配布ポイントにコンテンツの配信サーバーの全体管理サイト (CAS) からは、予想より長くかかることができます。これは、問題は、すべての配布ポイントの間で複数のアプリケーションが更新されるときに発生することができます。



  • コレクションに展開されているアプリケーションはコンピューターがコレクションから削除された場合、ソフトウェア ・ センターからは削除されません。



  • ソースには、入れ子になったサブフォルダーが含まれているし、コンテンツが更新されるとき、アプリケーションのエクスポート ウィザードがエラーで終了しました。アプリケーションのエクスポート ウィザードでは、以下のようなエラーが表示されます。

    エラー: ターゲット ファイル"C:\Export\A_files\Content_XXXXXXXXXXXX\F2"は、ディレクトリ、ファイルではありません。




  • 構成マネージャーのクライアントがすぐに再起動が開始されると、依存関係チェーンでのアプリケーションはインストールされません可能性があります。このシナリオは、アプリケーションとアプリケーションの管理で、アプリケーションには次のオプションを有効を使用して展開されているアプリケーションの依存関係チェーンに影響します。

    のみときユーザーがログオンしていない/CM クライアントでは、必須のデバイス再起動を強制します。



Wake on LAN

  • サイト サーバーからクライアントへの要求で LAN のスリープ解除では、30,000 以上のクライアントの大規模な環境でタイムアウトがあります。



移行

  • データ収集プロセスは、構成マネージャーは、システム センター 2012 R2 の構成マネージャーを Configuration Manager 2007 から移行される場合、タイムアウトを可能性があります。サイトで複数のソース ・ サイトが使用され、(100,000 以上) の多くのレコードが移動先サイトにあるデータベースにのみ存在でこの問題は発生します。



企業ポータル

  • クライアントは、会社のポータル サイトのアプリケーションの複数のカタログがインストールされているの設定を構成しない場合があります。次のようなエントリは、UpdateTrustedSites.log ファイルに記録されます。

    ファミリは、パッケージの 'Microsoft.CorporateAppCenter_8wekyb3d8bbwe'、' http://siteserver:80/CMApplicationCatalog ' の URL に地下鉄のアプリの設定を更新しています.E_FAIL、HRESULT = 80004005Failed コンテナー パッケージ 'Microsoft.CorporateAppCenter_8wekyb3d8bbwe' の ' PolicySettings\CCMSettings' に設定します。



管理者コンソール

  • 次のタスク シーケンスを変更する場合、管理者コンソールが予期せず終了することができます。

    • ドメインまたはワークグループに参加します。

    • ネットワーク設定を適用します。






モバイル デバイス

  • ポリシーの割り当てが更新されていない Windows の埋め込まれたハンドヘルド ・ デバイスが別の 1 つのコレクションに移動しました。たとえば、アンインストールのコレクションにアプリケーションをインストールするためのコレクションから、デバイスを移動すると、ルールの競合状態が発生します。SMS_DM.log ファイルには、次のようなエントリが記録されます。




  • エラーが発生する Microsoft Intune コネクタ証明書を更新するには、競合状態があります。DMPDownload.log では、次のようなエントリが記録されます。




  • 単純な証明書登録プロトコル ポリシーを Microsoft Intune に登録されているし、後で名前を変更、ユーザーがデバイスに配信されないことができます。



  • 状態のメッセージは単純な証明書登録プロトコルの構成項目のデバイスを対象として、システムのユーザーのエントリが含まれているから壊れたとして正しくマークされます。




  • ワークグループ クライアント構成マネージャーを管理する単純な証明書登録プロトコルの証明書要求は失敗します。CRP.log ファイルには、次のようなエントリが記録されます。





オペレーティング システムの展開

  • 不明な x64、x86、x64 ではなく不明なコンピューター オブジェクトが正しく使用されて、構成マネージャー 2012 R2 環境で PXE を使用して UEFI コンピューターを起動したときに不明なコンピューターです。正しくないタスク シーケンスを受信するコンピューターを引き起こすことができます。




クライアント

  • SMS Agent Host サービスは、タスク シーケンスの処理中に予期せず終了可能性があります。




サイト サーバーとサイト システム

  • 多数 (100 +) の配布ポイントからパッケージを削除するとき、SMS_Executive サービスが突然終了する可能性があります。次のようなエントリは、プロセスが終了する前に distmgr.log ファイルに記録されます。


  • これらのログ エントリは、常にプロセスの終了に至るまで、問題の状態を示していません。



  • Windows Server 2012 R2 サーバー上の配布ポイントのプロパティを変更すると、日付と時刻をインターネット インフォメーション サービス (IIS) のログを無効にできます。



  • システム センター 2012 R2 の構成マネージャーに、Configuration Manager 2007 から移行したディストリビューションのプロパティを変更すると、アップグレード ・ プロセスを再び開始することがあります。



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×