システム センター 2012 Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 1 の説明

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

はじめに

この資料では、Microsoft システム センター 2012 Service Pack 1 および更新プログラムのロールアップで修正される問題の更新プログラム ロールアップ 1 のインストール手順について説明します。ダウンロードして、システム センター 2012 Service Pack 1 用の更新プログラム パッケージをインストール、インストール手順に従います。

更新プログラム ロールアップ 1 で修正される問題

App Controller (KB2790935)

問題 1Microsoft Azure ストレージ アカウントとの間の .vhd ファイルをコピーできない場合があります、成功したと、「データの取得が完了したら」の警告メッセージが表示されます。 この問題は、.vhd ファイルがターゲット上に既に存在する場合または既存のバーチャル マシンに .vhd ファイルがマップされている場合に発生します。問題 2Virtual Machine Manager (VMM) ライブラリのサーバー証明書のインポートは、VMM ライブラリ サーバーをクラスター化に成功したことがあります。

Data Protection Manager

問題 1クライアントのバックアップは、クライアント コンピューターでコンピューター名、および Active Directory に格納されているクライアント コンピューター名を大文字に違いがある場合に失敗します。問題 2管理者コンソールでは、ユーザーが英語以外の非ロシア語バージョンの Data Protection Manager の保護グループの作成ウィザードを起動したときの動作を停止可能性があります。問題 3Data Protection Manager のスペイン語版で作業しているエージェントの管理ウィザードを停止します。

Operations Manager (KB2784734)

問題 1エージェントレス例外監視 (AEM) オペレーションズ ・ マネージャーでレポート スレッド チョーク ポイントの増加となるような場合があります。問題 2通知の添付ファイルの管理パック (Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb) がインポートされると、警告、ウィジェットを含むダッシュ ボードを作成します。 アラートをクリックすると、Operations Manager コンソールがクラッシュする可能性があります。問題 3Windows PowerShell モジュールは、Windows 8 を実行している x86 ベースのクライアントに Monitoringhost.exe プロセスを使用する場合 800 メガバイト (MB) を超えるメモリを消費する可能性があります。問題 4アプリケーション ドメインが作成されると、追加の別のアプリケーション ドメインが正しくない可能性があります。

オペレーション マネージャー - UNIX および Linux の監視 (管理パックの更新プログラム)

問題 1同じコンピューターまたはグループを対象とするプロセスの複数のモニターを使用する場合プロセス可能性があります正しくないいくつかテンプレートのインスタンスを監視します。 さらに、監視対象のプロセスでの問題が検出されない場合があります。 この問題は、各プロセス モニターは、プロセス モニターごとに異なる引数のフィルターが使用される場合でも、プロセスと同じ名前を使用するときに発生します。注: 更新された Microsoft.Unix.Process.Library.mpb ファイルがインポートされると、既存のすべてのプロセス テンプレートのインスタンスを編集および修正された動作を有効にするために保存する必要があります。

Service Provider Foundation (KB2785476)

問題 1仮想ハード_ディスク (VHD) オブジェクトのOperatingSystemIdプロパティは常に NULL に設定します。問題 2仮想マシンの使用状況の測定値は時間単位で集計されない送信ネットワークなどの基本的な使用法の測定値が入力されていないと、(IOPS) を 1 秒あたりの I/O オペレーションが表示されます。

Virtual Machine Manager (KB2792925 のコンソールです。KB2792926 - VMM サーバー)

問題 1論理ユニット番号 (LUN) は、iSCSI アレイのマスクは、VMM サービスがクラッシュする可能性があります。問題 2ノードは、メンテナンス モードには、クラスター内の仮想マシンに「サポートされていないクラスターの構成」のステータス変更問題 3複数の DLL ファイルを使用するアドインが期待どおり VMM コンソールにインポートすると、アドインはインポートされません。 さらに、以下のエラー メッセージが表示されます。

アドインをインストールすることはできません。

問題 4追加では、期待どおり Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバー上で、VMM コンソールにインポートするとき、アドインはインポートされません。問題 5アドインが読み込み時に VMM コンソール、コンソールがクラッシュする可能性があります。注: 更新プログラム ロールアップ 1 の Virtual Machine Manager をインストールすると、次の問題のいずれかが発生する可能性があります。

  • VMM コンソールに追加でインポートしようとすると、インポートが失敗する可能性があります。 さらに、以下のエラー メッセージが表示されます。

    アカウント: パスへのアクセスを追加するフォルダーを作成しようとしているときにエラーが発生しました:"C:\Program を System Center 2012\Virtual マシン Manager\bin\AddInPipeline\AddIns"が拒否されました。

  • VMM コンソールを開くと、次のエラー メッセージが表示されます。

    次のエラーによりマネージ コード アドインのパイプラインを更新できませんでした:「C:\Program ファイルのシステム センターの 2012\Virtual マシン Manager\bin\AddInPipeline\HostSideAdapters」が存在しない、必要なフォルダーです。

これらの問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次のフォルダーを見つけます。

    C:\Program を System Center 2012\Virtual マシン Manager\bin

  2. AddInPipelineフォルダーを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。

  3. [セキュリティ] タブで、[詳細設定] をクリックし、[続行] をクリックします。

  4. 組み込みグループを選択し、し、[編集] をクリックします。

  5. プリンシパルの選択] リンクをクリックして認証されたユーザーと入力し、[ OK] をクリックします。

  6. プロパティに関連付けられている各ダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。

入手してシステム センター 2012 Service Pack 1 用の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールする方法

アプリケーションのコント ローラー、Data Protection Manager、Operations Manager、サービス プロバイダーの基盤、および Virtual Machine Manager のアップデート パッケージは、Microsoft Update.The UNIX からして、Operations Manager 用の Linux の監視パックの更新プログラムが利用可能です: 次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトから

http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=29696

  • 入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、該当する場合、System Center 2012 コンポーネントがインストールされているシステムでは以下の手順を実行。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

    3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

    4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

    5. をインストールする更新プログラム ロールアップ 1パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

    6. 更新プログラムのインストールを選択した更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

  • Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトに移動しますアプリケーションのコント ローラー (KB2790935) 。

    Download 更新プログラム パッケージのダウンロードData Protection Manager (KB2802095)

    Download 更新プログラム パッケージのダウンロードOperations Manager (KB2784734)

    Download 更新プログラム パッケージのダウンロードService Provider Foundation (KB2785476)

    Download 更新プログラム パッケージのダウンロードVirtual Machine Manager (VMM サーバー – KB2792925 - コンソール、KB2792926)

    Download コンソールの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

    Download VMM サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

    msiexec.exe 場合パッケージたとえば、Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム (KB2792926) をインストールするには、次のコマンドを実行します。

    msiexec.exe /update KB2792926-AMD64-Server.msp

インストール手順

Data Protection Manager の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、DPM データベースのバックアップを作成します。

  2. システム センター 2012 SP1 では、Data Protection Manager を実行しているサーバー上のプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。 これを行うには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。注: この更新プログラムをマイクロソフトの更新プログラムをインストールする前に DPM コンソールを閉じる必要があります。 このプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。

  3. DPM 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。方法 1: DPM 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。

    1. DPM 管理者コンソールを開きます。

    2. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。

    3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧では、コンピューターを選択し、[アクションウィンドウの [更新] をクリックします。

    4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。注: 再起動は、エージェントのアップグレードに必要な可能性があります。

    方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。

    1. システム センター 2012 SP1 の Data Protection Manager サーバー上の"< Data Protection Manager のインストール場所 >\DPM\DPM\Agents\RA\4.1.3322.0"ディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。

      • の x86 ベースの更新: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2802095.exe

      • の x64 ベースの更新: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2802095_AMD64.exe

      注: DPMAgentInstaller.exe パッケージは、すべての言語に適用されます。

    2. エージェントのアーキテクチャに基づいて、保護された各コンピューターに適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。

    3. システム センター 2012 Service Pack 1 の Data Protection Manager サーバー上の DPM 管理者コンソールを開きます。

    4. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。

    5. 保護されたコンピューターを選択、情報を更新し、[エージェントのバージョンが 4.1.3322.0 として表示されていることを確認します。

この更新プログラムで発生する既知の問題

  • システム センター操作マネージャーの 2012 Service Pack 1 を実行しているサーバー上のすべてのロールに、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後 (エージェントとゲートウェイの役割を除く)、更新プログラムは、コントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目には表示されません。

  • 更新プログラム ロールアップ 1 を適用すると、Operations Manager コンソールには添付ファイルの管理パックのアラートの修正プログラムを適用するために再度オープンします。

  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後、コンソールのバージョン番号は変更されません。

  • Web コンソールの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後、Internet Explorer で、次のエラー メッセージが表示されます。

    サーバー エラー '/OperationsManager' アプリケーション。

    この問題を解決するには、閉じるし、Internet Explorer を再起動します。

  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをアンインストールした後、スクリプトでは、エージェントのバージョンを検出、 System.Management.Automation.ActionPreferenceStop例外が発生して、スクリプトが失敗しました。 この問題を解決するには、次の値に HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\System ・ センターのオペレーションのレジストリ サブキーにInstallDirectory値を変更します。

    C:\Program Files\System センター 2012 の SP1\Operations Manager\PowerShell

インストールに関する注意事項

  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 日本語 (JPN)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア (RUS)

    • イタリア語 (ITA)

    • スペイン語 (スペイン)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • (NLD) オランダ語

    • ポーランド (POL)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)

    • スウェーデン語 (スウェーデン語)

    • トルコ (TUR)

    • ハンガリー (HUN)

    • 英語 (英語)

    • 中国語 (香港) (香港)

  • いくつかのコンポーネントは、言語に中立的なおよびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。

  • 更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。

  • システム センター 2012 SP1 サーバーをインストールした直後後は、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。 それ以外の場合、正常性サービスの状態が初期化されないことができます。

  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。

  • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb は、更新プログラム ロールアップ 1 に含まれていますが、新しい修正プログラムが含まれていません。 このファイルをインポートできません。

  • Web コンソールを有効にする修正は、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    < machineKey validationKey =「自動生成、IsolateApps」するアプリレーション」自動生成、IsolateApps"の検証を = ="3 des"復号化 ="3 des"/>注: 次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明するように < system.web >] の下の行を追加します。

    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に有効に ViewState をされている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示される可能性があります。

サポートされているインストールの順序次の順序で更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • ゲートウェイ サーバー

    • レポート サーバー

    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター

    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター

  2. 手動で管理パックをインポートします。

  3. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。

注意事項

  • 前に、またはサーバ ・ インフラストラクチャに更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後、エージェントの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

  • MG ティア接続の接続機能が有効な場合、まず MG ティア接続の接続機能の最上位の層を更新します。

インストール情報更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラム ロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出、次の手順を実行します。

  1. コンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムを提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。 マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。注: MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバー上の MSP ファイルを適用します。 ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. 次の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法注: 次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムでは、管理パックが含まれています。

SP1\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012

アンインストール情報更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec/ PatchCodeGuidをアンインストールすると、 RTMProductCodeGuidをパッケージ化注: このコマンドでは、 RTMProductCodeGuidのプレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

サーバー

{8070C91C-7D7C-4DAD-88B1-0966EEA9A8FE}

コンソール (AMD64)

{5142AB0B-73E3-4AD3-9D0F-65B3D9026769}

コンソール (x86)

{358C8AF0-25BB-425A-A4E6-7ADE54ED4736}

レポート

{A2D27C0E-181D-4955-B95D-D3FB651E6AF7}

Web コンソール ・ (AMD64)

{5ED945BA-2BDD-4567-804E-8D3D2DB5CC9B}

ACS

{770A7E3C-8574-4769-8D92-9ADED98C0777}

エージェント (AMD64)

{8B21425D-02F3-4B80-88CE-8F79B320D330}

エージェント (x86)

{387306D9-78CE-4E0E-B952-28A50CC8B3EE}

エージェント (ia-64)

{F3DDB021-89BC-464F-9107-69E2547D08FD}

ゲートウェイ

{80C2A57A-4193-4800-AA27-CD79553FE9DF}

SCX-ACS (AMD64)

{B30F4F71-2AF3-4542-855B-E1C7A31AC9A5}

SCX-ACS (x86)

{B30F4F71-2AF3-4542-855B-E1C7A31AC9A5}

さらに、プレース ホルダーのPatchCodeGuidは、次の Guid のいずれかを表します。

PatchCodeGuid

コンポーネント

CPU

地元の

{94507D95-B735-48EE-B846-BFC7A0517C86}

エージェント

AMD64

ja

{498BB1A1-F078-4455-A1D8-311A8AF33531}

サーバー

AMD64

ja

{A8887D87-0810-49D1-9AF1-645DD4BF82CC}

ゲートウェイ

AMD64

ja

{869C94D0-6701-4A5D-8289-278DBF3B7BB0}

Web コンソール ・

AMD64

ja

{9917D98F-A39B-4EEC-8D6B-428EDEDDFF5A}

エージェント

IA-64

ja

{684570C2-1470-4C7D-98CB-96EE8E8644F2}

エージェント

x86

ja

{D0B4D96E-D045-4FD9-8813-D72466A10FE2}

Web コンソール ・

AMD64

CN

{2BE683F8-98A8-4CDF-810F-2251C75B6D7E}

Web コンソール ・

AMD64

CS

{1A5A2A56-7E4F-49F3-AB2F-828133423796}

Web コンソール ・

AMD64

DE

{5A609F86-F3F3-432B-8BE5-D5E02C9D0487}

Web コンソール ・

AMD64

ES

{9034EF70-5C23-47F1-A284-EF531A0F4AFB}

Web コンソール ・

AMD64

FR

{85C7A3FB-9C4F-4B74-901E-E07ECBFFEFC5}

Web コンソール ・

AMD64

%HU

{AFDFC8EC-F7A9-4F73-995E-6A74CD0FD045}

Web コンソール ・

AMD64

その

{2E6017D8-68F7-4A87-8B45-D712748691FC}

Web コンソール ・

AMD64

JA

{E8685F8C-90F4-4FED-A49E-E3F1678CADC2}

Web コンソール ・

AMD64

KO

{B30464F5-85CC-4416-9F49-E0E041A67FB7}

Web コンソール ・

AMD64

NL

{552AD353-C75E-4C4F-BC53-890FE8C99F3D}

Web コンソール ・

AMD64

PL

{995CF39A-160D-44D4-9DAB-40B53093D7B0}

Web コンソール ・

AMD64

PT BR

{421F2011-D239-4280-A509-1A0937654BF2}

Web コンソール ・

AMD64

PT PT

{E277AA19-7641-4760-8230-A95DD1BB7404}

Web コンソール ・

AMD64

RU

{0D2A9F5C-6A7B-494E-A193-0F3B1964D0C2}

Web コンソール ・

AMD64

SV

{A4DD746E-8977-48B0-9341-975040083EFA}

Web コンソール ・

AMD64

TR

{D6DFEBCC-6E86-40DA-89F4-B1DB03C8EC89}

Web コンソール ・

AMD64

TW

{8083D6AD-FD12-4049-83A4-A5250E606942}

Web コンソール ・

AMD64

ZH ZK

監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次のマイクロソフト web サイトから更新された管理パックをダウンロードしてください。

    UNIX および Linux オペレーティング システム用のパックの監視システム センター

  2. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。

  3. 次にインポートします。

    • (Microsoft.Unix.Library\2012 SP1 のフォルダー) から更新された Microsoft.Unix.Library の管理パック

    • Microsoft.Process.Library 管理パック バンドル

    • Linux または UNIX プラットフォームで、環境を監視することに関連するプラットフォームのライブラリ管理パック

  4. Linux または UNIX 環境で監視するのには、各バージョンの更新された管理パックをインポートします。

この更新プログラムで発生する既知の問題

  • サービス プロバイダーの基盤のサーバーに更新プログラム ロールアップ 1 パッケージをインストールした後、更新プログラムはコントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目には表示されません。

  • サービス プロバイダーの基盤のサーバーに更新プログラム ロールアップ 1 パッケージをインストールした後、VMM エンドポイントのアプリケーション プールの id はネットワーク サービスに設定されます。 この問題を解決するのにには、VMM アプリケーション プール id をリセットするのには IIS 管理コンソールを使用します。

  • 使用エンドポイントは、VMM のインスタンスへの接続の既定以外のポートを指定した場合は、計測データを返すことができません。 これは、システム センター 2012年サービス パック 1年のサービス プロバイダー基盤で発生する既知の問題です。

システム センター 2012年サービス パック 1年のサービス プロバイダー基礎の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. サービス ・ プロバイダーの基礎、サーバー上には、サービス プロバイダーの基盤のパッケージの更新プログラム ロールアップ 1 をインストールします。

  2. 使用エンドポイントのアプリケーション プール id を設定します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. インターネット インフォメーション サービス (IIS) 管理コンソールを起動します。

    2. 利用状況アプリケーション プールを選択し、 [詳細設定] を選択します。

    3. Idのリストの項目から、id を選択し、そのアカウントに設定します。

    注: 利用状況アプリケーション プールに設定されているアカウントは、SPF のデータベースと運用マネージャーのデータ ウェアハウス データベースへのログオン アカウントとして追加する必要があります。 以下の手順を更新するデータベースを参照してください。

  3. このアカウントの Virtual Machine Manager (VMM) SPF を使用するように構成するすべてのインスタンス内のすべての仮想マシンの一覧を表示するアクセス許可も必要になります。 このアカウントを 1 つの VMM で管理者ロールに追加します。

  4. オペレーション マネージャー データ ウェアハウス (OMDW) データベースへの接続文字列を指定し、OMDW データベースの読み取りアクセスを設定し、します。

    1. 仮想マシンの使用状況データが収集され、OMDW データベースに格納されます。 、SPF 導入の規模によっては、VMM のインスタンスを監視している複数の Operations Manager 管理サーバーが存在する場合があります。 OMDW のすべてのデータベースへの接続文字列を指定する必要があります。

    2. 見つけて使用ディレクトリからメモ帳を使用して web.config ファイルを開きます。 既定では、このファイルは c:\inetpub\SPF\Usage ディレクトリにインストールされます。 < ConnectionStrings > セクションを web.config ファイルで検索し、データベース接続ごとに OMDW のエントリを追加します。SCOM の 2 つの管理サーバーで [< connectionStrings >] セクションの例は次のとおりです。

      < connectionStrings >< 名を追加 ="OMDWConnectionString1"の接続文字列 ="Server = [サーバー名]」。 データベース [データベース名] を = します。 度 = True です。 MultipleActiveResultSets = True"/>< 名を追加"OMDWConnectionString2"の接続文字列を = =」サーバー = [サーバー名]」です。 データベース [データベース名] を = します。 度 = True です。 MultipleActiveResultSets = True"/></connectionStrings >

  5. コンピューターでは、OMDW データベースが置かれている、Microsoft SQL Server を実行している、前の手順で構成した利用状況アプリケーション プール アカウントがログオンの権利を持っているかどうかを確認し、読み取りアクセス許可。

  6. 更新プログラムのロールアップ 1 の SPF のデータベースの更新スクリプトを適用します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. 使用ディレクトリから SFPUsageFeatureUpdate.sql ファイルを探します。 既定では、このファイルは c:\inetpub\SPF\Usage\KB2875476 ディレクトリにインストールします。

    2. SPF データベースがインストールされている SQL Server のインスタンスにこのファイルをコピーし、SQL Server Management Studio を起動します。

    3. SQL Server のインスタンスにログオンを追加するには、前の手順で構成した利用状況アプリケーション プール アカウントを使用します。ログオン アカウントを追加したの SCSPFDB に次のアクセス許可を付与します。 ノートのセクションで説明するよう指定した利用状況アプリケーション プール アカウントは、VMM のエンドポイントの指定したものと同じアカウントでない限りは、これを行います。 SQL Server のインスタンスに移動し、(セキュリティ] をクリックし、[ログイン] をクリックして)、追加したアカウントを選択し、次のアクセス許可が含まれます。

      • 接続

      • 削除

      • 挿入

      • 選択します。

      • 更新プログラム

      注: 使用エンドポイントに対して指定したアプリケーション プール アカウントが VMM のエンドポイントに指定したのと同じアカウントの場合は、SQL Server のインスタンスで、アカウントの追加のアクセス許可を設定するのにはあります。 これは VMM のエンドポイントに関連付けられているアカウントがアクセスできることにより制限されているためです。 具体的には、データベース レベルのアクセス許可ではなくテーブル レベルのセキュリティ アクセス許可があります。そのため、この更新プログラムのロールアップをインストールした後は、次の 3 つの新しい利用状況テーブルにテーブル レベルのアクセス許可を追加する必要が。

      • OnPremServicesCollectorSessions

      • OnPremServicesSubscriberWatermarks

      • OnPremServicesSubscriberTombstones

      テーブルごとに次のアクセス許可を追加します。

      • 削除

      • 選択します。

      • 挿入

      • 更新プログラム

      これらのアクセス許可は、ベスト プラクティスとしてお勧めします。 ここをお勧めするアクセス許可構造体は、必要最小限のセットです。 セキュリティ ポリシーによってより多くのまたはより制限の少ないアクセス許可スキームを適用できます。

    4. 管理ポータルのサービスおよびサービスの管理 API を SPF にサービスとしてのインフラストラクチャのシナリオを有効に使用する場合は、SPF 使用エンドポイントへのアクセス権を設定する必要があります。

    5. サービス プロバイダーの基礎、サーバー上、コンピューターの管理コンソールを起動し、ローカル ユーザーとグループを表示するのには、展開します。

    6. SPF 使用エンドポイントにアクセスするために使用するアカウントは、管理者グループに属している必要があります。

    7. SPF_Usage グループには、同じアカウントを追加する必要があります。

  7. サービス管理の管理サイトで、 VM [雲] タブをクリックします。 [クイック スタート] ページでは、システム センターの利用状況プロバイダーの登録オプションを選択します。 SPF_Usage グループに追加するための資格情報を使用して SPF の使用法のエンドポイントに URL を入力します。Web サイト、仮想マシン、サービス管理ポータル、およびサービス管理 Api の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    Microsoft のソリューション サービスをホストしています。

アプリケーション コント ローラー (KB2790935) パッケージをアンインストールする場合は、次のコント ローラーのアプリケーション サービスを再起動する必要が。

  • アプリケーション コント ローラー ホスト Virtual Machine Manager プロバイダー (cmspfvmm)

  • アプリケーション コント ローラーのシステム プロバイダー (cmsystem)

  • アプリケーション コント ローラーの Virtual Machine Manager プロバイダー (cmvmm)

  • アプリケーション コント ローラー マイクロソフト Azure プロバイダー (cmazure)

ファイル情報システム センター 2012 Service Pack 1 用の更新プログラム ロールアップ 1 では、次のファイルが更新されます。

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Vmm.exe

499,344

1.0.1601.0

Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Azure.exe

750,736

1.0.1601.0

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

AMTE.dll

283,000

4.1.3322.0

CPWrapper.dll

1,104,000

4.1.3322.0

Dpmac.exe

2,063,000

4.1.3322.0

DPMRA.exe

6,264,000

4.1.3322.0

MsdpmDll.dll

544,000

4.1.3322.0

Utils.dll

1,195,000

4.1.3322.0

Inspect.dll

167,000

4.1.3322.0

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.Mom.Modules.ClientMonitoring.dll

458,752

7.0.9538.1005

Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.PowerShell.dll

90,112

7.0.9538.1005

Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.AlertAttachment.ComponentTasks.dll

40,960

7.0.9538.1005

Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Apm.Instrumentation.dll

520,192

7.0.9538.1005

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll

4,046,848

7.0.9538.1003

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Web.config

941

Not applicable

Global.asax

142

Not applicable

Newtonsoft.Json.dll

368,128

4.5.1.14720

System.Net.Http.Formatting.dll

159,328

4.0.20505.0

System.Web.Http.dll

360,032

4.0.20505.0

System.Web.Http.WebHost.dll

65,632

4.0.20505.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.Usage.dll

24,232

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.Billing.dll

62,608

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.EndpointCommon.dll

46,224

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.SpfDbApi.dll

95,912

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.SPFData.dll

55,440

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.Common.dll

39,568

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.Cmdlet.dll

197,264

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.ETW.dll

169,104

7.1.3226.0

Microsoft.SystemCenter.Foundation.dll

55,440

7.1.3226.0

Microsoft.IdentityModel.dll

1,103,256

6.1.7600.16394

EntityFramework.dll

1,060,640

4.3.20217.0

System.Net.Http.dll

181,856

1.0.0.0

addNewUserToUsageGroups.bat

65

Not applicable

SPFUsageFeatureUpdate.sql

5,251

Not applicable

SC 2012 SP1 の更新プログラムのロールアップをオーケストレータ 1. docx の補足的な通知

25,863

Not applicable

OnEndCreateSession.ps1

18,720

Not applicable

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

言語 ID

Engine.Deployment.dll

547,008

3.1.6018.0

Not applicable

Errors.dll

3,848,376

3.1.6018.0

Not applicable

Errors.resources.dll

1,326,248

3.1.6018.0

2052

Errors.resources.dll

1,648,296

3.1.6018.0

1036

Errors.resources.dll

1,676,456

3.1.6018.0

1031

Errors.resources.dll

1,555,112

3.1.6018.0

1040

Errors.resources.dll

1,844,392

3.1.6018.0

1041

Errors.resources.dll

1,562,280

3.1.6018.0

1046

Errors.resources.dll

2,207,936

3.1.6018.0

1049

Errors.resources.dll

1,604,776

3.1.6018.0

3082

Errors.resources.dll

1,344,704

3.1.6018.0

1028

Errors.resources.dll

1,636,016

3.1.6018.0

1042

Errors.resources.dll

1,344,680

3.1.6018.0

3076

Errors.resources.dll

1,557,672

3.1.6018.0

1029

Errors.resources.dll

1,526,976

3.1.6018.0

1043

Errors.resources.dll

1,687,720

3.1.6018.0

1038

Errors.resources.dll

1,611,968

3.1.6018.0

1045

Errors.resources.dll

1,580,736

3.1.6018.0

2070

Errors.resources.dll

1,494,696

3.1.6018.0

1053

Errors.resources.dll

1,513,640

3.1.6018.0

1055

ImgLibEngine.dll

3,142,848

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll

1,796,264

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManger.PowerShell.CmdletWrappers.dll

1,494,696

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.AddIns.Management.dll

96,424

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Settings.dll

168,104

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.dll

213,160

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

65,728

3.1.6018.0

2052

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,752

3.1.6018.0

1036

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,264

3.1.6018.0

1031

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,776

3.1.6018.0

1040

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

68,288

3.1.6018.0

1041

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,264

3.1.6018.0

1046

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

71,352

3.1.6018.0

1049

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

672,40

3.1.6018.0

3082

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

65,704

3.1.6018.0

1028

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

1042

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

65,704

3.1.6018.0

3076

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,776

3.1.6018.0

1029

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

1043

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,776

3.1.6018.0

1038

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

1045

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

2070

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

66,728

3.1.6018.0

1053

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

66,752

3.1.6018.0

1055

Remoting.dll

832,168

3.1.6018.0

Not applicable

SC 2012 sp1 では、Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 1 の rtf 形式の追加の通知

141,687

Not applicable

Not applicable

Utils.dll

751,288

3.1.6018.0

Not applicable

VirtualizationInterfaces.dll

86,696

3.1.6018.0

Not applicable

VMWareImplementation.dll

2,051,752

3.1.6018.0

Not applicable

VSImplementation.dll

99,496

3.1.6018.0

Not applicable

WSManAutomation.dll

34,984

3.1.6018.0

Not applicable

WsManWrappers.dll

3,208,896

3.1.6018.0

Not applicable

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

言語 ID

Engine.Deployment.dll

546,984

3.1.6018.0

Not applicable

Errors.dll

3,848,376

3.1.6018.0

Not applicable

Errors.resources.dll

1,326,248

3.1.6018.0

2052

Errors.resources.dll

1,648,320

3.1.6018.0

1036

Errors.resources.dll

1,676,456

3.1.6018.0

1031

Errors.resources.dll

1,555,112

3.1.6018.0

1040

Errors.resources.dll

1,844,416

3.1.6018.0

1041

Errors.resources.dll

1,562,280

3.1.6018.0

1046

Errors.resources.dll

2,207,912

3.1.6018.0

1049

Errors.resources.dll

1,604,800

3.1.6018.0

3082

Errors.resources.dll

1,344,680

3.1.6018.0

1028

Errors.resources.dll

1,636,032

3.1.6018.0

1042

Errors.resources.dll

1,344,680

3.1.6018.0

3076

Errors.resources.dll

1,557,688

3.1.6018.0

1029

Errors.resources.dll

1,526,968

3.1.6018.0

1043

Errors.resources.dll

1,687,744

3.1.6018.0

1038

Errors.resources.dll

1,611,944

3.1.6018.0

1045

Errors.resources.dll

1,580,712

3.1.6018.0

2070

Errors.resources.dll

1,494,696

3.1.6018.0

1053

Errors.resources.dll

1,513,664

3.1.6018.0

1055

ImgLibEngine.dll

3,142,824

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll

1,796,264

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManger.PowerShell.CmdletWrappers.dll

1,494,720

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.AddIns.Management.dll

96,424

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Settings.dll

168,128

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.dll

213,160

3.1.6018.0

Not applicable

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

65,720

3.1.6018.0

2052

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,776

3.1.6018.0

1036

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,264

3.1.6018.0

1031

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,776

3.1.6018.0

1040

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

68,264

3.1.6018.0

1041

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,264

3.1.6018.0

1046

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

71,336

3.1.6018.0

1049

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

3082

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

65,704

3.1.6018.0

1028

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

1042

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

65,704

3.1.6018.0

3076

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,752

3.1.6018.0

1029

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

1043

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,752

3.1.6018.0

1038

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,264

3.1.6018.0

1045

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

67,240

3.1.6018.0

2070

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

66,728

3.1.6018.0

1053

Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll

66,728

3.1.6018.0

1055

Remoting.dll

832,184

3.1.6018.0

Not applicable

SC 2012 sp1 では、Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 1 の rtf 形式の追加の通知

141,687

Not applicable

Not applicable

Utils.dll

751,296

3.1.6018.0

Not applicable

VirtualizationInterfaces.dll

86,696

3.1.6018.0

Not applicable

VMWareImplementation.dll

2,051,752

3.1.6018.0

Not applicable

VSImplementation.dll

99,520

3.1.6018.0

Not applicable

WSManAutomation.dll

35,008

3.1.6018.0

Not applicable

WsManWrappers.dll

3,208,896

3.1.6018.0

Not applicable

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

言語 ID

Engine.Adhc.Operations.dll

1,064,616

3.1.6018.0

Not applicable

Engine.Deployment.dll

546,984

3.1.6018.0

Not applicable

Engine.Placement.ResourceModel.dll

306,856

3.1.6018.0

Not applicable

Engine.VmOperations.dll

1,134,248

3.1.6018.0

Not applicable

Errors.dll

3,848,376

3.1.6018.0

Not applicable

Errors.resources.dll

132,6248

3.1.6018.0

2052

Errors.resources.dll

1,648,320

3.1.6018.0

1036

Errors.resources.dll

1,676,456

3.1.6018.0

1031

Errors.resources.dll

1,555,112

3.1.6018.0

1040

Errors.resources.dll

1,844,416

3.1.6018.0

1041

Errors.resources.dll

1,562,280

3.1.6018.0

1046

Errors.resources.dll

2,207,912

3.1.6018.0

1049

Errors.resources.dll

1,604,800

3.1.6018.0

3082

Errors.resources.dll

1,344,680

3.1.6018.0

1028

Errors.resources.dll

1,636,032

3.1.6018.0

1042

Errors.resources.dll

1,344,680

3.1.6018.0

3076

Errors.resources.dll

1,557,688

3.1.6018.0

1029

Errors.resources.dll

1,526,968

3.1.6018.0

1043

Errors.resources.dll

1,687,744

3.1.6018.0

1038

Errors.resources.dll

1,611,944

3.1.6018.0

1045

Errors.resources.dll

1,580,712

3.1.6018.0

2070

Errors.resources.dll

1,494,696

3.1.6018.0

1053

Errors.resources.dll

1,513,664

3.1.6018.0

1055

ImgLibEngine.dll

3,142,824

3.1.6018.0

Not applicable

Remoting.dll

832,184

3.1.6018.0

Not applicable

SC 2012 sp1 では、Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 1 の rtf 形式の追加の通知

141,687

Not applicable

Not applicable

Utils.dll

751,296

3.1.6018.0

Not applicable

ViridianImplementation.dll

218,792

3.1.6018.0

Not applicable

ViridianImplementationV2.dll

359,616

3.1.6018.0

Not applicable

VirtualizationInterfaces.dll

86,696

3.1.6018.0

Not applicable

VMWareImplementation.dll

2,051,752

3.1.6018.0

Not applicable

VSImplementation.dll

99,520

3.1.6018.0

Not applicable

WSManAutomation.dll

35,008

3.1.6018.0

Not applicable

WsManMIWrappers.dll

133,824

3.1.6018.0

Not applicable

WsManWrappers.dll

3,208,896

3.1.6018.0

Not applicable

XenImplementation.dll

173,248

3.1.6018.0

Not applicable

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×