現象

出席モードで正常に実行できるスクリプトは、無人モードでは正常に実行されません。

通常、"アクション 'クリック' の実行に問題が発生しました。 Web ページでリンクをクリックする必要がありました。

原因

無人実行の一般的なエラーは、次のいずれかの原因で発生します。

  • 無人に切り替える前に、出席モードでスクリプトがテストされない

  • 無人セッションで使用されるさまざまな構成

    • 無人実行Windows、フローの作成に使用したアカウントとは異なるアカウント

    • 画面の解像度 (画面の解像度を変更する方法を参照)

    • ブラウザーの構成

      • User

      • ポップアップ ブロック

      • 拡張機能 (存在しない、アクティブ化されていない)

  • 画面が完全に読み込まれません (遅延がありません)

  • セッションの開始時に UI の自動化をブロックする UAC プロンプト

ソリューション

さまざまな原因が考えられるので、次のソリューションでは、失敗したアクションの前と後にスクリーンショットを追加して視覚的なフィードバックを取得する方法について説明します。 無人スクリプトの失敗後にスクリーンショットを注意深く確認すると、上記の原因の 1 つを見つけるのに役立ちます。 

フローにスクリーンショットが既に存在し、実行に失敗している場合は、フローの実行をブロックするユーザー アカウント制御 (UAC) ダイアログが表示される可能性があります。 フローの実行に使用しているアカウントに関する問題を再現しているマシンにログインし、このようなブロックダイアログが表示される場合は確認してください。 その場合は、スタートアップ ルーチンを変更して、これが発生しなかからなにかしてください。

スクリーンショットを追加してトラブルシューティングを行う

まず、接続で使用しているアカウントに関する問題を再現するコンピューターにログインします。 UI の自動化をブロックしている可能性がある UAC プロンプトが表示されません。

UI の自動化をブロックする要素が何もない場合は、無人モードで失敗したステップの前と後にスクリーンショットを撮って、視覚的なフィードバックを得ることができます。

失敗した後もスクリーンショットを取得できるよう、失敗した手順は失敗時に続行する必要があります。

1 - "スクリーンショットを撮る"アクションを探します

スクリーンショットアクションを実行する

 2 - スクリプト側に "スクリーンショットを撮" アクションをドラッグ アンド ドロップする

スクリーンショットの取得アクションをドラッグ アンド ドロップする

3- アクションを編集し、クリップボードの代わりに "ファイル" を使用し、ファイル名の場所で " の前に"を使用 スクリーンショットの実行アクションのプロパティを入力する

4- コピー/貼り付け、スクリーンショットファイル名を 変更しますスクリーンショットアクションのプロパティを複製して入力する

5 - 失敗 した手順をスクリーンショット で囲む

失敗した手順をスクリーンショットで囲む

6 - 失敗した手順 の onError 動作 を変更 する

6a- 手順を 編集し、下部にある[onError]をクリックします。

エラー時の動作を変更する

6b- フロー実行を"フロー実行の続行" と "次のアクションに移動" に設定します。

フローの実行を続行し、次のアクションに進む

7- 保存、 を ローカルで実行 して、スクリーンショットが生成されたとテストし、無人実行 を再起動します

8 - 無人スクリーンショット ファイルを 確認します。 

注:

前述のように、スクリーンショットアクション自体が失敗した場合、フローの実行をブロックしているユーザー アカウント制御 (UAC) ダイアログが表示される場合があります。 フローの実行に使用しているアカウントに関する問題を再現しているマシンにログインし、このようなブロックダイアログが表示される場合は確認してください。 その場合は、スタートアップ ルーチンを変更して、これが発生しなかからなにかしてください。

スクリプトに他の手順がある場合、スクリーンショットを取得できるようエラーがスローされない動作が変更された後に失敗する可能性があります。 したがって、2 番目のスクリーンショットの後のエラーは無視する必要があります。 

問題が理解され、修正された後は、フローの元の動作を復元してエラーをスローします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×