スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボード PowerPoint を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置します。 ナレーターと JAWS でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 スライドのサイズと向きを変更する方法も学習します。

注: 

この記事の内容

新しいスライドを追加する

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを簡単に追加できます。

現在のスライドのレイアウトに基づいて新しいスライドを追加する

新しいプレゼンテーションでは、タイトル スライドは自動的に追加されます。 前のスライドのレイアウトに基づいて、新しいスライドを追加できます。

  1. Ctrl キーを押しながら M キーを押します。 "スライド" と聞こえ、その後にスライドの数と一覧の新しいスライドの場所が続き、"選択されました" と聞こえます。

テンプレート レイアウトに基づいて新しいスライドを追加する

  1. 標準表示 モードで 、Alt キーを押しながら H キーを押し、I キーを押します。最初のスライド レイアウトのタイトルが聞こえ、 JAWS では、"メニュー バーを離れる、テーマOffice、続いて現在のスライドの番号が読み上されます。

  2. 必要なスライド レイアウトが聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 新しいスライドの番号が聞こえ、 JAWS では、"入力、選択なし" と読み上されます。

    フォーカスがスライド ウィンドウに移動します。

スライドを削除する

  1. サムネイル ウィンドウで、削除するスライドの番号が聞こえるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. Delete キーを押します。 現在のスライドの番号と一覧上の位置が聞こえ、続いて "選択されました" と聞こえます。 JAWS では、"Enter、メニューを離れる、選択なし" と読み上されます。

スライドを並べ替える

元の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けることで、スライドを並べ替えることができます。

  1. サムネイル ウィンドウで、移動するスライドの番号が聞こえるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. 次の操作のいずれかを行います。

    • スライドの一覧の上にスライドを移動するには、Ctrl キーを押しながら上方向キーを押します。 一覧でのスライドの新しい番号が読み上げられます。

    • スライドの一覧の下にスライドを移動するには、Ctrl キーを押しながら下方向キーを押します。 一覧でのスライドの新しい番号が読み上げられます。

    • スライドをプレゼンテーションの先頭に移動するには、Ctrl + Shift + ↑ キーを押します。

    • スライドをプレゼンテーションの末尾に移動するには、Ctrl + Shift + ↓ キーを押します。

スライドをセクション別に整理する

意味のあるエンティティにスライドをグループ化するには、スライドを複数のセクションに整理できます。 たとえば、1 つのプレゼンテーションを他のユーザーと作業している場合、各同僚に作業するセクションを割り当てることができます。

セクションは、標準表示の縮小表示ウィンドウと スライド一覧 表示で表示および 発表 されます。 スライド ショー表示では、表示も発表 されません。

  1. 縮小表示ウィンドウで、セクションの最初のスライドにしたいスライドが聞こえるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押し、T1 キーを押します。 "セクションの追加" と読み上されます。

  3. 無題のセクションを追加するには、Enter キーを押します。 "セクション名の変更" と読み上されます。

  4. セクションの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

  5. 「スライドを並べ替える」の説明に従って、適切なセクションの下に スライドを移動します

    ナレーターでセクション名を聞くには、縮小表示ペインで ↑ または ↓ キーを押します。 JAWS ではセクション名は読み上げられません。

プレゼンテーション内のすべてのスライドの方向を変更する

スライド セット全体の向きを横から縦、またはその逆に変更できます。

  1. 標準表示 モードで 、Alt キーを押しながら G キーを押し、S キーを押し、C キーを押します。[ スライドのサイズ] ウィンドウ が開きます。

  2. [スライドの サイズ] ウィンドウで、"スライド、選択されました" に続いて現在のスライドの向き ("横" など) が聞こえるまで Tab キーを押します。

    JAWS では、"印刷の向き、スライド、現在選択<オプション>、ラジオ ボタンがオンになっています" と読み上されます。

    ヒント: ナレーターでは、[スライドのサイズ] ウィンドウのオプションを聞いて移動するには、SR キーを押しながら上方向キーまたは下方向キーを押します。

  3. 向きを変更するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択した向きが聞こえました。

  4. 選択が完了したら、Enter キーを押します。 "Microsoft PowerPoint ウィンドウ、ボタン" と読み上されます。 確認ウィンドウが開きます。

  5. 次の操作のいずれかを行います。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、"最大化" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使用すると、すべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    • スライドに収まるまでコンテンツを縮小するには、"サイズに合わせて調整" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 このオプションでは、スライド上のすべてが収まるサイズに合わせて、コンテンツのサイズを小さくすることができます。

  6. Enter キーを押します。 縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

スライドのサイズを変更する

スライドのサイズを変更するには、既定のサイズ オプション [標準 (4:3)] または [ワイド画面 (16:9)] を選ぶか、スライドのサイズをカスタマイズします。

スライド サイズをワイド画面と標準の間で切り替える

  1. 標準表示 モードで 、Alt キーを押しながら G キーを押し、S キーを押します。[スライドのサイズ] メニューの最初の アイテムが聞 こえ、 JAWS では、"リボンの下部、カスタマイズされたグループ ボックス" と読み上げられるまで、

  2. [スライドのサイズ] メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • 標準サイズを選択するには、"標準" と読み上こえるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

    • ワイド画面のサイズを選択するには、"ワイド画面" と読み上されるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  3. Enter キーを押します。 "Microsoft PowerPoint ウィンドウ、ボタン" と読み上されます。 確認ウィンドウが開きます。

  4. Microsoft PowerPoint ウィンドウで 、次のいずれかの操作を行います。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、"最大化" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使用すると、すべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    • スライドに収まるまでコンテンツを縮小するには、"サイズに合わせて調整" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 このオプションでは、スライド上のすべてが収まるサイズに合わせて、コンテンツのサイズを小さくすることができます。

  5. Enter キーを押します。 縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

スライドのサイズをカスタマイズする

異なる画面または用紙サイズにユーザー設定のサイズを使うように、スライドのサイズを変更することができます。

  1. 標準表示 モードで 、Alt キーを押しながら G キーを押し、S キーを押し、C キーを押します。[ スライドのサイズ] ウィンドウ が開きます。

  2. [スライド のサイズ] ウィンドウでスライドのサイズを変更するには、プレゼンテーションの目的の形式を選択するか、プレゼンテーションの高さ、幅、向きを設定します。

    • プレゼンテーションの目的の形式を選択するには、"スライドのサイズに合ったサイズ" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 下方向キーを押して、ドロップダウン メニューを展開します。 必要なオプションが聞こえるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。

    • 幅と高さを設定するには:

      • スライドの幅を変更するには、"幅" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 必要な値が聞こえるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。または、値を入力します。

      • スライドの高さを変更するには、"高さ" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 必要な値が聞こえるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。または、値を入力します。

    ヒント: ナレーターでは、[スライドのサイズ] ウィンドウのオプションを聞いて移動するには、SR キーを押しながら上方向キーまたは下方向キーを押します。

  3. 選択が完了したら、Enter キーを押します。 "Microsoft PowerPoint ウィンドウ、ボタン" と読み上されます。 確認ウィンドウが開きます。

  4. [Microsoft PowerPoint] ウィンドウで、次のいずれかを行います。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、"最大化" と聞こえるまで Tab キーを押します。 スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使用すると、すべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    • 新しいスライドに収まるまでコンテンツを縮小するには、"サイズに合わせて調整" と読み上こえるまで Tab キーを押します。 このオプションでは、スライド上のすべてが収まるサイズに合わせて、コンテンツのサイズを小さくすることができます。

  5. Enter キーを押します。 縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint に画像と表を挿入して編集する

キーボード ショートカットを使用して PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint 内を移動する

キーボード PowerPoint MacOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。 スライドのサイズと向きを変更することもできます。

次のタスクは、タスク の標準ビューで実行 PowerPoint。 標準表示に移動するには、Command + 1 キーを押します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

新しいスライドを追加する

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを簡単に追加できます。

現在のスライドに基づいて新しいスライドを追加する

  1. スライド デッキ PowerPoint 、前のスライドのレイアウトに基づいて新しいスライドを追加するには、Command + Shift + N キーを押します。 VoiceOver で "新しいスライド" と読み上げられ、スライドが追加されます。

    ヒント: 現在のスライドを複製するには、Command キーと Shift キーを押しながら D キーを押します。

テンプレート レイアウトに基づいて新しいスライドを追加する

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。 現在選択されているタブに移動します。 必要に応じて、VoiceOver で [ホーム] タブと読み上げられるまで、左方向キーを押します。 タブを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. [ホーム] タブで、下方向キーを 1 回押してリボンに移動します。

  3. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、リボンに入ります。

  4. VoiceOver で "新しいスライド、メニュー ボタン" と読み上げられるまで、繰り返し右方向キーを押します。

  5. Ctrl + Option + Shift + M キーを押してメニューを開きます。 VoiceOver で"新しいスライド、ウィンドウ。 新しいスライド、ギャラリー"。

  6. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、ギャラリーに入ります。

  7. アイテム間を移動するには、方向キーを押します。 移動すると、VoiceOver でアイテムが読み上げられます。

  8. レイアウトを選ぶには、Enter キーを押します。 スライドがスライド セットに追加されます。

スライドを削除する

  1. 標準表示に移動するには、Command + 1 キーを押します。

  2. VoiceOver で "縮小版ウィンドウ、リスト、アイテムが 1 個選択されました。" と読み上げられるまで、F6 キーを押します。

  3. Ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押して、縮小表示ウィンドウに入ります。 VoiceOver で"縮小表示ウィンドウ、リスト、1 つのアイテムが選択されました" と読み上されます。

  4. スライド間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動すると、VoiceOver ではスライドのタイトルが読み上げられます。

  5. 削除するスライド上で、Delete キーを押します。 スライドが削除されます。

スライドを並べ替える

現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることができます。

  1. 標準表示の VoiceOver で、"縮小版ウィンドウ、リスト、アイテムが 1 個選択されました。" と読み上げられるまで、F6 キーを押します。

  2. Ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押して、縮小表示ウィンドウに入ります。 VoiceOver で"縮小表示ウィンドウ、リスト、1 つのアイテムが選択されました" と読み上されます。

  3. スライド間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動すると、VoiceOver ではスライドのタイトルが読み上げられます。

  4. 移動するスライド上で、Command キーを押しながら X キーを押して、スライドを切り取ります。

  5. スライド間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動すると、VoiceOver ではスライドのタイトルが読み上げられます。

  6. 切り取ったスライドを挿入する位置の後のスライド上で、Command キーを押しながら V キーを押します。

スライドをセクション別に整理する

スライドを意味のあるエンティティを構成するセクションにグループ化できます。 たとえば、1 つのプレゼンテーションを他のユーザーと作業している場合、各同僚に作業するセクションを割り当てることができます。

セクションは、標準表示の縮小表示ウィンドウと スライド一覧 表示で表示および 発表 されます。

  1. 標準表示の縮小版ウィンドウで、セクションの最初のスライドに移動します。

  2. タブに移動するまで F6 キーを押します。 [ホーム] タブに移動しなかった場合は、移動するまで左方向キーを押します。 VoiceOver で "ホーム、タブ、8 の 1" と読み上されます。 タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  3. 下方向キーを押してリボンに移動します。 VoiceOver で "スクロール領域。 現在、スクロール領域に移動しています。" と表示されます。

  4. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、リボンに入ります。 VoiceOver では、"スクロール領域で、<アイテムの数><フォーカスがあるボタンの名前が読み上>。

  5. VoiceOver で "セクション、メニュー ボタン" と読み上されるまで、右方向キーを繰り返し押します。 Control + Option + Space キーを押してメニューを開きます。

  6. [セクションの追加] オプションを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  7. セクション名を入力し、Enter キーを押します。 これで、セクションが縮小表示ウィンドウに表示され、サムネイル ウィンドウでセクション名に移動すると、VoiceOver によってセクション名が読み上げられます。

スライド セット内のスライドの方向を変更する

PowerPoint は自動的に横向きに設定されますが、スライドの向きを縦向きまたは縦向きに変更できます。

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。 [デザイン] タブに移動しなかった場合は、右方向キーまたは左方向キーを押して移動します。 VoiceOver で "デザイン、タブ、8 の 3" と読み上されます。 タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. [デザイン ] タブで 、VoiceOver で "スライドのサイズ、メニュー ボタン" と読み上されるまで Tab キーを繰り返し押します。

  3. メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 VoiceOver で"スライドのサイズ、メニュー ボタンが押されました。 現在ギャラリーにいます。" と表示されます。

  4. Control + Option + Shift + 下方向キーを押して、メニューに入ります。 VoiceOver では、"スライドのサイズ、ギャラリー、<メニュー上のアイテムの数>、現在選択<のサイズが読み上>。

  5. VoiceOver で "ページ設定" と読み上されるまで Tab キーを押します。

  6. Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 [ページ設定] ダイアログが開きます。

  7. "スライドを縦方向にする" または "スライドを横方向にする" など、目的の方向オプションに移動するまで、右方向キーを押して、Control キーと Option キーと Space キーを押しながら選択します。

  8. VoiceOver で "OK、既定、ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押して、ボタンを押します。

  9. 現在のコンテンツが選択した方向に収まらない場合は、選択した方向に合わせてどのようにコンテンツを拡大縮小するかを確認するダイアログが表示されます。

    • コンテンツを縮小するには、VoiceOver で "縮小、ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 このオプションでは、コンテンツのサイズが変更され、スライド上のすべてのものに合わせて小さいフォント サイズを使用する場合があります。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、VoiceOver で "拡大、ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのコンテンツがスライドに収まらない可能性があります。

    オプションを選択するには、Enter キーを押します。

スライドのサイズを変更する

スライドのサイズを変更するには、既定の 2 つのサイズ オプション [標準 (4:3)] または [ワイド画面 (16:9)] を選ぶか、最適なサイズにカスタマイズすることができます。

ワイド画面から標準、または標準からワイド画面にサイズを変更する

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。 [デザイン] タブに移動しなかった場合は、右方向キーまたは左方向キーを押して移動します。 VoiceOver で "デザイン、タブ、8 の 3" と読み上されます。 タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. VoiceOver で "スライドのサイズ、メニュー ボタン" と読み上されるまで、Tab キーを繰り返し押します。

  3. メニューを開く場合は、Ctrl + Option + Space キーを押します。 VoiceOver で"スライドのサイズ、メニュー ボタンが押されました。 現在ギャラリーにいます。" と表示されます。

  4. メニューに移動するには、Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押します。 VoiceOver では、"スライドのサイズ、ギャラリー、<メニュー上のアイテムの数>、現在選択<のサイズが読み上>。

  5. オプション間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動すると、VoiceOver でオプションが読み上げられます。

  6. サイズを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  7. 小さい値に変更する場合は、選択したサイズに合わせてコンテンツを拡大縮小するかどうかを確認するダイアログが表示される可能性があります。

    • コンテンツを縮小するには、VoiceOver で "拡大縮小、既定、ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 このオプションでは、コンテンツのサイズが変更され、スライド上のすべてのものに合わせて小さいフォント サイズを使用する場合があります。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、VoiceOver で "拡大縮小しない、ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのコンテンツがスライドに収まらない可能性があります。

    オプションを選択するには、Enter キーを押します。

スライドのサイズをカスタマイズする

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。 [デザイン] タブに移動しなかった場合は、右方向キーまたは左方向キーを押して移動します。 VoiceOver で "デザイン、タブ、8 の 3" と読み上されます。 タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. VoiceOver で "スライドのサイズ、メニュー ボタン" と読み上されるまで、Tab キーを繰り返し押します。

  3. メニューを開く場合は、Ctrl + Option + Space キーを押します。 VoiceOver で"スライドのサイズ、メニュー ボタンが押されました。 現在ギャラリーにいます。" と表示されます。

  4. メニューに移動するには、Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押します。

  5. VoiceOver で "ページ設定" と読み上されるまで Tab キーを押します。

  6. Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 [ページ設定] ダイアログが開きます。

  7. 右方向キーを 2 回押します。 VoiceOver によって "ワイド画面" または "画面に合わせる (4:3)" などの現在選択されているサイズが読み上げられます。

  8. オプションを表示するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  9. オプションを参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動すると、VoiceOver でオプションが読み上げられます。 オプションを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  10. VoiceOver で "OK、既定、ボタン" と読み上されるまで、Tab キーを繰り返し押します。 ボタンを選択するには、Control + Option + Space キーを押します。

  11. 別のサイズに変更すると、選択したサイズに合わせてコンテンツを拡大縮小するかどうかを確認するダイアログが表示されます。

    • コンテンツを縮小するには、VoiceOver で "縮小、ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 このオプションでは、コンテンツのサイズが変更され、スライド上のすべてのものに合わせて小さいフォント サイズを使用する場合があります。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、VoiceOver が "拡大、ボタン" と読み上げるまで Tab キーを押します。 スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのコンテンツがスライドに収まらない可能性があります。

    オプションを選択するには、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint に画像と表を挿入して編集する

キーボード ショートカットを使用して PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint 内を移動する

この PowerPoint iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • PowerPoint for iPhone のタッチ PowerPoint機能については 、PowerPoint for iPhone タッチ ガイドを参照してください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

PowerPoint でスライドの追加、配置変更、削除を行う

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加したり、不要になったスライドを削除したりすることが簡単に行えます。 現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることもできます。

新しいスライドを追加する

  1. プレゼンテーションで、新しいスライドを追加する場所の前に位置するスライドが読み上げられるまで、右または左にスワイプします。 移動時にはスライドが、"スライド、<スライドの合計数> の <スライド番号>" と読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。 "選択されました" と読み上げられます。

  3. “新しいスライド ボタン” と読み上げられるまで左右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    スライドがスライド セットに追加されます。

  4. 挿入したスライドのレイアウトを変更するには、"レイアウト ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 テンプレートのオプションを参照するには、右にスワイプします。 移動時には、VoiceOver がテンプレートを読み上げます。 現在選択されているレイアウトの場合、"選択されています" と読み上げられ、レイアウト名も読み上げられます。 テンプレートを選ぶには、画面をダブルタップします。

スライドを並べ替える

  1. プレゼンテーションで、移動するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。 移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。 "選択されました" と読み上げられます。

  3. 2 本の指で画面をダブルタップします。 "他のアイテムの表示、メニュー項目" と読み上げられます。 コンテキスト メニューがポップアップ表示されます。

  4. コンテキスト メニューで、"切り取り、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. 切り取ったスライドを移動する場所の前に位置するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "選択されました" と読み上げられます。

  6. 2 本の指で画面をダブルタップします。 "すべて選択、メニュー項目" と読み上げられます。

  7. スライドを貼り付けるには、"貼り付け、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。 スライドが新しい場所に移動します。

スライドを削除する

  1. プレゼンテーションで、削除するスライドが読み上げられるまで左右にスワイプします。 移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。 "選択されました" と読み上げられます。

  3. 2 本の指で画面をダブルタップします。 "他のアイテムの表示、メニュー項目" と読み上げられます。

  4. 画面をダブルタップし、"削除、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプします。

  5. スライドを削除するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint で発表者のノートとコメントの読み上げまたは追加を行う

キーボード ショートカットを使用して PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint 内を移動する

PowerPoint for Android で、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • PowerPoint for Android のタッチ機能については、「PowerPoint for Android タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

PowerPoint でスライドの追加、配置変更、削除を行う

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加したり、不要になったスライドを削除したりすることが簡単に行えます。 現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることもできます。

新しいスライドを追加する

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、新しいスライドを追加する場所の前に位置するスライドが読み上げられるまで、右または左にスワイプします。 移動時にはスライドが、"スライド、<スライド番号>" と読み上げられます。

  2. 2 本の指で画面をダブルタップします。 スライドが選択され、編集表示が開きます。

  3. "戻るスイッチが選択されていません" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。 縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

  4. “新しいスライド ボタン” と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    スライドがスライド セットに追加されます。

  5. 挿入したスライドのレイアウトを変更するには、スライド編集ビューで、"レイアウト メニュー" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [レイアウト] メニューで、テンプレートのオプションを参照するには、右にスワイプします。 移動時には、TalkBack がテンプレートを読み上げます。 現在選択されているレイアウトの場合、レイアウト名が読み上げられ、"選択されています" と読み上げられます。 テンプレートを選ぶには、画面をダブルタップします。

スライドを並べ替える

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、移動するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。 移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューがポップアップ表示され、"編集ボタン" と読み上されます。

  3. コンテキスト メニューで、"切り取りボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。 次に、画面をダブルタップします。

  4. 切り取ったスライドを移動する場所の後に位置するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "編集ボタン" と読み上げられます。

  5. スライドを貼り付けるには、"貼り付けボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 スライドが新しい場所に移動します。

スライドを削除する

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、削除するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。 移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. コンテキスト メニューを開くには、画面をダブルタップします。 "編集ボタン" と読み上げられます。

  3. コンテキスト メニューで、"削除ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。

  4. スライドを削除するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

キーボード ショートカットを使用して PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint 内を移動する

キーボード Web 用 PowerPoint スクリーン リーダーを使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置します。 ナレーターと JAWS でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Web 用 Office でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。 詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Web 用 PowerPoint を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Web 用 PowerPoint は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Web 用 PowerPoint には適用されません。

この記事の内容

新しいスライドを追加する

現在のスライドのレイアウトまたは別のレイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加できます。

  1. 編集 表示で、Altキーを押しながら Windows ロゴ キー、N、S、I キーを押します。[ 新しいスライド] メニュー が開きます。

  2. メニューで、現在のスライドに基づくスライド レイアウトが選択されています。 他のレイアウト間を移動するには、目的のレイアウトが聞こえるまで方向キーを押し、Enter キーを押します。 新しいスライドがプレゼンテーションに追加されます。

スライドを並べ替える

スライドを移動して、プレゼンテーションの順序を変更できます。

  1. 編集表示 で、現在のスライドの番号が聞こえるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 JAWS では、"スライド パネル" と読み上げられます。

  2. 移動するスライドの番号が聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。

  3. 次の操作のいずれかを行います。

    • スライドをプレゼンテーションの先頭に移動するには、Ctrl + ↑ キーを押します。 スライドが 1 つ上に移動します。

    • スライドをプレゼンテーションの末尾に移動するには、Ctrl + ↓ キーを押します。 スライドが 1 つ下に移動します。

    • スライドをプレゼンテーションの最初のスライドとして配置するには、Ctrl + Shift + ↑ キーを押します。

    • スライドをプレゼンテーションの最後のスライドとして配置するには、Ctrl + Shift + ↓ キーを押します。

スライドを削除する

  1. 編集表示 で、現在のスライドの番号が聞こえるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 JAWS では、"スライド パネル" と読み上げられます。

  2. 削除するスライドの番号が聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。

  3. Del キーを押します。

    ヒント: 削除を元に戻すには、Ctrl + Z キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint に画像と表を挿入して編集する

キーボード ショートカットを使用して PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint 内を移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×