スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams のレイアウトを学習する

スクリーン リーダーのコンテンツ スクリーン リーダーのコンテンツ

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」を参照してください。

Microsoft Teamsのメイン ビューと機能、およびスクリーン リーダーと組み合わせて使用する最適な方法について学習します。 Microsoft Teams は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 チームとチャネルを設定して、コミュニケーションを整理し、会議やライブ イベントをスケジュールし、音声通話を行い、ファイルを共有することができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

この記事の内容

Teams のレイアウトを知る

この Microsoft Teams ウィンドウには、次の主な要素が含まれます。

  • 画面の最も左にある垂直ツール バー。別のビューに切り替えるか、アプリ内にインストールされているアプリに切り替 Microsoft Teams。 ツール バー ボタンは、Teams で使用できるビュー (アクティビティ、チーム、予定表など) に対応します。 ツールバーに移動すると、スクリーン リーダーで "アプリ バー" と読み上げされます。

  • 画面中央のメイン コンテンツ領域。リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウで構成されます。 メイン コンテンツ領域の内容は、ツール バーで現在選択されているビューに応じて変わります。 メイン コンテンツ領域の変更方法の詳細については 、「Teamsのしくみ」を参照してください。 この要素内を移動する方法の詳細については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

  • 画面の上部にある水平メニュー バーには、[戻る] ボタンと[進む] ボタン、検索フィールド、[プロファイル]、アプリの設定などボタンが表示されます。

これらの要素間および要素内を移動する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Teams を参照および 移動する」を参照してください

Teams のしくみ

垂直ツール バーには、ビュービューのすべてのメイン ビューのボタン Microsoft Teams。 各コンテンツを選択すると、メイン コンテンツ領域のコンテンツが選択したビューに合わせて変更されます。 メイン ビューとそれに対応するツール バー ボタンには、次のラベルが付きます。

  • アクティビティ ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウにアクティビティ フィードが表示されます。アクティビティ フィードには、フォローしているチーム チャネルで起こっているすべての概要が表示されます。 リスト ウィンドウでアクティビティ フィードを選択すると、そのコンテンツがコンテンツ ウィンドウに表示されます。 アクティビティ ログの使い方については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して最近のアクティビティを確認する」を 参照してください

  • チャット ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウに最近の会話の一覧が表示されます。 最新の会話がコンテンツ ウィンドウで開きます。 会話の一覧を参照し、1 つを選択してコンテンツ ウィンドウに表示することができます。 Microsoft Teamsでチャットする方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットする 」を参照してください

  • Teams ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウには、自分がメンバーであるすべてのチームと、各チームの下に作成されたチャネルの階層リストが表示されます。 最近表示されたチャネルがコンテンツ ウィンドウで開きます。 このビューでは、チームに参加、作成、または管理したり、チームにメンバーを追加したり、チャネルを作成してフォローすることができます。 チームを作成および変更する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチームを作成および変更する 」を参照してください。 チャネルの使い方については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用してチャネルを作成またはフォローする」を参照してください。

  • 予定表 ビュー 。 このビューを選択すると、メイン コンテンツ領域全体が週単位または 1 日単位の予定表に切り替わるので、現在の日付が強調表示されます。 このビューでは、会議やライブ イベントをスケジュールできます。 予定表を使用して会議をスケジュールする方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用して会議をスケジュールする」を参照してください。 会議に参加する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して会議に参加する」を 参照してください

  • 通話 ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウには、スピード ダイヤル、連絡先、履歴、ボイスメールの 4つのタブ表示されます。 コンテンツ ウィンドウには、現在アクティブなリスト ウィンドウ タブのコンテンツが表示されます。 このビューでは、短縮ダイヤル、通話の発信、通話履歴の確認、ボイスメールの確認にユーザーを追加できます。 Microsoft Teamsで通話を行う方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用して通話を行い、応答する」を参照してください。 ボイスメールを確認する方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用してボイスメールをチェックする」を参照してください。

  • [ ファイル] ビュー。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウには、最近使用したファイル、Microsoft Teams、ダウンロード、および設定されているクラウド ストレージで構成されるファイル タブの一覧が表示されます。 コンテンツ ウィンドウには、現在選択されているファイル タブの内容が表示されます。 既定では、[最近使ったファイル ] タブ です。 このビューでは、ファイル タブを参照し、その内容を開きます。 ファイルの操作方法については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams のファイルを 操作する」を参照してください

メイン ビュー間およびビュー内を移動する Microsoft Teams 、ビューに移動し、ビュー内を 移動する方法を参照してください

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Teams 内を移動する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Microsoft Teams のアクセシビリティに関するサポート

Microsoft Teams on Macのメイン ビューと機能、およびスクリーン リーダーと組み合わせて使用する最適な方法について学習します。 Microsoft Teams on Mac は、同僚が一緒に作業を行うチャットベースのハブです。 チームとチャネルを設定して、コミュニケーションを整理し、会議やライブ イベントをスケジュールし、音声通話を行い、ファイルを共有することができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

Teams のレイアウトを知る

この Microsoft Teams on Mac ウィンドウには、次の主な要素が含まれます。

  • 画面の最も左にある垂直ツール バー。別のビューに切り替えるか、アプリ内にインストールされているアプリに切り替 Microsoft Teams on Mac。 ツール バー ボタンは、Teams で使用できるビュー (アクティビティ、チーム、予定表など) に対応します。 ツールバーに移動すると、スクリーン リーダーで "アプリ バー" と読み上げされます。

  • 画面中央のメイン コンテンツ領域。リスト ウィンドウとコンテンツ ウィンドウで構成されます。 メイン コンテンツ領域の内容は、ツール バーで現在選択されているビューに応じて変わります。 メイン コンテンツ領域の変更方法の詳細については 、「Teamsのしくみ」を参照してください。 この要素内を移動する方法の詳細については、「ビュー内を移動する」をご覧ください。

  • 画面の上部にある水平メニュー バーには、[戻る] ボタンと[進む] ボタン、検索フィールド、[プロファイル]、アプリの設定などボタンが表示されます。

これらの要素間および要素内を移動する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Teams を参照および 移動する」を参照してください

Teams のしくみ

垂直ツール バーには、ビュービューのすべてのメイン ビューのボタン Microsoft Teams on Mac。 各コンテンツを選択すると、メイン コンテンツ領域のコンテンツが選択したビューに合わせて変更されます。 メイン ビューとそれに対応するツール バー ボタンには、次のラベルが付きます。

  • アクティビティ ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウにアクティビティ フィードが表示されます。アクティビティ フィードには、フォローしているチーム チャネルで起こっているすべての概要が表示されます。 リスト ウィンドウでアクティビティ フィードを選択すると、そのコンテンツがコンテンツ ウィンドウに表示されます。 アクティビティ ログの使い方については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して最近のアクティビティを確認する」を 参照してください

  • チャット ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウに最近の会話の一覧が表示されます。 最新の会話がコンテンツ ウィンドウで開きます。 会話の一覧を参照し、1 つを選択してコンテンツ ウィンドウに表示することができます。 Microsoft Teams on Macでチャットする方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットする 」を参照してください

  • Teams ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウには、自分がメンバーであるすべてのチームと、各チームの下に作成されたチャネルの階層リストが表示されます。 最近表示されたチャネルがコンテンツ ウィンドウで開きます。 このビューでは、チームに参加、作成、または管理したり、チームにメンバーを追加したり、チャネルを作成してフォローすることができます。 チームを作成および変更する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチームを作成および変更する 」を参照してください。 チャネルの使い方については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用してチャネルを作成またはフォローする」を参照してください。

  • 予定表 ビュー 。 このビューを選択すると、メイン コンテンツ領域全体が週単位または 1 日単位の予定表に切り替わるので、現在の日付が強調表示されます。 このビューでは、会議やライブ イベントをスケジュールできます。 予定表を使用して会議をスケジュールする方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用して会議をスケジュールする」を参照してください。 会議に参加する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して会議に参加する」を 参照してください

  • 通話 ビュー 。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウには、スピード ダイヤル、連絡先、履歴、ボイスメールの 4つのタブ表示されます。 コンテンツ ウィンドウには、現在アクティブなリスト ウィンドウ タブのコンテンツが表示されます。 このビューでは、短縮ダイヤル、通話の発信、通話履歴の確認、ボイスメールの確認にユーザーを追加できます。 Microsoft Teams on Macで通話を行う方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用して通話を行い、応答する」を参照してください。 ボイスメールを確認する方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用してボイスメールをチェックする」を参照してください。

  • [ ファイル] ビュー。 このビューを選択すると、リスト ウィンドウには、最近使用したファイル、Microsoft Teams、ダウンロード、および設定されているクラウド ストレージで構成されるファイル タブの一覧が表示されます。 コンテンツ ウィンドウには、現在選択されているファイル タブの内容が表示されます。 既定では、[最近使ったファイル ] タブ です。 このビューでは、ファイル タブを参照し、その内容を開きます。 ファイルの操作方法については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams のファイルを 操作する」を参照してください

メイン ビュー間およびビュー内を移動する方法については、「 Microsoft Teams on Mac に移動する」および「 ビュー内を移動する」を参照してください

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Teams 内を移動する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Microsoft Teams のアクセシビリティに関するサポート

Microsoft Teams for iOSのメイン ビューと機能、およびスクリーン リーダーと組み合わせて使用する最適な方法について学習します。 Microsoft Teams for iOS は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 チームとチャネルを設定して、コミュニケーションを整理し、会議やライブ イベントをスケジュールし、音声通話を行い、ファイルを共有することができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

Teams のレイアウトを知る

アプリ Microsoft Teams for iOS には、次の主な要素が含まれています。

  • 画面の上部にあるツールバー。 このツールバーには、[その他のメニュー] ボタン、[検索] ボタン、現在のタブ見出し、および現在のタブに固有のボタンが表示されます。

  • 画面中央のメイン コンテンツ領域。 メイン コンテンツ領域の内容は、現在選択されているタブに応じて変わります。 メイン コンテンツ領域の変更方法の詳細については 、「Teamsのしくみ」を参照してください。 この要素内を移動する方法については、「ビュー内を移動 する」を参照してください

  • 画面下部のタブ バーには、[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表]、および [その他] タブがあります

これらの要素間および要素内を移動する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Teams を参照および 移動する」を参照してください

Teams のしくみ

タブ バーには、タブ バーのすべてのメイン タブのボタン Microsoft Teams for iOS。 各コンテンツを選択すると、メイン コンテンツ領域のコンテンツが、選択したタブに合わせて変更されます。 タブと対応するツール バー ボタンには、次のラベルが付きます。

  • [ アクティビティ] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域には、メンション、"、"Missed calls" など、自分とチームの最近のアクティビティが一覧表示されます。

  • [ チャット] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域に最近使用したメッセージが一覧表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したりすることができます。 Microsoft Teams for iOSでチャットする方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットする 」を参照してください

  • [ チーム] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域には、自分がメンバーであるすべてのチームと、各チームの下に作成されたチャネルが一覧表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、チーム チャネルのコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。 チームに新しいメンバーを追加する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチームにメンバーを追加する」を 参照してください。

  • [ 予定表] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域に今後の会議が一覧表示されます。 予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

  • [ その他] タブ。 これは、他のメイン タブとは異なります。 [その他] タブ 選択すると、通話やファイルなど、 Microsoft Teams for iOS アプリ内でアクセスできる他のタブの一覧 きます

メイン タブ間およびメイン タブ内を移動する Microsoft Teams for iOS 方法については、「ビューに移動 する」および「ビュー内を移動する」を参照してください

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Teams 内を移動する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Microsoft Teams のアクセシビリティに関するサポート

Microsoft Teams for Androidのメイン ビューと機能、およびスクリーン リーダーと組み合わせて使用する最適な方法について学習します。 Microsoft Teams for Android は、同僚が共同作業を行うためのチャットベースのハブです。 チームとチャネルを設定して、コミュニケーションを整理し、会議やライブ イベントをスケジュールし、音声通話を行い、ファイルを共有することができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

Teams のレイアウトを知る

アプリ Microsoft Teams for Android には、次の主な要素が含まれています。

  • 画面の上部にあるツールバー。 このツールバーには、[その他のメニュー] ボタン、[検索] ボタン、現在のタブ見出し、および現在のタブに固有のボタンが表示されます。

  • 画面中央のメイン コンテンツ領域。 メイン コンテンツ領域の内容は、現在選択されているタブに応じて変わります。 メイン コンテンツ領域の変更方法の詳細については 、「Teamsのしくみ」を参照してください。 この要素内を移動する方法については、「ビュー内を移動 する」を参照してください

  • 画面下部のタブ バーには、[アクティビティ]、[チャット]、[チーム]、[予定表]、および [通話] タブ、[その他のアプリを表示] ボタンが含まれています。

これらの要素間および要素内を移動する方法については、「スクリーン リーダーを使用して Teams を参照および 移動する」を参照してください

Teams のしくみ

タブ バーには、タブ バーのすべてのメイン タブのボタン Microsoft Teams for Android。 各コンテンツを選択すると、メイン コンテンツ領域のコンテンツが、選択したタブに合わせて変更されます。 タブと対応するツール バー ボタンには、次のラベルが付きます。

  • [ アクティビティ] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域には、メンション、"、"Missed calls" など、自分とチームの最近のアクティビティが一覧表示されます。

  • [ チャット] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域に最近使用したメッセージが一覧表示されます。 メッセージ リストを参照したり、メッセージを開いたり、返信を作成したり、会話全体を閲覧したりすることができます。 Microsoft Teams for Androidでチャットする方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットする 」を参照してください

  • [ チーム] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域には、自分がメンバーであるすべてのチームと、各チームの下に作成されたチャネルが一覧表示されます。 チームを参照したり、チームのチャネルを選択したり、新しいチャネルを追加したり、チームに参加したり、チームから脱退したりすることができます。 また、チーム チャネルのコンテンツにアクセスしたり、変更を行ったり、投稿したりすることもできます。 チームに新しいメンバーを追加する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチームにメンバーを追加する」を 参照してください。

  • [ 予定表] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域に今後の会議が一覧表示されます。 予定されている会議を参照したり、オンライン会議に参加したり、会議をスケジュールしたりすることができます。

  • [通話 ] タブ。 このタブを選択すると、メイン コンテンツ領域に通話履歴と [通話の作成 ] ボタンが一覧表示 されます。 ボイスメールの履歴を表示できます。

  • [その 他のアプリを表示] タブ。 これは、他のメイン タブとは異なります。 [その他のアプリ表示] タブを選択すると、ファイルや Wiki など、 Microsoft Teams for Android アプリ内でアクセスできる他のタブの一覧が開きます

メイン タブ間およびメイン タブ内を移動する Microsoft Teams for Android 方法については、「ビューに移動 する」および「ビュー内を移動する」を参照してください

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Teams 内を移動する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Microsoft Teams のアクセシビリティに関するサポート

同僚が一緒に作業するチャットベースのハブ Microsoft Teams on the webのメイン ビューとレイアウトについて学習します。 アプリが画面にレイアウトされている方法、アプリ内を移動するときに特定のアイテムを検索する場所、およびアプリの動的なセクションを把握できます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

この記事の内容

Teams のレイアウトを知る

この Microsoft Teams on the web ウィンドウには、次の主な要素が含まれます。

  • アプリ上部の水平メニュー バー。アプリの上部には、[Officeアプリ起動ツール] ボタンと[新しいチャット] ボタン、検索フィールド、(左から右に) [プロファイル]、アプリの設定、その他のボタンが表示されます。 検索フィールドにジャンプするには、Ctrl キーを押しながら E キーを押します。

  • 画面の最も左にある垂直ツール バー。このツール バーを使って、別のビューまたはインストールされているアプリに切り替 Microsoft Teams on the web。 ツール バー ボタンは、Teams のビュー (アクティビティ、チャット、チーム、予定表など) に対応します (アプリに示すように、上から下に名前が付きます)。 [通話] や [ファイル] などの追加のボタンがある場合があります。 各ビューにジャンプするには、Ctrl キーと Shift キーを押しながらボタンの順序番号を押します。たとえば、アクティビティの場合は Ctrl + Shift + 1、チャットの場合は Ctrl + Shift + 2 などです。

  • 画面中央のメイン コンテンツ領域は、左側のリスト ウィンドウとリスト ウィンドウの右側のコンテンツ ウィンドウで構成されます (リスト ウィンドウがない予定表ビューを除く)。 メイン コンテンツ領域のコンテンツは動的です。つまり、垂直ツール バーで現在選択されているビューに基づいて変更されます。 メイン コンテンツ領域の変更方法の詳細については 、「Teamsのしくみ」を参照してください。 この要素内を移動する方法については、「ビュー内を移動 する」を参照してください

これらの要素間および要素内を移動する方法の詳細については、「スクリーン リーダーを使用して Teams を参照および 移動する」を参照してください

Teams のしくみ

垂直ツール バーには、ビュー内のすべてのメイン ビューのボタン Microsoft Teams on the web。 ボタンを選択すると、メイン コンテンツ領域のコンテンツも適切に変更されます。 ツール バー ボタンと対応するメイン ビューは次のとおりです。

  • アクティビティ ビュー 。 リスト ウィンドウには、他のユーザーがチャットやチャネルで自分に言及した場合、またはチャットやチャネルの投稿に反応した場合に、フォローしているチーム チャネルで発生したすべての概要を含むアクティビティ フィードが表示されます。 リスト ウィンドウでアクティビティ フィードを選択すると、コンテンツ ウィンドウにコンテンツが表示されます。 アクティビティ ログの使い方については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して最近のアクティビティを確認する」を 参照してください

  • チャット ビュー 。 リスト ウィンドウには、最近の会話の一覧と、固定されたチャットが表示されます。 最新の会話がコンテンツ ウィンドウに表示されます。 会話の一覧を参照し、1 つを選択してコンテンツ ウィンドウに表示することができます。 Microsoft Teams on the webでチャットする方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットする 」を参照してください

  • Teams ビュー 。 リスト ウィンドウには、メンバーのすべてのチーム、各チーム内のチャネル、および固定されている可能性があるチームの階層リストが表示されます。 最近表示されたチャネルがコンテンツ ウィンドウに表示されます。 このビューでは、チームに参加、作成、または管理したり、チームにメンバーを追加したり、チャネルを作成してフォローすることができます。 チームを作成および変更する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチームを作成および変更する 」を参照してください。 チャネルの使い方については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用してチャネルを作成またはフォローする」を参照してください。

  • 予定表 ビュー 。 週単位または毎日の予定表がメイン コンテンツ領域全体に表示され、現在の 30 分のタイム スロットが選択されています。 このビューでは、会議のスケジュール、承諾、参加を行えます。 予定表を使用して会議をスケジュールする方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用して会議をスケジュールする」を参照してください。 会議に参加する方法については、「Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して会議に参加する」を 参照してください

  • 通話 ビュー 。 リスト ウィンドウには、スピード ダイヤル、連絡先、履歴、ボイスメールの 4つのタブのセット表示されます。 コンテンツ ウィンドウには、現在アクティブなリスト ウィンドウ タブのコンテンツが表示されます。 このビューでは、短縮ダイヤル、通話の発信、通話履歴の確認、ボイスメールの確認にユーザーを追加できます。 Microsoft Teams on the webで通話を行う方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用して通話を行い、応答する」を参照してください。 ボイスメールを確認する方法については 、「Microsoft Teamsでスクリーン リーダーを使用してボイスメールをチェックする」を参照してください。

  • [ ファイル] ビュー。 リスト ウィンドウには、最近使用したファイル、Microsoft Teams、および設定されているクラウド ストレージで構成されるファイル タブの一覧が表示されます。 リスト ウィンドウでファイル タブを参照すると、右側のコンテンツ ウィンドウに現在選択されているファイル タブの内容が表示されます。 既定では、[最近使った ファイル ] タブが選択されています。 ファイルの操作方法については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams のファイルを 操作する」を参照してください

Microsoft Teams on the webのメイン ビュー間およびメイン ビュー内を移動する方法については、「メイン ビュー 間を移動する」および「ビュー内を移動する」を参照してください

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Teams 内を移動する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Microsoft Teams のアクセシビリティに関するサポート

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×