スレッド リークが発生する Udevice.exe プロセスで Windows 埋め込まれた CE 6.0 R3 ベースのデバイスからサーバーへの L2TP と IPsec 接続を確立しようとしています。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • デバイスでは、Windows 埋め込まれた CE 6.0 R3 ベースのオペレーティング システム イメージを実行しています。 オペレーティング システム イメージには、モジュール、およびインターネット プロトコル セキュリティ (IPsec)、レイヤー 2 トンネリング プロトコル (L2TP) を実装するコンポーネントが含まれています。

  • デバイスからサーバーへの L2TP と IPsec 接続を確立しようとするとします。

  • 次の操作のいずれかが実行されます。

    • L2TP と IPsec の接続が正常に確立され、接続を切断します。

    • ネットワークの問題や、無効な資格情報は、L2TP と IPsec 接続を確立できません。

このシナリオでは、スレッド リークが発生は、Udevice.exe プロセスで発生します。 Udevice.exe プロセスのスレッド数は、接続が試行されるたびに 1 ずつ増加します。 さらに、32 kb (キロバイト) のメモリ リークは、各接続の試行中に発生します。 何度も L2TP と IPsec 接続を確立しようとすると、"メモリ不足"エラー メッセージが表示される場合があります、その問題から回復するのには、デバイスを再起動する必要があります。

原因

この問題は、 OverlapWrapperクラスのインスタンスが含まれている単独のスレッドが削除されていない L2TP と IPsec 接続を確立しようとするたびにために発生します。 この動作が原因で、スレッド リークが発生します。 そのため、「現象」に記載されている問題が発生します。

解決方法

ソフトウェア更新プログラムの情報

サポートされているソフトウェア更新プログラムが Microsoft Windows 埋め込まれた CE 6.0 プラットフォーム ビルダー毎月更新 (2010 年 7 月) として。 この情報については、この記事をスクロールして「ファイル情報」セクションを参照してください。 パッケージのファイル名には、製品のバージョン、日付、サポート技術情報番号、およびプロセッサの種類が含まれています。 パッケージのファイル名の形式は次のとおりです。

製品バージョン-yymmdd-kbnnnnnn-プロセッサ タイプ 例: Wincepb50-060503-kb917590-armv4i.msi は、サポート技術情報の記事 917590 に記載されている ARMV4i Windows CE 5.0 プラットフォーム ビルダーの修正プログラムです。このプログラムは、2006 年 5 月の月例更新プログラムに含まれています。 この問題を解決するには、Windows CE プラットフォーム ビルダーの入手方法について次の資料番号をクリックし、コア オペレーティング システム ソフトウェアの更新プログラム。

コア オペレーティング システムを検索する方法は、マイクロソフトの Windows CE プラットフォーム ビルダー製品の修正します。

必要条件

この更新プログラムは、これまでに公開されたこの製品の更新プログラムがすべてインストールされている場合にのみ、サポートされます。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後に、プラットフォーム全体のクリーン ビルドを実行する必要があります。 これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • [ビルド] メニューで、[消去] をクリックし、プラットフォームのビルド] をクリックします。

  • [ビルド] メニューの[プラットフォームの再構築] をクリックします。

このソフトウェア更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラム パッケージの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。 UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

インストーラー ファイル

ファイル名

ファイル サイズ

日付

時刻

Wincepb60-100727-kb2252004-armv4i.msi

1,273,344

27-Jul-2010

19:40

Wincepb60-100727-kb2252004-mipsii.msi

1,252,864

27-Jul-2010

19:40

Wincepb60-100727-kb2252004-mipsii_fp.msi

1,252,864

27-Jul-2010

19:40

Wincepb60-100727-kb2252004-mipsiv.msi

1,262,592

27-Jul-2010

19:40

Wincepb60-100727-kb2252004-mipsiv_fp.msi

1,262,592

27-Jul-2010

19:40

Wincepb60-100727-kb2252004-sh4.msi

1,237,504

27-Jul-2010

19:40

Wincepb60-100727-kb2252004-x86.msi

1,184,256

27-Jul-2010

19:40

この修正プログラム パッケージに含まれているファイル

ファイル名

ファイル サイズ

日付

時刻

パス

Windows 埋め込まれた ce 6.0_update_kb2252004.htm

7,655

27-Jul-2010

18:45

100727_kb2252004

Ipsecspd.lib

1,009,456

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\Armv4i\Debug

Ipsecspd.lib

842,558

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\Armv4i\Retail

Ipsecspd.lib

961,842

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\Mipsii\Debug

Ipsecspd.lib

824,666

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\Mipsii\Retail

Ipsecspd.lib

962,284

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\Mipsii_fp\Debug

Ipsecspd.lib

825,130

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\Mipsii_fp\Retail

Ipsecspd.lib

978,600

23-Jul-2010

15:36

Public\Common\Oak\Lib\Mipsiv\Debug

Ipsecspd.lib

838,246

23-Jul-2010

15:36

Public\Common\Oak\Lib\Mipsiv\Retail

Ipsecspd.lib

979,042

23-Jul-2010

15:36

Public\Common\Oak\Lib\Mipsiv_fp\Debug

Ipsecspd.lib

838,698

23-Jul-2010

15:36

Public\Common\Oak\Lib\Mipsiv_fp\Retail

Ipsecspd.lib

870,022

23-Jul-2010

15:36

Public\Common\Oak\Lib\Sh4\Debug

Ipsecspd.lib

763,994

23-Jul-2010

15:36

Public\Common\Oak\Lib\Sh4\Retail

Ipsecspd.lib

855,144

23-Jul-2010

15:35

Public\Common\Oak\Lib\X86\Debug

Ipsecspd.lib

765,106

23-Jul-2010

15:34

Public\Common\Oak\Lib\X86\Retail

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×