Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

以下の事例で説明します。セキュリティを強化するには、いくつか Windows のオペレーティング システム上のローカル管理者グループに既定のユーザー権利を削除します。このシステム上の Microsoft SQL Server セットアップの準備として、ローカルの administrators グループにセットアップ アカウントを追加します。

このシナリオをインストールするとき、または Microsoft SQL Server へのアップグレード、インストール プロセスが失敗し、次のセクションで説明したように、さまざまなエラー メッセージが表示される場合。

シナリオ 1:、新規インストールのセットアップ プログラムが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

アクセスが拒否されました

また、Detail.txt ファイルに次のようなエラー メッセージが発生する可能性があります。

2009-01-02 13時 00分: 17 SQLEngine: - SqlServerServiceSCM: 'Global\sqlserverRecComplete$ NIIT' nt のイベントの待機を作成します。

2009-01-02 13時 00分: 20 SQLEngine: - SqlServerServiceSCM: nt のイベント 'Global\sqlserverRecComplete$ NIIT' または sql プロセスのハンドルがシグナル状態になるを待っています。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: ConfigRC および ConfigRC のシナリオのタイミング時に機能 SQL_Engine_Core_Inst の構成の操作が失敗しました。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: アクセスが拒否されました

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: ConfigRC および ConfigRC のシナリオのタイミング時に機能 SQL_Engine_Core_Inst の構成の操作が失敗しました。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.ComponentModel.Win32Exception: アクセスが拒否されました

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.ProcessManager.OpenProcess (int32 型のプロセス Id、int32 型のアクセス、ブール値の throwIfExited) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.Process.GetProcessHandle (int32 型のアクセス、ブール値の throwIfExited) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.Process.OpenProcessHandle() にあります。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: System.Diagnostics.Process.get_Handle() にあります。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlServerServiceBase.WaitSqlServerStart (プロセスの processSql) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlServerServiceSCM.StartSqlServer (パラメーターの文字列) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlServerStartup.StartSQLServerForInstall (文字列の sqlCollation、masterFullPath の文字列、ブール値の isConfiguringTemplateDBs) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlEngineDBStartConfig.ConfigSQLServerSystemDatabases (EffectiveProperties プロパティ、isConfiguringTemplateDBs のブール値、ブール値の useInstallInputs) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlEngineDBStartConfig.DoCommonDBStartConfig (ConfigActionTiming 時間) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlEngine.SqlEngineDBStartConfig.Install (ConfigActionTiming のタイミング、辞書 ' 2 actionData、spcb の PublicConfigurationBase) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.PrivateConfigurationBase.Execute (ConfigActionScenario の場合、ConfigActionTiming のタイミング、辞書 ' 2 actionData、PublicConfigurationBase spcbCurrent) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.SqlFeatureConfigBase.Execute (ConfigActionScenario の場合、ConfigActionTiming のタイミング、辞書 ' 2 actionData、PublicConfigurationBase spcbCurrent) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.SlpConfigAction.ExecuteAction (文字列の actionId) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: Microsoft.SqlServer.Configuration.SqlConfigBase.SlpConfigAction.Execute (文字列の actionId、TextWriter errorStream) で

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: 例外: System.ComponentModel.Win32Exception。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: ソース: システムです。

2009-01-02 13時 00分: 20 Slp: メッセージ: アクセスが拒否されました。

シナリオ 2: SQL Server 2008 へのアップグレードは、Engine_SqlEngineHealthCheck のルールで次のエラー メッセージを報告します。

ルールの名前: Engine_SqlEngineHealthCheck のルールの説明: チェックのかどうかは、SQL Server サービスを再開することができます。またはクラスター化されたインスタンスの場合、かどうか、SQL Server リソースがオンラインにします。結果: メッセージと対処方法に失敗しました: [SQL Server サービスを再開することはできません。クラスター化されたインスタンスの場合、SQL Server のオンラインになっていないか

また、Detail.txt ファイルに次のようなエラー メッセージがわかります可能性があります。

2009-05-27 17時 50分: 20 SQLEngine:: エンジンのチェック チェックポイント ' GetSqlServerProcessHandle_1'2009-05-27 17:50:20 SQLEngine: - SqlServerServiceSCM: nt のイベント 'Global\sqlserverRecComplete$ SQL10' created2009-05-27 にするを待っている 17時 50分: 22 SQLEngine:--SqlServerServiceSCM: は、nt のイベント ' Global\sqlserverRecComplete$ SQL10' または signaled2009-05-27 を使用する sql プロセスのハンドルを待機している 17時 50分: 22 SQLEngine:: FacetSqlEngineHealthCheck: Engine_SqlEngineHealthCheck: エラー: アクセスが拒否されました

Scenario3:Microsoft SQL Server 2012 または Microsoft SQL Server の 2008 R2 の新規インストールが失敗します。

SQL Server 2012 または SQL Server 2008 R2 の新しいインスタンスをインストールしようとするとき、次のエラー メッセージが表示されます。

「アカウント特権のセットアップ」のルールが失敗しました。SQL Server セットアップを実行しているアカウントが 1 つまたはすべての次の権限: ファイルとディレクトリの監査を管理する権限とセキュリティ ログ、プログラムをデバッグする権限をバックアップする権限です。続けるには、両方の権限を持つアカウントを使用します。

シナリオ 4: バックアップ ディレクトリの場所をネットワーク共有 (UNC パス) を指定すると、SQL Server 2012 のインストールまたはそれ以降のインスタンスが失敗した場合します。この問題が発生した場合、次のエラー メッセージが表示されます。

SQL Server セットアップ アカウントには、< バックアップ場所の UNC > のパスで指定されたファイル サーバー上の SeSecurityPrivilege 特権がありません。この特権は、SQL Server セットアップ プログラムのフォルダーのセキュリティ設定の操作に必要です。この特権を付与するのにには、"監査とセキュリティ ログの管理] のポリシーに SQL Server セットアップ アカウントを追加するのにはファイル サーバー上、ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールを使用します。この設定は、ローカル セキュリティ ポリシー] コンソールで [ローカル ポリシー] で [ユーザー権利の割り当て」セクションで使用できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×