ポイント アンド プリントを使用してプリンタードライバーをインストールすると、プリンターの情報が適切にクライアントに認識されない場合がある

現象

以下のシナリオを想定します。

  • サーバーとして、 Windows 7 32 bit 環境に 32 bit 版のプリンタードライバーがインストールされています。

  • クライアントとして、Windows 8 32 bit 環境を使用し、ポイント アンド プリント機能を使用して、サーバーからプリンタードライバーをインストールします。


このシナリオでは、プリンタードライバーをインストールした後、プリンタ デバイスのハードウェア ID が適切にクライアントに認識されない現象が発生します。

また、サーバーおよびクライアントに、それぞれ下記の OS が使用されている場合にも、同様の現象が発生します。

  • サーバー

    • Windows 7 (x86)

    • Windows Vista (x86)

    • Windows Server 2008 (x86)

    • Windows Server 2003 (x86)


  • クライアント

    • Windows 8 (x86)

    • Windows 8.1 (x86)

    • Windows 8.1 Update (x86)

上記の現象が発生した場合の影響として、例えば、Shell Extension の機能により独自のコンテキストメニューを実装しているプリンタードライバーでは、「デバイスとプリンター」に表示されるプリンタ アイコンを右クリックしても、独自のコンテキストメニューが表示されない現象が発生する場合があります。

原因

この現象は、Windows 8 のスプーラーサービスの問題に起因して、ポイント アンド プリント機能によるプリンタードライバーのインストールの過程で、プリンタ デバイスのハードウェア ID が適切にクライアントに通知されないために発生します。

回避策

次の手順で、サーバーに 64 bit 版のプリンタードライバーを併せてインストールしておくことで、現象を回避することができます。

手順


  1. [Windows キー] + R キーを押し、[ファイル名を指定して実行] ダイアログを開きます。

  2. printmanagement.msc と入力した後、[OK] をクリックし、 [印刷の管理] ウィンドウを開きます。

  3. 左側のウィンドウで [プリント サーバー] をクリックし、目的のプリント サーバーをクリックしてから [プリンター] をクリックします。

  4. 中央のウィンドウで、プリンター ドライバーを追加するプリンターを右クリックし、[共有の管理] をクリックします。

  5. ドライバーのプロパティが表示されます。[共有] タブにある [追加ドライバー] をクリックすると、ドライバー追加のダイアログ ボックスが表示されます。

  6. ドライバーを追加するプロセッサ アーキテクチャのチェック ボックスをオンにします。例えば、32 bit の Windows が実行されているプリント サーバーで、64 bit の Windows が実行されているクライアント コンピューター用のプリンター ドライバーをインストールしたい場合、[x64] チェック ボックスをオンにします。

  7. プリント サーバーのドライバー ストアに対象となるプリンター ドライバーがまだインストールされていない場合、ドライバー ファイルの場所を指定するように求めるメッセージが表示されます。対象となるドライバー ファイルを抽出し、表示されるダイアログ ボックスに、ドライバーの INF ファイルへのパスを指定します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Windows Server のプリンタードライバーの管理については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 

プリンター ドライバーを更新および管理する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×