概要

ユーザー アカウントの有効して Windows 10 で共有を作成する管理者は、次の手順を実行します。

  1. ユーザー アカウントを Power Users 管理グループに追加します。 Power Users 管理グループは、既定で共有を作成する権限を持っています。

  2. ファイアウォールでファイルとプリンタの共有グループを有効にします。 最初のユーザー共有が作成されると (既定の共有はカウントされません)、ファイアウォールのファイルとプリンタの共有グループは自動的に有効になります。

    :最初のユーザー共有が、そのグループを有効にする権限を持たないユーザー アカウントを使用して作成された場合、操作は失敗します。 ユーザーがファイアウォール設定を有効にできるようにするためのアカウントの権限を、ユーザーに付与できます。 これを行うには、ユーザー アカウントを ネットワーク構成オペレーター グループに追加します。

ユーザー アカウント制御 (UAC)

Power Users 管理グループのユーザー アカウントがログオンすると、ユーザーに対して 2 つの個別のアクセス トークンが作成されます。 標準ユーザー管理グループのアクセス トークンと Power Users 管理グループのアクセス トークン。

既定では、標準ユーザーおよび Power Users 管理グループの両方がリソースにアクセスし、標準ユーザー管理グループのセキュリティ コンテキストでアプリケーションを実行します。 Power User 管理グループのアクセス トークンを使用するには、[管理者として実行] を選択し、管理者特権のコマンド プロンプト ウィンドウでアプリケーションを実行します。

このウィンドウの動作は、ローカル セキュリティ ポリシー スナップイン (Secpol.msc) またはグループ ポリシーを使用して構成できます。 たとえば、管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開くパワー ユーザーは、次のコマンドを実行して共有を作成できます。

net share sharename=drive:path

関連情報

詳細については、「ユーザー アカウント制御のセキュリティ ポリシー設定」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×