ユーザー 'NT AUTHORITY\ANONYMOUS LOGON’ のログインが失敗しました

この問題には少なくとも 3 つのシナリオがあります。 次の表にしたがって、それぞれの該当するシナリオを確認し、適切な解決の手順を実行します。

考えられる原因

推奨される解決方法

同じマシンでのダブルホップ シナリオ: ダブルホップを実行しようとしても、Kerberos ではなく NTLM 資格情報が使用されています。

同じマシンでのダブルホップ シナリオについては、次の手順に沿って DisableLoopbackCheck または BackConnectionHostNames レジストリ エントリを追加します。

複数マシンでのダブルホップ シナリオ: SPN 問題によって Kerberos 接続が失敗すると、エラーが発生する場合があります。

ページ下部の [Kerberos 問題によって認証が失敗する問題のトラブルシューティング] オプションを選択し、詳細を参照します。

ダブルホップの関連がない場合

ダブルホップの関連がない場合は、重複した SPN があり、クライアントが LocalSystem またはその他のマシン アカウントとして実行しており、Kerberos 資格情報の代わりに、NTLM 資格情報を取得していることも意味する可能性があります。

オプション「Kerberos の問題による認証エラーのトラブルシューティング」を選択し、SPN の問題を診断して解決します。

Windows ローカル セキュリティ ポリシーは、既定の設定のローカル アカウントでのマシン アカウントの使用を防ぐように設定されている場合があります。

Windows 2008 R2/Windows 7 以降では、ローカル セキュリティ ポリシー | セキュリティ オプション | ネットワーク セキュリティが、既定の設定のローカル アカウントでのマシン アカウントの使用を防ぐように設定できます。 この場合、代わりに匿名の資格情報を使用します。

 

問題は解決しましたか?

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×