概要

この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 11 で修正される問題について説明します。システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager で使用できる 2 つの更新があるか: VMM サーバーと管理コンソールのいずれかのいずれかです。この資料には、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 11 のインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • サービス インスタンスの大規模展開を実行しようとすると、VMM の配置保存することもない多くの Vm に均等に 1 つのホスト。

  • 記念日の更新プログラムがインストールされているすべての 10 の Windows ベースのクライアント コンピューターでは、Virtual Machine Manager (VMM) 管理者コンソールがクラッシュします。

  • VMM では、マウント ・ ポイントとしてアクセスされている場合に、仮想マシン (VM) のリソース グループからクラスター ディスクを削除します。

  • VMM コンソールに表示される CPU平均メモリの値は、最後の 10 分間の平均値でないに基づいて計算されます。代わりに、VMM は、最新の値だけを考慮します。

  • VMM の外部ポート ACL ルールを作成しようとするプロトコルを指定しないとすると、プロトコルを使用しません「、」既定のプロトコルとして。この ACL のポートの規則が接続されている VM を更新すると、VM の更新は指定されたプロトコルが存在しないことを示すエラーで失敗します。

    エラー (50269)
    ポート ACL 用に選択したプロトコルが無効です: ' *'、TCP、UDP、または ANY を選択します。

    推奨される操作
    チェック ポート ACL リストが適用されます。


  • コンピューターに複数の階層のサービス インスタンスの部分がある場合、(依存するリソースの表示] をクリック) で論理ネットワークに依存するリソースを表示しようとするときに、次のエラー メッセージが表示されます。

    PowerShell スクリプトを実行中に不明なエラーが発生しました。
    「2」引数で [追加] の呼び出しで例外:"項目が既に追加されました。
    辞書のキー: key_in_dictionaryキーが追加されています。
    key_being_added

    操作をやり直してください。問題が解決しない場合は、マイクロソフト ヘルプとサポートにお問い合わせください。

    ID: 27235


  • ベア ・ メタル ・、配置時にホストの VMM の静的 MAC のプールからの MAC アドレスを指定できます。0 (00:00:00:00:00:00) として MAC アドレスを指定する場合は、プールから自動的に割り当てする必要があります。ただしの vNIC を管理 pNIC (一時的な NIC) で構成されているシナリオを指定する vNIC MAC アドレス ベア ・ メタル ・展開の失敗時にゼロの潜在顧客を処理し、次のエラーが発生します。

    エラー (21536)
    一時的な物理管理アダプターの MAC アドレス < MAC アドレス > は、仮想管理アダプターの MAC アドレス 00:00:00:00:00:00 は一致しません。

    推奨される操作
    一時的な物理および仮想の管理用アダプターで指定された MAC アドレスを修正し、操作を再度実行します。


    注: この問題を回避するには、管理 vNIC の MAC アドレスとホスト pNIC MAC を使用します。

  • VM テンプレートから生成 2 の仮想マシンを作成しようとしてプロセスが失敗した場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー (13206)
    Virtual Machine Manager には、仮想コンピューター < VM 名 > に、ブート ボリュームまたはシステム ボリュームが見つかりません。バーチャル マシンを結果として得られる可能性がありますを起動したり、正常に動作します。


    注: 更新プログラムのロールアップ 10 で修正された問題のこの問題の現象に似ています。ただし、シナリオとその原因とは異なる次のように。

    • 更新プログラムのロールアップ 10 で修正された問題:VMM が、ボリュームをマウントするには、待機していないと、起動可能なボリュームが見つからない。

    • 更新プログラムのロールアップ 11 で修正された問題:ボリュームのマウントが問題なく完了しました。ただし、ボリュームには、マウントがブータブルではない後が返されます。



    注: (複数根本的な原因) の複数の問題によってこの問題に記載されているエラー メッセージが原因であると、更新プログラムのロールアップの 11 では修正されていない次のシナリオの 1 つの問題があります。

    シナリオ:

    変換 windowsimage.ps1スクリプトを使用して Sysprep ed VHDX を作成すると、VHDX を使用してテンプレートを作成しにこのテンプレートから生成 2 VM を配置するときは、このエラー メッセージが表示されます。

    注: この問題を回避するには、任意のテンプレートを使用せず、VHDX で VM を作成します。、この仮想マシンからテンプレートを作成するのには VMM を使用することができますし、このテンプレートを使用するには問題なく生成 2 の仮想マシンを展開します。

この更新プログラムのロールアップ修正プログラム 1

修正プログラムは、この更新プログラムのロールアップに使用できます。修正プログラムでは、ゲスト OS として Windows Server 2016 をサポートする機能を追加します。詳細については、 KB 3199246を参照してください。

システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager のリリース バージョンで既知の問題

  • HPE ストア仮想サーバー アプライアンスの詳細の一部のホストが表示されません。

    12 または 16 ノード クラスターを 8 ノードのクラスターからクラスターを展開した後 HPE ストア仮想サーバー アプライアンス (VSA) の詳細、いくつかのホストが Virtual Machine Manager (VMM) コンソールに表示されないが移動します。ストレージ プロバイダーを更新または再スキャンを実行することはできません。

    注: 更新プログラムのロールアップの 11 の問題が解決しません。この問題を回避するのには影響を受けるホスト上で読み取り SCVirtualMachineコマンドを実行または影響を受けるホストの VMM コンソールから仮想マシンを更新します。これは、ため、VSA の詳細の [Virtual Machine Manager が設定されていることを確認します。

  • VMM ゲスト エージェントは、仮想マシンでは実行されません。

    サービス インスタンスを保持しようとすると、VMM ゲスト エージェントは、仮想マシンでは実行されませんし、これが原因で、VMM エージェント サービスがクラッシュします。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    警告 (22685)
    VMM がサービス層 < 名前 > のアップグレード ドメイン 0 の 1 つまたは複数の仮想マシンのゲストを構成するのには失敗しました。

    推奨される操作
    仮想マシン上のエラーを調査し、操作を再試行してください。

    エラー (22655)
    VMM は、< 名前 > のコンピューターから状態を取得できません。

    推奨される操作
    コンピューターが実行されていると、VM ゲストにエージェントを正常な状態のかどうかを確認してください。


    この問題は、VMM ゲスト エージェントは、(DPAPI によって保護されている) データを復号化しようとしていますが、暗号化に使用されるキーが見つかりません場合に発生する暗号化の適用除外のために発生します。

    注: 更新プログラムのロールアップの 11 の問題が解決しません。しようとするサービスの仮想マシンでこの問題を回避するのには"DownloadManagerMap.dat.old、"として"C:\\Program を指定してシステム センター 2012 R2\Virtual マシン マネージャー ゲスト エージェント R2\bin\Settings\DownloadManagerMap.dat"ファイルの名前を変更し、サービスを再起動します。

以前の既知の問題の更新プログラムのロールアップ

  • システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager 用の更新プログラムのロールアップ 8 またはそれ以降の更新プログラムの再インストール

    更新プログラム ロールアップ 8 またはそれ以降の更新プログラムのロールアップの再インストールが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    時間: InnerException.Type: 生じます、InnerException.Message: 'PK_tbl_WLC_ServiceTemplate' の制約を主キーの違反が発生します。オブジェクト 'dbo.tbl_WLC_ServiceTemplate' で重複するキーを挿入できません。重複するキーの値は、(5fddb85c-4ae5-4c8b-be83-9b2961a316dd) です。


    注: 更新プログラムのロールアップの 11 では、この問題は固定されません。正常に再インストールする更新プログラムのロールアップ 8 またはそれ以降の更新プログラムのロールアップ、以下の手順を実行します。

    1. 製品をアンインストールして、更新プログラムのロールアップ データベースを保持します。

    2. 保持されているデータベースでは、 PreR2ReInstallスクリプトを実行します。

    3. システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager のリリース バージョンをインストールするには、保持されているデータベースをポイントするプログラムにすることです。

      注: インストールが完了するが、VMM サービスが起動しない場合があります。

    4. 更新プログラム ロールアップをインストールし、ポスト インストールスクリプトを実行します。

    5. 自動的に起動しない場合は、VMM サービスを開始します。


    詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。

    Virtual Machine Manager を再インストールするときにデータベースを保持する方法を3132774

  • 高度利用できる VMM (HAVMM) のクラスターに新しいノードを追加します。

    HAVMM クラスターに新しいノードを追加して新しいノードに更新プログラム ロールアップ 8 またはそれ以降のロールアップをインストールして、次の例外が表示されます。

    時間: InnerException.Type: 生じます、InnerException.Message: 'PK_tbl_WLC_ServiceTemplate' の制約を主キーの違反が発生します。オブジェクト 'dbo.tbl_WLC_ServiceTemplate' で重複するキーを挿入できません。重複するキーの値は、(5fddb85c-4ae5-4c8b-be83-9b2961a316dd) です。


    更新プログラムのロールアップの 11 では、この問題は固定されません。この例外を解決するには、以下の手順を実行します。

    1. 2 番目のノードをクラスターに追加します。

    2. VMM をインストールする先のノードで、システム Center Virtual Machine Manager サービスを停止します。

    3. データベースでは、 PreR2ReInstallスクリプトを実行します。

    4. 2 番目のノードでは、既存のデータベースを指すには、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager のリリース バージョンをインストールします。

    5. 2 番目のノードでは、更新プログラムのロールアップをインストールし、ポスト インストールスクリプトを実行します。

    6. アクティブ ノードでは、VMM サービスを開始します。



    詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。

    仮想マシンの管理を再インストールするときにデータベースを保持する方法を3132774

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

入手して更新プログラムのロールアップ 11、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager をインストールする方法

ダウンロード情報

Virtual Machine Manager 用の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。



Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

管理者コンソール (amd64) の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

管理者コンソール (i386) の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

VMM サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update <packagename> たとえば、システム センター 2012 Virtual Machine Manager 2012 R2 サーバー (KB3184831) の更新プログラムのロールアップの 11 のパッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update kb3184831_vmmserver_amd64.msp
注: VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 11 の更新を実行するには、VMM コンソールとサーバーの更新の両方をインストールする必要があります。詳細については、Microsoft TechNet web サイトのインストール、削除、またはシステム センター 2012 VMM の更新プログラムのロールアップを確認する方法のトピックを参照してください。

関連情報

サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×