修正プログラム ロールアップは、.NET Framework 3.5 SP1 の Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の Windows 通信基盤の問題を修正します。

はじめに

この資料では、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで Windows Communication Foundation (WCF) のいくつかの問題を修正する修正プログラムのロールアップについて説明します。修正プログラムのロールアップは、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) に適用されます。この修正プログラム ロールアップで修正される問題の詳細については、各資料、マイクロソフト サポート技術情報を表示するのには次の資料番号をクリックします。

  • 971841の修正: TCP トランスポートを使用して、チャネルは、高負荷条件下でキャッシュを有効にする.NET Framework 3.5 ベースの WCF サービスを実行すると、パフォーマンスの問題が発生します。

  • 971842を修正します.NET Framework 3.5 では、期待どおりに、ロード バランサーの代わりにアクセスできない内部インスタンスを WCF WSDL ドキュメント内の Uri 参照してください。

  • 973606を修正する: クライアントは、ユーザーが SSL 認証用の自己署名証明書を作成する WCF サービスを呼び出すと、認証が失敗しました。

  • 971493の修正: WCF セキュリティで保護されたメッセージを送信して、セキュリティ保護されていない応答を受信してセキュリティ保護されていないメッセージを送信して、セキュリティで保護された応答を受信するを有効にする修正プログラムは、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 の使用

詳細

修正プログラムのロールアップを入手するには、ダウンロードしてマイクロソフト サポート技術情報資料 981002 に記載されている修正プログラムを適用します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

981002修正プログラム ロールアップは、.NET Framework 3.5 SP1 の Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Windows 通信基盤の構築に使用可能です

関連情報

マイクロソフトがリリース後にソフトウェアを修正するときに使用する用語についての詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×