初心者でもわかる! 「Outlook が起動しない」「起動時にエラーが表示される」ときの対処法 : データ ファイルのパスワードを要求される

ホーム > トラブル 5 

トラブル 5: データ ファイルのパスワードを要求される


パスワードを解除する

パスワードを覚えている場合は、正しいパスワードを入力すれば Outlook を起動できます。他の人に見せたくないメールがある場合は、そのままパスワードを利用することで、データを守ることができます。パスワードが不要であれば、次の手順でパスワードを解除できます。

  1. [パスワード] に正しいパスワードを入力

  2. [OK] ボタンをクリック


  3. Outlook が起動したら、[ファイル] タブをクリック

  4. [情報] の [アカウント設定] ボタンをクリック

  5. [アカウント設定] をクリック
    注 : Outlook 2007 では [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。


    Outlook 2003 の場合は、起動したあと、次のように操作して手順 9 に進んでください。


    1. [ファイル] メニューの [データ ファイルの管理] をクリック

    2. 「個人用フォルダ」を選択して [設定] ボタンをクリック

  6. [データ ファイル] タブをクリック

  7. データ ファイルを選択

  8. [設定] ボタンをクリック


  9. [パスワードの変更] ボタンをクリック


  10. [使用中のパスワード] に正しいパスワードを入力

  11. [新しいパスワード] を空欄

  12. [パスワードの確認] を空欄

  13. [OK] ボタンをクリック


  14. [OK] ボタンをクリック


  15. [閉じる] ボタンをクリック

  16. Outlook を再起動して、パスワードのダイアログ ボックスが表示されないことを確認してください。


新しいプロファイルを作る

パスワードを忘れてしまった場合は、残念ながら、過去に送受信したメールや登録した連絡先のデータを表示することはできません。新しいプロファイルを作れば、新しいメールを送受信したり新しい連絡先を登録したりすることは可能です。「プロファイル」とは、使用する電子メール アカウントと各アカウントのデータ格納場所を記録するために使用されるものです。新しいプロファイルを作るときは、インターネット サービス プロバイダーから提供されたメール アドレスやメール サーバーの情報が必要になりますので、プロバイダーから送られてきた書類を確認し、必要な情報をメモして手元に置いて作業をすすめてください。

  1. [スタート] ボタンをクリック

  2. [コントロール パネル] をクリック


  3. コントロール パネルを起動したら、[ユーザー アカウントと家族のための安全設定] をクリック
    注: Windows XP では [ユーザー アカウント] をクリックします。


    コントロール パネルの右上にある [表示方法] が「カテゴリ」になっていない場合は、クリックして「カテゴリ」に変更してください。


  4. [メール] をクリック
    注 : 「メール(32 ビット)」と表示される場合もあります。


  5. [プロファイルの表示] ボタンをクリック
    注 : Windows XP では [プロファイル] ボタンをクリックします。


  6. [追加] ボタンをクリック


  7. [プロファイル名] に新しいプロファイル名を半角で入力する。ここでは「Outlook2」と入力

  8. [OK] ボタンをクリック


  9. [電子メール アカウント] をオン

  10. [名前] に自分の名前を入力

  11. [電子メール アドレス] に自分のメール アドレスを入力

  12. [パスワード] と [パスワードの確認入力] にメールを受信するときのパスワードを入力

  13. [次へ] ボタンをクリック


    Outlook 2003 の場合は、次の順番で名前や電子メール アドレスを設定します。



    入力する情報については、お手元のプロバイダーから送られてきたメール アドレスやメール サーバーなどの情報が書かれた書類や、以下の各プロバイダーのページもあわせてご確認ください。

    参考 : 主なプロバイダーの一覧

    1. [新しい電子メール アカウントの追加] を選択して [次へ] ボタンをクリック


    2. [POP3] を選択して [次へ] ボタンをクリック


    3. [名前]、[電子メール アドレス]、[受信メール サーバー]、[送信メール サーバー]、[アカウント]、[パスワード] を設定して [次へ] ボタンをクリック

  14. 設定が完了したら [完了] ボタンをクリック


  15. [常に使用するプロファイル] をオン

  16. 手順 5 で作成したプロファイル名 (この例では「Outlook2」) をリストから選択

  17. [OK] ボタンをクリック


以上で新しいプロファイルの作成は終了です。Outlook を起動して、正常に起動できるかどうか、起動した場合は正常にメールの送受信ができるかどうかを確認してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×