ホーム > 受信できない : 送信者から配信不能メールを受け取ったといわれた

送信者から配信不能メールを受け取ったといわれた

メールを受信できないときは、受信側ではなく、送信側に問題がある場合もあります。たとえば、

  1. 送信者の指定したメール アドレスが間違っていたら、当然メールは正しく届きません。

  2. 送信者がサイズの大きい画像をメールに添付しているときも、受信できないことがあります。

いずれの場合も、送信者にはメールを送信できなかったことを知らせる「配信不能メール」が届きます。送信者が、この「配信不能メール」を受け取ったと言っている場合は、次の 2 つを確認してもらいましょう。





a. メール アドレスが間違っていないかどうか確認してもらいましょう。

メール アドレスの入力では、特にピリオド「.」やアンダー スコア「_」は見落としがちなので注意が必要です。また、メールアドレスを全角で入力していても送信することはできません。



b. 添付したファイル サイズを小さくしてもらいましょう。

まずは、ファイルを添付しないでメールを送信してもらってみてください。受信できた場合は受信すること自体には問題がありません。ファイル サイズを小さくしてもらってから、再度メールに添付して送信してもらいましょう。





以上の確認をしても理由がわからない場合、もしも送信者が配信不能メールを受け取っていたら、それが原因を知る手がかりになる場合がありますので調べてもらいましょう。


配信不能メールには、エラー メッセージが書かれていますので、そのエラー メッセージを手がかりに、送信者が契約しているインターネット サービス プロバイダー (ISP) が公開している「よくある質問」などの関連情報ページで原因を確認してもらうのも 1 つの方法です。また、「配信不能メールが戻ってくる」も参考にしてください。



※ 配信不能メールの例。エラー メッセージは日本語ではなく、英語の場合もあります。





ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×