初心者でもわかる! Outlook 添付ファイルのトラブル対処法 : 受信トラブル 3

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

> 受信トラブル 3

「このファイルを開けません」と表示された

受信メールの添付ファイルをダブルクリックすると、次のように「このファイルを開けません」と表示されることがあります。



このメッセージは、添付ファイルを表示したり編集したりするアプリケーションがパソコンにインストールされていない場合、またはアプリケーションはインストールされていても、アプリケーションとファイル拡張子が関連付けられていない場合に表示されます。

編集用のアプリケーションがインストールされていない場合の対策

  • 添付ファイルを扱えるアプリケーションをダウンロードしたり、購入したりしてインストールする。

  • 送信者に、受信者のパソコンにインストールされているアプリケーションで利用できるファイル形式に変換してもらい、送りなおしてもらう。

編集用アプリケーションがインストールされている場合の対策

アプリケーションはインストールされていても、アプリケーションとファイル拡張子が関連付けられていない場合は、アプリケーションを指定することでファイルを開くことができます。
具体的な手順は次を参照してください。




なお、表示や編集用のアプリケーションがわからない場合は、Web ページで確認することも可能です。
確認する方法は次を参照してください。




通常、ファイル拡張子とその拡張子のファイルを開くときのアプリケーションの関連付けは、Windows に保持されています。たとえば、PowerPoint であれば、拡張子「.ppt」のファイルと関連付けられているため、拡張子「.ppt」のファイルをダブルクリックすると、関連付けられている PowerPoint が起動します。何らかの原因で、この関連付けが行われていない場合は、ユーザーがアプリケーションを指定する必要があります。

編集用アプリケーションがインストールされているのにファイルが開けない場合は、以下の手順でアプリケーションを指定することでファイルを開くことができます。

  1. [インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する] を選択

  2. [OK] ボタンをクリック


  3. 表示されたダイアログ ボックスでアプリケーションを選択

  4. [OK] ボタンをクリック

  5. 選択したアプリケーションが起動してファイルが開く


    表示されたダイアログ ボックスに目的のアプリケーションが表示されない場合は、[ほかのプログラム] の右端にあるボタンをクリックすると


    他のアプリケーションが表示されて選択できるようになります。


ファイルを開くためのアプリケーションがわからない場合は、以下の手順で確認することができます。

  1. [Web サービスを使用して正しいプログラムを探す] を選択

  2. [OK] ボタンをクリック


  3. Web ブラウザーが起動して、ファイルを開くためのアプリケーションの情報が表示される


    Word、Excel、PowerPoint がインストールされていないパソコンでも、無料で利用できる閲覧専用のソフトウェア (Viewer) をダウンロードしてインストールすれば、Word、Excel、PowerPoint のファイルを表示できます。

    • (Word ファイルの閲覧専用ソフトウェア)

    • (Excel ファイルの閲覧専用ソフトウェア)

    • (PowerPoint ファイルの閲覧専用ソフトウェア)


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×