ホーム
パターン 1 作業の流れステップ 1
ステップ 2ステップ 3 > ステップ 4

ステップ 4 : Windows 7 パソコンで、Windows Live メールにメールデータを取り込む



Windows Live メールの起動

  1. [スタート] をクリック

  2. [Windows Live Mail] をクリック



    この画面で 「Windows Live Mail」 が見当たらないときは、[スタート] をクリックした後に、[すべてのプログラム] をクリックしてから、[Windows Live メール] を探して、クリックしてください。

    下のような画面が出たときは、[承諾] をクリックします。




  3. [キャンセル] をクリック

    初めて Windows Live メールを起動したときは、新規にアカウントを作成する画面が開きますが、閉じておきます。

アカウント設定の取り込み

最初にアカウント設定から取り込んでいきます。メールやアドレス帳より先にアカウント設定を取り込むと、作業がスムーズに進むからです。
デスクトップにコピーした 「メール移行用」 フォルダーから、アカウント設定を Windows Live メールに取り込みます。

  1. をクリック

  2. [オプション] をクリック

  3. [電子メール アカウント] をクリック



  4. [インポート] をクリック



  5. [デスクトップ] をクリック

  6. [メール移行用] をダブル クリック

    この作業で、デスクトップにある 「メール移行用」 フォルダーを開いたことになります。


  7. [○○.iaf] と書かれたファイルをクリック

    ファイル名の最後に 「iaf」 と付いているファイルが、アカウント設定のファイルです。


  8. [開く] をクリック



  9. メールの項目に取り込んだアカウント設定が追加されていることを確認

  10. [閉じる] をクリック



  11. アカウント名が表示されていることを確認

    アカウント設定を取り込み終えた段階で、パソコンがインターネットに接続されていれば、新しいメールを受信する場合があります。


メールの取り込み

アカウント設定の次に、メールを取り込みます。

  1. をクリック

  2. [メッセージのインポート] をクリック



  3. [Microsoft Outlook Express 6] をクリック

  4. [次へ] をクリック



  5. [参照] をクリック



  6. [メール移行用] をクリック



  7. 「Outlook Express」 をクリック

  8. [OK] をクリック

    「Outlook Express」 が、メールデータが保存されているフォルダーです。


  9. [次へ] をクリック



  10. [すべてのフォルダー] にチェックを入れる

  11. [次へ] をクリック

    「Outlook Express」 が、メールデータが保存されているフォルダーです。


  12. [完了] をクリック



  13. [インポートされたフォルダー] をクリック



  14. [受信トレイ] をクリック

  15. これまで使っていたパソコンからコピーしたメールが読めることを確認。


メールの移動

[インポートされたフォルダー] から、使用するアカウントの受信トレイにメールを移動します。

  1. [フォルダー] タブをクリック

  2. [受信トレイ] をクリック

  3. 受信トレイ内のメールを全部選択

    ひとつのメールをクリックした後、Ctrl を押しながら、A を押すと、フォルダー内のすべてのメールが選択されます。


  4. [メッセージの移動] をクリック



  5. [受信トレイ] をクリック

    取り込んだアカウント設定 (例では 「user-mail」) 内の 「受信トレイ」 を選択します。


  6. [OK] をクリック



  7. [インポートされたフォルダー] 内のメールが消えていることを確認



  8. [受信トレイ] をクリック

    取り込んだアカウント設定内の 「受信トレイ」 を選択します。


  9. 移動したメールが表示されていることを確認

フォルダー分けしていたメールの移動

メールをフォルダー分けして管理していた場合は、移動先にフォルダーを作成してから移動します。
メールは、上で紹介した方法以外に、ドラッグ アンド ドロップでも移動できます。こちらでは、ドラッグ アンド ドロップによる移動方法を解説します。

  1. 移動元であるフォルダーを確認

    [インポートされたフォルダー] 内の [受信トレイ] にあるフォルダーをクリックします。ここでは 「sub」 というフォルダー内のメールを移動します。

  2. フォルダーを作成する場所を右クリック

    ここでは移動先の [受信トレイ] を右クリックします。


  3. [フォルダーの作成] をクリック



  4. フォルダー名を入力

    移動元と同じフォルダーの名前を付けておくと、作業がスムーズです。


  5. [OK] をクリック



  6. [受信トレイ] に新しいフォルダーが作られたことを確認



  7. 移動元のフォルダーをクリック

  8. 移動したいメールを選択

    フォルダー内のメールをまとめて移動するときは、ひとつのメールをクリックした後、Ctrl を押しながら、A を押すと、フォルダー内のすべてのメールが選択されます。


  9. ドラッグ アンド ドロップで移動



空になったフォルダーを削除

中身を移動し終えた 「インポートされたフォルダー」 は必要ありません 。空になったフォルダーを削除しておきましょう。

  1. [インポートされたフォルダー] を右クリック

  2. [削除] をクリック



  3. [はい] をクリック



  4. 「インポートされたフォルダー」 が削除されていることを確認


アドレス帳の取り込み

保存したアドレス帳を、Windows Live メールに取り込みます。

  1. [アドレス帳] をクリック



  2. [インポート] をクリック

  3. [Windows アドレス帳] をクリック



  4. [デスクトップ] をクリック

  5. [メール移行用] をダブル クリック



  6. [アドレス帳] をクリック」

    アドレス帳のファイル名は、これまで使っていたパソコンでアドレス帳の保存の作業をしたときに付けたファイル名が表示されます。


  7. [開く] をクリック



  8. [OK] をクリック



  9. アドレス帳が取り込まれたことを確認

以上で、アドレス帳の取り込みは終了です。

これでメールデータの移行は終了です。


確認 Windows 7 パソコンにメールデータが移行されていることを確認するへ進みます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×