大きいサイズの拡張メタファイルを Excel 2013 へ挿入するとぼやけて表示される

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

サイズの大きな (例えば、縦 800px 横 1200px 等の) 拡張メタファイルを Microsoft Excel 2013 に挿入すると、ベクターで構成されている図であっても、ビットマップ形式で描画されたようにぼやけて表示されます。

回避策

以下の方法で回避します。

  1. 図形を右クリックします。

  2. 図の書式設定を選択します。

  3. 下記のように影を設定します。

    • 透明度 : 0%

    • サイズ : 100%

    • ぼかし : 0 pt

    • 角度 : 0°

    • 距離 : 0 pt

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順
以下は、問題が発生する手順の一例です。

  1. 大きなサイズ (幅 800px、高さ 1200px 等) の EMF ファイルを用意します。

  2. Excel 2013 を起動し、用意した EMF ファイルを挿入します。

  3. Excel 2013 上で、EMF ファイルの [図の書式設定] より、"高さの調整" "幅の調整" をいずれも 100% とします。

結果
図の内容が鮮明にならず、ぼやけて表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×