小売インセンティブに関する Faq

全般的な FAQ

認定されたディストリビューターを通じて製品を購入すると、小売インセンティブがパートナーに適用されます。 そのため、クレジットメモによるインセンティブの所得は支払われません。 これらのパートナーは、インセンティブの収益を電信送金で支払うことができるように、銀行情報を提供する必要があります。

Microsoft パートナーのネットワーク契約に同意する必要があります。これは、MPN ID を発行しなければならないということです。これは、小売用のインセンティブプログラムの支払いを受け取り、今後提供されます。

Microsoft は、該当する MPNLocationID の MPN 管理者に、プロセスを開始するための招待を送信します。 このメールは、 Microsoft パートナーセンター <Msftpc@microsoft.com> Subject から送信されます。 パートナーインセンティブ登録招待状

また、パートナーセンターのホームページに「お客様の会社は、インセンティブプログラムに登録するよう招待されました」というテキストが表示されます。 注メッセージをクリックすると、もう一度確認することはできませんが、管理者は、[ユーザー管理] に移動して、新しく利用可能なインセンティブの役割を適切なユーザーに割り当てることでプロセスを開始できます。

グローバル管理者である必要はありません。 MPN 管理者は、必要に応じて他のユーザーを登録し、インセンティブ管理者になることはできますが、グローバル管理者は新しいユーザーアカウントをセットアップできます。 このツールを通じて会社の報奨を管理するには、グローバル管理者である必要はありません。

ダッシュボードは https://partner.microsoft.com にあります。

このサイトで Microsoft Edge、Chrome、Firefox のいずれかを使用することをお勧めします。 すべての機能が使用できないため、Internet Explorer を使わないでください。

会社のデータのプライバシーとセキュリティを保護するために、Microsoft は、このデータを新しいツールにコピーするときに、そのデータを公開することを希望していません。 これは、データが完全かつ正確であることを確認するための優れた機会でもあります。

会社の銀行口座に支払いを行うには、該当する情報が必要になります。そのため、小売用のインセンティブプログラムに登録するときは、この情報を手元に用意しておく必要があります。 地域によっては、IBAN、並べ替えコード、BIC、SWIFT、または銀行コードの指定が必要な場合があります。 取引先企業の受益者名も必要です。つまり、銀行にはお客さんに質問してもらう必要があります。 画面に表示される指示に従って、お客さまの位置に応じた指示に従ってください。

インセンティブプログラムで enrol に招待された場合は、 支払プロファイルで支払いを行う必要がある銀行口座の詳細を入力することができます。

詳細を変更するには、[MPN の概要] ページに移動して、[パートナーアカウント] の下の [パートナープロファイルの表示] を選択します。左側のウィンドウのメニューから、"支払いと税金" を選択します。既存の支払いプロファイルを編集したり、新しい支払いプロファイルを追加したりできます。

支払いを行うために Microsoft によって使用される出金通貨を選択してください。 現地の通貨が異なっている場合は、Microsoft が毎月設定した為替レートを使用して、その通貨で支払いが行われます。 選択された通貨に基づく値の変更については、パートナーが責任を負います。

会社が所在している場所に応じて、VAT 番号、地域番号、または関連する国の税識別番号を指定できます。画面に表示される指示に従って操作します。

この情報を編集する権限を持つインセンティブ管理者の役割が、適切な従業員のみに付与されていることを確認することが、会社の責任となります。

小売店では、5つの小売インセンティブプログラムの支払いは、同じ銀行口座にもアクセスできます。 または、小売店が別の銀行口座に支払われているときに、小売の Xbox 支払いを1つの銀行口座にまとめることもできます。

少なくとも1つのインセンティブ管理者を設定して、MPN 管理者がインセンティブを有効にするまで、左側のパネルのメニューに [インセンティブ] は表示されません。 このオプションを有効にするには、MPN Location ID を Microsoft に確認してから、サポートチームが特典を登録する場所を招待します。 注: [Account Admin] と [報奨] の役割に限り、左側のメニューバーに [インセンティブ] オプションが表示されます。

有効な契約を結んでいるすべてのパートナーは、パートナーセンターのインセンティブの登録を Microsoft が今後会計年度にロールフォワードしたことになります。 パートナーが操作を行う必要はありません。

既定では、すべての MPN メンバーが Azure プログラムに含まれています。また、シルバーまたはゴールド MPN のメンバーシップを含む資格要件を満たしている場合は、登録が開始されます。これは、すべての小売パートナーに適用されるわけではありません。詳細については、https://support.microsoft.com/en-ie/help/3073460/can-i-join-the-microsoft-azure-incentives-program

お客さまの地域の アカウントマネージャに連絡してください。

 

お支払いに関する Faq

次回の支払いサイクルで支払いが保留中の場合 (通常は10より前) 各月の値の $200 よりも下。

USD 200 (または通貨換算) 未満の支払いは、合計額が USD 200 を超えるまで支払いが行われます。 USD 200 以上の支払いは、次のスケジュールされた支払いサイクルで支払われます。 支払額が小売プログラム年度の年末に USD 200 未満の場合、金額は forfeited になります。 ダッシュボードには、未払いの収益として表示されます。

コード RTLOFF、RTLPCA、RTLPCA、RTLSUR、または RTLXBX は、お客さまの銀行への支払いによって提供される支払参照情報に含まれています。詳細については、以下を参照してください。https://support.microsoft.com/en-ie/help/4483767/how-do-i-identify-which-incentive-program-a-payment-i-received-is-for

トップメニューバーの右側にある [ 支払い ] アイコンをクリックして、トランザクション履歴と支払いのどちらかを選択します。

[ 取引履歴 ] タブには、今後の支払いと最近の支払いが表示されます。 状態は、次のように表示されます。

  • 未処理: 計画済み (支払いのために送信済み)、まだ承認されていません

  • 今後: 承認されましたが、まだ送信されていません

  • 送信: 有料–支払い参照 ID が含まれています。

[ 支払い ] タブには、支払い済みまたは今後の支払い (保留中) が表示されます。つまり、承認された支払いと未処理の支払いは表示されません。

[達成日] は、支払いが計算され、承認および支払いのために送信された日付で、7月の支払いの達成日は6月になります。

詳細については、「推奨される解決策」を参照してください。

利用可能なトランザクションレベルレポートの詳細については、「推奨される解決策」のレポートを参照してください。支払いが調整またはリベートの支払いであるかどうかを示すレポートが表示されます。残念ながら、調整 (登録日より前の収益) では、行の項目レベルの情報は提供されません。

リベートの場合、プログラムまたは申し出の名前と、各プログラムまたは特典の下に表示されるインセンティブを持つ行項目を表示できます。

たとえば、100ユニットの製品ファミリまたは製品ファミリでは、1単位あたり $5 の単位で $500 を使用していますが、の製品または製品ファミリは、1つのプランの1単位にを12345適用した状態で、を使用している場合は、77の合計額が表示されます。 エクスポートしたファイルの右側にスクロールして、プラン名やプログラム名と詳細を検索します。

ヒント: "ExternalReferenceID" で単純なピボットを作成し、EarningAmount と、概要ビューに含めるその他のフィールドを作成します。

Microsoft は、毎月設定される内部為替レートを適用します。 現地の通貨が異なっている場合は、Microsoft が毎月設定した為替レートを使用して、その通貨で支払いが行われます。 選択された通貨に基づく値の変更については、パートナーが責任を負います。 Microsoft rate を使用しないようにするには、お使いのプログラム文字で Microsoft が使用した出金通貨を選ぶことをお勧めします。

お客さまの地域の アカウントマネージャに連絡してください。

 

報告に関する Faq

詳細については、次のページを参照してください。 https://docs.microsoft.com/en-us/partner-center/understand-incentive-payouts

登録後、そのプログラムの新しいプロセスで行われた 将来 の支払いは、ダッシュボードに表示されます。

開始するには、トップメニューバーの右側にある [ 支払い ] アイコンをクリックして、取引履歴と支払いのどちらかを選択します。

[支払い]:支払い日と支払参照番号の合計を示すサマリーレベルです。概要情報とグラフィックスでは、情報が USD で表示されますが、その下に表示される支払いの詳細には、支払通貨と USD の両方の値が入力されています。

[支払方法別の詳細] からクリックして、各支払いの背後にある取引明細を表示したり、お支払いの送金用レターの PDF をダウンロードしたりできます。

表示されるフィールドの説明については、次のページを参照してください。

https://docs.microsoft.com/en-us/partner-center/understand-incentive-payouts#payments-page

取引履歴には、支払いの行項目レベルの詳細が表示されます。

注 [ホーム] ページでは、表示が USD で表示されます。 [エクスポート] をクリックすると、詳細なレポートをダウンロードして入手できます。 フィルターを適用できるのは、MPNID レベル、支払い ID、支払いの状態です。 [時間] フィルターオプションは、フィルターの右側に表示されます。3/6/12/36 か月の期間、またはユーザー設定の期間を選ぶことができます。

注: [データのエクスポート] ページは、自動的には更新されません。 ファイルをダウンロードする準備ができているなど、最新のデータが表示されるようにページを手動で更新する必要がある場合があります。

[所得/支払い] タブの両方で、収益/支払いに関する詳細情報を提供する取引レポートを1件あたりにダウンロードできます。

[支払い] タブには、2つのセクションがあります。1つは [今後の支払い] と [最近の支払い]、残りの [明細書] です。

  1. トランザクションレポート –その対象期間の支払いに関連付けられたすべての行項目を提供する zip ファイルです。

    • "トランザクション参照 ID" というタイトルの列には、その行の項目に適用されるプログラムまたはプランと期間が示されます。

    • 製品列は、インセンティブを獲得した製品ファミリまたは SKU を特定します。

    • [取引金額] には、その製品に対して達成率を乗算した合計が表示されます。

    • 注 [収益の種類がリベートの調整の場合、レポートには詳細は表示されません。

  2. [支払の送金 ]: 支払日と支払 ID または参照番号と共に支払われた支払い金額の合計が表示された PDF です。支払いページからダウンロードできます。

この zip ファイルでは、四半期単位または月単位のプログラムと特典 (特別な案件/プロモーション) と、その要求に含まれている製品ファミリまたは SKU による各支払いのブレークダウンが提供されます。

主なフィールドは次のとおりです。

  • 売上高 = その行項目の合計値。これは、数量による収益率の積に基づいています。

    • 割引率は、1単位あたりのインセンティブを獲得した金額です。

    • [数量] は、インセンティブを獲得したユニットの数です。 一部の階層型プログラムでは、qty x 料金は適用されませんが1と表示されます。

  • 支払い状態は支払い済みかどうかを示します (未処理)

  • Part number/SKU 番号は、該当する場合にインセンティブを獲得した特定の製品です。

  • 製品名は、特典を適用した製品ファミリです (例: Office Home and Student/Xbox One X 1TB コンソール)。

  • ExternalReferenceIdは、行項目に関連するプログラムまたはサービスを提供するプログラム、または Q2 や3月などの期間を指定します。例: FY19-OFFICE ATTACH プログラム-毎月の支払いサイクル: 5 月

  • ExternalReferenceIdLabel は、Office Attach などのプログラム、または黒色の金曜日プロモーションのようなプランについて、行の項目が区別されます。

ダウンロードに含まれるフィールドの詳細な説明については、 https://docs.microsoft.com/en-us/partner-center/understand-incentive-payouts#transaction-history-pageを参照してください。

ヒント: "ExternalReferenceID" で単純なピボットを作成し、EarningAmount と、概要ビューに含めるその他のフィールドを作成します。

この情報は既定で3ヶ月のデータ (3m) に設定されていますが、支払いに従来のプランまたは四半期の支払いが含まれていた場合、その四半期の開始日が3ヶ月を超えている場合は、これらの行項目はエクスポートされません。 期間を展開して、もう一度やり直してください。

注特定の支払い ID をフィルター処理している場合でも、時間フィルターが適用されるため、いくつかの明細行項目が存在しない可能性があります。

注: 関連付けられている MPN の id とプログラムのデータのみが表示されます。追加データにアクセスする場合は、「インセンティブ管理者」を参照してください。

[支払い] ページまたは [トランザクション履歴] ページから [エクスポート] ページにアクセスしても、フィルターは処理されません。[データのエクスポート] ページでそれらの操作をやり直す必要があります。

パートナーダッシュボードに登録する前に収益が得られましたが、登録した後で支払いを行うために、Microsoft が別の支払い処理を使用しています。その結果、これらの支払いがレポートに表示されるようになります。

例: 4 月のお客様登録日と第3四半期の支払いは、Q3 年5月に行われます。収益の期間 (Q3 = 1 月 ~ 3 月) が enrolment の日付より前の場合、これらの支払いは調整として表示されます。

詳細なトランザクションレポートには、"計算の種類 = リベートの調整" と表示されます。

注支払いの調整については、レポートには製品やプログラム/特典情報の詳細な内訳は記載されていません。

市販プログラムの場合、複数のレバーが使用されているため、このレポートには収益がどのように分割されているかが示されます。

お客さまの地域の アカウントマネージャに連絡してください。

 

多国籍パートナーに関する特別な考慮事項: Microsoft パートナーネットワークに参加する/奨励金を登録する

Microsoft パートナーネットワークの登録は、同じドメイン (PartnerName.com) を使用している場合に、会社の職場ドメインにリンクされているため、すべての場所を 1 つ の mpnhq で設定する必要があります。

使用中のメールドメインが異なる場合 (PartnerName.co.uk、PartnerName.fr、PartnerName.ca など)、個別の MPN HQs をそれぞれ作成したり、1つの本部を別々の場所で設定したりすることができます。 ドメインがどのように設定されているかによって、同じ AAD (Office 365 サブスクリプションの場合など) が使用される場合もありますが、同じドメインの場合と同様に機能します。 「マルチドメイン」アクセスを有効にする必要がない場合は、MPN のサポートにお問い合わせください。

勤務先のドメインまたは Office365 サブスクリプションに基づいて会社の既存の MPN がある場合は、その HQ の下にユーザーとして割り当てられます。 以下で説明する [場所] オプションを使用して、支社ごとに固有の MPNIDs で個別の国を設定することができます。 必要な役割を取得するには、本部の MPNAdmin またはグローバル管理者との間でコーディネートする必要があります。

ユーザーを表示しているユーザーを確認でき ます。

MPNAdmin またはグローバル管理者にフィルターを適用して、適切なインセンティブの役割を割り当てられるように依頼する必要があるユーザーを確認します。

または、パートナーアカウントをクリックしてパートナープロフィールを表示することで、本社の主要な連絡先を特定し、それらのユーザーと協力して、自分の位置情報を独自の MPN LocationID で設定することができます。これでも解決しない場合は、 https://partner.microsoft.com/support

Microsoft パートナーネットワークの登録は、会社の職場ドメインにリンクされています。同じドメインが国際的に使用されている場合 (PartnerName.com)、すべての場所を 1 つ の mpnhq で設定する必要があります。そのため、MPN ID の管理者全体に共同 ordination を行う必要があります。 新しい場所を簡単に追加することができます。 注 [パートナープロファイル] の下にある場所を追加できるのは、管理者ロールの1つだけです。 その場合は、[場所の追加] をクリックして、適切な名前、ie PartnerName、Country、およびその場所の連絡先名などのフィールドに入力する必要があります。

例: PartnerName.com には、123456の MPNHQ ID があります。 本社は米国内にあり、米国の場所 ID でもあります。 さらに、カナダの場合は123458、ドイツの場合は123459、シンガポールの場合は123465となります。

はい、「本部」の下にある 場所ごと にインセンティブ支払いが行われます。 それぞれの場所に異なる銀行口座を割り当てることができます。 小売店での支払いを1つのアカウントに、管理された再販業者の支払いを別のアカウントに対して行う場合、複数の銀行口座または支払いプロファイルを任意の場所に対して設定できます。

各場所には、ユーザーのローカル管理を容易にするために、独自の MPN 管理者を設定できます。 この MPN 管理者は、インセンティブ管理者を割り当てて、自分の所在地の銀行詳細を管理することができますが、銀行の詳細を表示したり編集したりすることはできません。

パートナーのプロファイルを表示するためにパートナーアカウントをクリックすると、その MPNID の主要な連絡先を特定し、それらのユーザーと協力して、その場所を独自の MPN LocationID で設定することができます。または、[ユーザーの表示] をクリックして、自分の場所に対して既に MPNAdmin が設定されているかどうかを確認することもできます。これでも解決しない場合は、 https://partner.microsoft.com/support

MPN ID を作成するときに、国の既定値 (変更できません) は、自国の国ではなく、Azure Active Directory (AAD) に既存の Microsoft アカウントがあるか、または AAD の作成時に設定が正しくないことが原因です。

推奨されるオプション:

  1. 国内が組織の本部である場合は、本社の住所の詳細を入力します。

  2. 国が自分の所在地ではない場合、または会社の所在地がわからない場合は、MPNID を取得するアカウントの作成に進み、MPNSupport (https://partner.microsoft.com/support ) に連絡して国を変更してもらうことができます。

 

お客さまの地域の アカウントマネージャに連絡してください。

 

サポートに関する Faq

  1. Https://partner.microsoft.com/Support/のhttps://partner.microsoft.com/Support/「問題を報告する」セクションに移動します。

  2. ここから「カテゴリ」ドロップダウンから「MPN」を選択し、「トピック」セクションの「アカウント」、「オンボード」、「アクセス」を選択します。

  3. [サブトピック] ドロップダウンから必要な関連トピックを選択します。

 

推奨される解決策に必要な情報が見つからない場合、またはキーワードで検索するオプションを使用している場合は、[問題の詳細を表示] をクリックしてサポートチケットを作成できます。

お客さまの地域の アカウントマネージャに連絡してください。

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×