問題

/PrepareSchemaと共に exchange Server のセットアップを実行して、既存の exchange ハイブリッド環境のスキーマを更新すると、次のエラーメッセージが表示されます。

Office 365 とのハイブリッド展開が検出されました。 セットアップを実行しているかどうかを確認してください。 Tenant組織構成スイッチを使用するには、まず PowerShell 経由で Exchange Online テナントに接続し、次のコマンドを実行します。 "取得-組織の構成 |Export-Clixml-Path Mytenant組織の Config.xml "。 XML ファイルが生成されたら、Tenant組織構成スイッチを使用してセットアップを実行します。 "/tenant組織構成 Mytenant¥ Config.xml"。 このメッセージが引き続き表示される場合は、指定された XML ファイルが破損しているか、または、オンプレミスの Exchange インストールを Exchange バージョンの Office 365 テナントと互換性のないビルドにアップグレードしようとしていることを示します。 オンプレミスの Exchange インストールをアップグレードする前に、Office 365 テナントを互換性のあるバージョンの Exchange にアップグレードする必要があります。

エラーメッセージに記載されている手順に従って XML ファイルを生成した後、 /PrepareSchemaと共にセットアップを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます。

パラメーター ' Tenantの構成 ' は、現在の操作 ' PrepareSchema ' に対して無効です。 セットアップのチェックに失敗しました。コマンドラインの引数が無効です。

原因

/PrepareSchemaスイッチは、スキーマ操作に対してのみ有効です。 /Tenant組織構成スイッチは、 /PrepareADスイッチと共に使用されます。

解決方法

この問題を解決するには、/PrepareADおよび/ tenant組織構成スイッチを使用してセットアップを実行します。 たとえば、以下のコマンドを実行します。

Setup.exe /PrepareAD /TenantOrganizationConfig MyTenantOrganizationConfig.xml /IAcceptExchangeServerLicenseTerms 

注: このシナリオでは、 /PrepareADスイッチを実行することで、スキーマ拡張が暗黙的に実行されます。 そのため、これらの手順を完了するには、 /PrepareADの手順を実行するために必要な権限に加えて、スキーマの変更を実行するためのスキーマ管理者権限が必要です。

詳細情報

詳細については、「 Active Directory とドメインを準備する」を参照してください。さらにヘルプが必要な場合 Microsoft コミュニティまたはExchange TechNet フォーラムに移動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×