概要

この資料では、追加される新機能および Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 10 で修正される問題について説明します。以下の更新プログラムは、システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM) 使用することができます。

  • VMM サーバー

  • 管理者コンソール

  • ゲスト エージェント

さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 10 のインストール手順が含まれています。

注: UR10 は TP5 の後にリリースされたために、VMM 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ 10 (UR10) から VMM 2016 テクニカル プレビュー 5 (TP5) へのアップグレードはサポートされていません。TP5 へのアップグレードを計画する場合、UR10 をインストールせずに UR9 の代わりにはお勧めします。さらに、VMM の 2016 年のリリース バージョンにアップグレードするが、最新 VMM 2012 R2 更新プログラムのロールアップのリリース時に使用されるサポートされます。

この更新プログラムのロールアップに追加される機能

Windows Azure のパックで VMM のハードウェア プロファイルのプロパティを使用するためのサポート

この更新プログラムのロールアップに VMM によってハードウェア プロファイルのプロパティはVMRoleSizeProfileでは、Windows Azure パック (WAP) を公開します。サービス プロバイダーの管理サービスは、これらのプロパティの利用できるように、テナントにこれらのハードウェア プロファイルのプロパティを公開できます。たとえば、テナントにセキュリティで保護された起動プロパティを公開することができます Gen2 Linux VMRoles を展開します。

  • 新しいHWProfileIdパラメーターは、 VMRoleSizeProfileコマンドレットに、VMM のハードウェア プロファイルをリンクするセット CloudVMRoleSizeProfileコマンドレットに追加されます。

    コマンドレットの使用例:

    セット-CloudVMRoleSizeProfile-VMRoleSizeProfile CloudVmRoleSizeProfile - HWProfileID HWProfileID

    注:

  • 操作中に、 HWProfileIdパラメーターを指定できません。既存のCloudVMRoleSizeProfileコマンドレットにのみリンクできます。

  • Get CloudVMRoleSizeProfileコマンドレットを使用すると、 HWProfileIdパラメーターを取得するのにことができます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×