更新プログラムのロールアップ 3 システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの

概要

この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 サービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 3 で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 3 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

サービス マネージャー

  • Microsoft システム センター 2012 Operations Manager の構成アイテム (CI) のコネクタは、サービス マネージャーのデータベースのディスクのマウント ポイント情報を取得できません。

  • コンソールを使用してすべてのユーザー プロンプトは、単純なリスト ダイアログを表示を提供する要求からサービス要求が作成されると、コンソールは、各ユーザーのプロンプトですべての単純なリストからオプションを示します。

  • カスタマイズされた変更要求を終了しようとすると、変更要求を閉じることはできません、タスクは、エラーをスローし、閉じる対象です。

  • MPSync ジョブのエラー イベント ログにログに記録されるにはには、問題の簡易診断を行うを許可するための十分な情報が含まれていません。

  • サービス マネージャーのすべてのワークフローは、作業項目のプロパティに無効な XML 文字 (制御文字) を使用するときに失速します。

  • 「最初の応答、またはコメントの設定」タスクを使用して、サービス ・ リクエストには、通知アクションのログまたはユーザー コメントの更新プログラムの評価には使用できません「プライベート」フラグを作成します。プライベート フラグが定義されていないために、この現象が発生します。

  • 構成管理データベース (CMDB) がダウンかどうか (つまり、オフライン、またはネットワークの問題が発生したため接続できませんが) 場合に、稼働状態サービスを再起動し、引き続き場合は、CMDB を長期間オフラインにする、正常性サービス可能性があります入力、回復不能な状態の場合でも、データベースがオンラインになった後でもう一度。

  • サービス マネージャー 2012 SP1 用の更新プログラム ロールアップ 6 またはサービス マネージャー 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 2 を適用した後、構成マネージャーのコネクタの同期が停止することがあります。この問題は、コネクタが構成マネージャーのデータベースの形式が正しくないまたは不完全なソフトウェアのバージョン情報を同期しようとした場合に発生します。

入手してシステム センター 2012 R2 のサービス マネージャーの更新プログラムのロールアップ 3 をインストールする方法

ダウンロード情報

更新プログラム パッケージのサービス マネージャーでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、適用可能なシステム センター 2012 R2 コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. をインストールする更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 更新プログラムのインストールを選択した更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動で更新プログラム パッケージのダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

Download サービス マネージャーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール手順

インストールの前に

この更新プログラムを適用する前に次の手順を実行します。

  1. この更新プログラムを適用する前に、サービス マネージャーに関連するすべてのアプリケーションを終了します。たとえば、サービス マネージャーのコンソール、セルフ サービス ポータルのリンク、およびオーサリング ツールを終了します。

  2. データ ウェアハウス サーバーが正常に同期されている管理サーバーと 1 つ以上の時間を確認します。

  3. 次の順序でサービス マネージャーのコンポーネントに更新プログラムを最初にインストールしていることを確認します。

    • データ ウェアハウス サーバー

    • プライマリ管理サーバー

    • セカンダリ管理サーバー

    • アナリストのすべてのコンソール

    • セルフ サービス ポータル

  4. 更新プログラムをインストールした後、すべてのコンソールを再起動する必要があります。

インストール方法

この更新プログラムを適用するには、次の手順に従います。

  1. ターゲット フォルダーに更新プログラムをダウンロードします。この更新プログラムが含まれています、両方の x86 にはバージョンと、x64 のバージョンです。システムの適切なバージョンをダウンロードします。

  2. ターゲット フォルダーを開くし、次のファイルのいずれかを右クリックします。

    • SCSM2012R2_CU_KB2962041_AMD64_ 7.5.3079.148.exe

    • SCSM2012R2_CU_KB2962041_i386_ 7.5.3079.148.exe

  3. [管理者として実行] をクリックします。

  4. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意し、インストール ウィザードの手順です。

インストールを確認します。

この更新プログラムが正常にインストールを確認するには、プログラムと機能コントロール パネルをクリックしがインストールされている更新プログラムを表示] をクリックします。次の項目がある場合、インストールに成功しました。

Microsoft システム センター サービス マネージャー (SCSM2012R2_CU_ KB2962041) 用の修正プログラム

インストール後

この更新プログラムを適用した後、Operations Manager のマウント ポイントのデータを再同期、次の手順を実行します。

  1. "OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.exe、"というタイトルのスライドを自己展開ツールをダウンロードし、既知の場所にコンテンツを抽出します。

  2. サービス マネージャー コンソールですべての操作のマネージャーの CI コネクタを無効にします。

  3. Windows PowerShell で次のコマンドを実行することによって現在の実行ポリシーを確認してください。

    Get ExecutionPolicy

  4. 現在の実行ポリシーは、 "制限あり"として表示される場合は、次のコマンドを実行してポリシーを RemoteSigned に設定します。

    セット-ExecutionPolicy-RemoteSigned を強制的に

  5. プライマリ管理サーバーから次のコマンドを実行します。

    PowerShell.\OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp_ForBug614709.ps1

  6. 実行ポリシーを手順 4 で元の値に変更します。

  7. 有効にして、関連するオペレーション マネージャー CI コネクタを同期します。

  8. マウント ポイントのすべてのデータは、サービス マネージャーで設定されていることを確認します。

更新されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.Cmdlets.psd1

11389

該当なし

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

2513600

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.MPImporter.dll

20160

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Common.dll

187072

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Cmdlets.psd1

11407

該当なし

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Datawarehouse.dll

248512

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Linking.Consumer.OperationalStore.dll

109248

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Forms.dll

338624

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ExtendedControls.dll

60104

7.5.6111.0

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SdkDataAccess.dll

1223360

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SMControls.dll

1166016

7.5.3079.148

System.Center.Service.Manager.psm1

12914

該当なし

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Application.Common.dll

12914

該当なし

Microsoft.Mom.CmdbInstanceSubscriptionDataSourceModule.dll

330432

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.OpsMgrConnector.dll

182984

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Tasks.dll

80584

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Presentation.dll

92864

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Presentation.dll

92872

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Administration.dll

1460936

7.5.3079.148

Microsoft.Mom.DatabaseQueryModules.dll

223936

7.5.3079.148

Datawarehouse.mpb

245760

該当なし

ReleaseManagement.mpb

450560

該当なし

ServiceRequest.mpb

520192

該当なし

Authoring.mpb

643072

該当なし

Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.SynchModule.dll

154304

7.5.3079.148

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.Core.dll

711368

7.5.3079.148


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×