更新プログラムのロールアップ 3 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の

概要

この資料では、新機能と更新プログラムのロールアップ 3 の Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager (DPM) で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップ 3 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップに実装されている機能

  • 拡張性の高い VM のバックアップ

    この更新プログラムのロールアップには、HYPER-V と Windows Server 2012 R2 のインフラストラクチャのバックアップを仮想マシン (VM) のスケールで信頼性が向上します。この機能は、クラスター共有ボリューム (CSV) と仮想マシンのスケール アウト ファイル サーバー (SOFS) の記憶域構成の両方でサポートします。

    必要条件

  • バックアップや整合性チェック ウィンドウ

    重要 この機能は、データ ソースの VM ディスクの保護でのみサポートされます。

    この機能は、Windows PowerShell を使用して構成により特定の時間の windows バックアップとの整合性を制限するには、(CC) のジョブを確認します。このウィンドウでは、保護グループごとに適用することができ、指定された時間ウィンドウには、その保護のためのすべてのジョブが制限されます。

    バックアップ ジョブが終了すると、進行中のすべてのジョブを続行できます。外部バックアップと一貫性のジョブのキュー内のジョブは自動的に取り消されます。

    この機能は、スケジュールされたジョブのみに影響し、ユーザーによってトリガーされる特定のジョブには影響しません。

    Microsoft TechNet のWindows PowerShell スクリプトの例を利用できます。これらの例では、バックアップや整合性のウィンドウを作成する PowerShell コマンドレットを使用する方法を示します。

    注:

    • テープまたはクラウドの保護ジョブは、この機能はサポートされていません。

    • VM ではないデータ ソースの場合は、この機能はサポートされていません。

    • これらのウィンドウの設定は、保護グループの変更のワークフローを実行すると同じです。



  • 合成ファイバー ・ チャネル ・ テープのサポート

    この更新プログラムのロールアップには、合成のファイバー チャネルのテープ ・ プロセスのサポートが導入されています。Data Protection Manager 2012 R2 と Windows Server 2012 R2 を使用する場合は、次のサード ・ パーティ製のテープ ・ デバイスのテープの認定プロセスを実行します。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 最初にバックアップされた主体の SQL インスタンスが、ミラー、ミラー化された SQL インスタンスのバックアップが失敗します。

  • DPM コンソールは、カタログの再作成中にクラッシュするか、インポートされたテープに"空きテープとしてマーク] の操作を実行します。

  • MSDPM サービスがクラッシュしたときの保護されたデータ ソースは、長い名前を持ちます。

  • DPMRA サービスは、SQL インスタンスの 1 つのデータベース名が一致するか、保護されたサーバーでホストされている SQL インスタンス名の部分文字列をときに、レプリカの作成中にクラッシュします。

  • この更新プログラムにより、管理者は、DPMRA ポートを構成し、次の手順で既定以外のポートを選択します。

    1. UR3 の DPM 2012 R2 をインストールします。

    2. Setagentcfg.exe を実行するには、次のコマンドを使用します。

      setagentcfg.exe s <protected_server_FQDN> <alternative_port>
      注:

      • このコマンドでは、 < 代替ポート >は、既定以外のポートを表します。

      • 既定では、このコマンドは次のフォルダーにある必要があります。

        %PROGRAMFILES%/Microsoft システム センター 2012 R2 と DPM と DPM/セットアップ

    3. 次のレジストリ サブキーに新しいエントリが作成されることを確認します。

      HKEY_LOCAL_MACHINE の \Software\Microsoft\Microsoft データ保護 Manager\Agent\2.0\PsPortConfig

    4. DPM サーバーから保護されているコンピューターの次のフォルダーに setagentcfg.exe ファイルをコピーします。

      データ保護 Manager\DPM\bin の %PROGRAMFILES%\Microsoft

    5. 保護されたサーバー上で次のコマンドを実行します。

      setagentcfg.exe e DPMRA <alternative port> 
    6. 手順 1 で指定した同じポート番号を使用します。

    7. DPM サーバーを再起動します。

    8. DPMRA サービスで保護されたサーバーを再起動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×