更新プログラムのロールアップ 6 システム センター 2016年オーケストレータの

はじめに

システム センター 2016年オーケストレータの Microsoft の更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。この資料にも含まれていますインストール手順についてはのこの更新プログラムです。

修正される問題

  • チェックインの後は、「サービスの状態を取得する」の設定は保存されません。

  • 「データベースへの書き込み」のアクティビティでは、TLS 1.2 が設定されている場合は動作しません。

  • プラットフォーム イベントのアクティビティでは UR5 にアップグレードして、SCO のデータベースを再構成した後、イベント ログは記録されませんを送信します。

システム センター 2016年オーケストレータの更新プログラム ロールアップ 6 を取得する方法

重要 この更新プログラムをインストールする前に SQL Server のネイティブ クライアントが管理サーバーの役割でインストールされていることを確認します。詳細については、Microsoft のドキュメントの web サイトのSQL Server ネイティブ クライアントをインストールするトピックを参照してください。

オーケストレータの更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Windows Update

入手して、Windows Update から更新プログラム パッケージをインストール、オーケストレータのコンポーネントがインストールされているコンピューターでこれらの手順に従います。

  1. 開始] と [コントロール パネル]を選択します。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインのチェックを選択します。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なを選択します。

  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、 [ok]を選択します。

  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

オーケストレータの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

オーケストレータのインストール手順

コンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムを提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。または Microsoft Update カタログから更新プログラムを手動でダウンロードします。

オーケストレータの後の更新プログラムがインストールされている、の次のガイドラインに従って、既存のデータベースを使用してオーケストレータ データベースを再構成します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×