はじめに

この資料では、Microsoft システム センター 2016 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。 この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 Windows Azure の顧客に、既存の Data Protection Manager (バージョン 2.0.9083.0 またはそれ以降のバージョン) は、最新のエージェントをアップグレードします。 最新のエージェントがインストールされていない場合は、オンライン バックアップが失敗した可能性があり、Windows Azure の操作に、Data Protection Manager が動作しません。

修正される問題

この更新プログラムには、次の問題が修正されます。

  • 仮想ハード_ディスク (VHD) 不足している中にマウントまたはアンマウント操作します。

  • VHD をマウントまたはアンマウントでは完了に長い時間です。

  • Data Protection Manager のパフォーマンスが低下する複数の更新エージェントのジョブがあるためです。

  • オンライン回復ポイントからデータをリカバリするときに、Data Protection Manager のコンソールがクラッシュします。

  • Data Protection Manager は、保護されているクライアントを別のディスクに移動するとクラッシュします。

  • Data Protection Manager のシステム状態とベア メタル回復 (BMR) は、複数のサーバーで断続的に失敗します。

  • 無限ループの整合性チェックのジョブの弾力性のある変更の追跡 (RCT) 仮想マシン (VM) が原因で発生 I/O エラーが発生します。

  • 2016 の Data Protection Manager 用の更新プログラムのロールアップ 5 は、保護のための 2017 可用性グループの SQL Server データベースを列挙できません。

  • Data Protection Manager 2016年の更新プログラムのロールアップのエージェントには、保護されたサーバーの再起動が発生します。 注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 更新プログラムのロールアップのエージェントの新規インストールには、保護されたサーバーを再起動可能性があります。

システム センター 2016 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 6 を取得する方法

更新プログラム パッケージには、Data Protection Manager では、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Data Protection Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

 Data Protection Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Data Protection Manager のインストールの手順

この更新プログラムには、Data Protection Manager をインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager のデータベースのバックアップを作成します。

  2. システム センター 2016 Data Protection Manager を実行しているサーバー上でこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。 これを行うには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。

  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

    注: この更新プログラムのロールアップのエージェントの更新では、作成または保護グループを変更するために保護されたサーバーを再起動する必要があります。

    方法 1: Data Protection Manager 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。

    1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。

    2. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。

    3. コンピューターを保護ボックスの一覧で、コンピューターを選択しをクリックし、更新アクションウィンドウにします。

    4. をクリックして[はい]、] をクリックし、エージェントを更新します。.

    方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新します。

    1. システム センター 2016 Data Protection Manager サーバー上で次のディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。

      インストール パッケージは次のとおりです。

      • の x86 ベースの更新:i386\1033\DPMProtectionAgent_KB4456327.msp

      • の x64 ベースの更新:amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB4456327_AMD64.msp

    2. エージェントのアーキテクチャによって、保護されたサーバーごとに適切な DPMProtectionAgent.msp パッケージを実行します。

    3. システム センター 2016 Data Protection Manager サーバーの Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。

    4. [管理] タブをクリックし、クリックして、 エージェント] タブは、保護されたサーバーを選択して、情報を更新し、エージェントのバージョン番号が5.0.375.0であることを確認します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×