更新プログラムのロールアップ 7 センター 2016 Virtual Machine Manager のシステムの

はじめに

この資料で説明します。 Microsoft システム センター 2016年の更新プログラムのロールアップ 7 で修正される問題 Virtual Machine Manager です。2 つの更新は、Virtual Machine Manager を使用することができます。 Virtual Machine Manager サーバーと管理コンソールのいずれかのいずれか (x86 や amd64)。この資料では、この更新プログラムのインストール手順についても説明します。

修正される問題

  • VMM の UI は、クラスターを作成するときに静的 IP を優先しません。

  • VM の状態が正しく表示されない「移行に失敗しました"として差分ディスクと VM は、動的な最適化のために移行されるとします。

  • VMM コンソールがクラッシュするは、次のすべての条件が満たされている場合、HYPER-V ホストのプロパティを列挙するとき。

    • ユーザーは、「非管理者」ユーザー ロールの一部

    • ユーザーは、' すべて ' のホストのホスト グループのスコープがありません。

  • VM のクローンを作成するには、VMM セルフ サービス ユーザーまたは管理者ユーザーのテナントに VM を 1 つに接続されているネットワークで VM のクローンを作成しようとすると問題が発生します。

  • クラスターの更新および論理ネットワークの定義のプロパティを変更する時間が長くなります。

  • BGP の有効な VMNetwork に VMSubnet を追加するエラーで失敗する、'ネットワーク サービスのプラグインは、要求されたインターフェイスIBGPManagementAPIを実装していません'。

  • HYPER-V のプロパティの列挙体の中には、アップリンク ポートのプロファイルの構成の誤りを削除すると、VMM にホストを再度追加すると、VMM コンソールがクラッシュします。

  • 仮想マシンをフェイル オーバーすると、HYPER-V のレプリケーションを使用して仮想マシンのパフォーマンス カウンターが正しく表示されません。

  • 動的な最適化が無効にした場合 'のフェイル オーバー クラスター VM 負荷分散' Windows Server は無効にはしないため、クラスター内のホスト間で Vm の移行が適用されます。

  • 高可用性 vCenter VMM によって管理されている 6.5 を使用して、VMware VM はライブ クラスター内の別のホストに移行します。

  • 」とは異なるプロセッサ バージョンのバーチャル マシンのホストへの移行を許可する] チェック ボックスをオンしている場合でも、異なるプロセッサ バージョンのホストへの VM の移行がブロックされています。

新機能

2016 UR7 の VMM では、追加、次の新機能があります。

1. 新しい Azure サブスクリプションには、Azure のプロファイルを作成することで VMM に追加できます。Azure のプロファイルには、azure サブスクリプションに関連する詳細が含まれています。詳しく知る

2. VM の更新プログラムは、VMM から管理できます。この機能は、オートメーションの Azure サブスクリプションに VMM を統合することで修正プログラムを適用し、(VMM によって管理される) prem に Vm を更新を使用します。の詳細を表示します。

他の更新プログラム

2016 UR7 の VMM では上のゲストとしては、Windows サーバー 2019 OS と仮想マシンを追加できます。

入手してシステム センター 2016年の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 7 をインストールする方法

Virtual Machine Manager 用の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

1を開始する] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

2. コントロール パネルの [ Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

3. で、[Windows Update] ウィンドウで、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

4.重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

更新プログラムのロールアップ パッケージを選択する。 ]をクリックします。

6. 更新プログラム パッケージをインストールする更新プログラムのインストールをクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

管理コンソールの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法 

ウイルスのスキャンについて

インストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe 場合パッケージ

たとえば、システム センター 2016年の Virtual Machine Manager サーバー (KB4496920) の更新プログラムのロールアップ 7 のパッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update kb4496920_vmmserver_amd64.msp

参照情報

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×