更新プログラムのロールアップ 8 システム センター 2012 R2 の VMM で階層化ストレージ ・ スペースのサポート

概要

更新プログラムのロールアップ 8 の Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM) から直接、Windows Server 2012 R2 で提供されるストレージの階層化機能を使用することができます VMM 内。この機能を使用すると、HDD (ハード ディスク ドライブ) の最適なコストと容量の属性を持つ SSD (ソリッド ・ ステート ・ ドライブ) の優れたパフォーマンス特性を組み合わせることにより、ストレージ ・ スペースの経験を向上できます。階層が作成されると、頻繁にアクセスされるデータは自動的に、オーソリティを SSDs に移動して、Hdd にデータを移動する頻度が低い。この機能に役立つリソースを効率的に使用し、展開の全体的なストレージ ・ コストが削減されます。

詳細

システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 8 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。



システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 8 3096389

この機能では、どうすれば?

VMM 更新プログラムのロールアップ 8 を使用すると、階層を持つ新しいファイル共有を作成できます (SSD と HDD) から VMM 内。この機能を使用する方法の詳細については、この資料の後半で利用可能です。帯域外の階層とファイル共有を作成して、VMM に追加する場合は、VMM は、ストレージ階層を自動的に認識して今すぐと、VMM コンソールの階層を表示することができます。

ください、十分なハード ディスクと、選択したストレージ ・ レイアウトをサポートするために Ssd ストレージ、ストレージの階層にストレージ領域を作成するプールが必要となるディスクに十分な空き領域が含まれている必要があります。

機能を使用する方法は?

SSD と HDD の層を持つ新しいファイル共有を作成します。

VMM 更新プログラムのロールアップ 8 を使用すると、階層とファイル共有を簡単に作成できます。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. VMM コンソールで、ファブリックのワークスペースを開きます。

  2. ファブリックのウィンドウでは、ストレージをクリックし、[ホーム] タブでファイル共有の作成] をクリックします。このアクションは、ファイル共有を作成するのには複数ページのウィザードを開きます。(更新プログラムのロールアップ 8、するが実行される前にダイアログ ボックスにします。)

  3. [記憶域の種類] ページで、ファイルの共有を追加するファイル サーバーを選択し、名とファイル共有の説明を指定します。

  4. ストレージ ・ プールストレージ ・ タイプを選択して、利用可能なストレージ プールの一覧から適切なストレージ ・ プールを選択して、分類を指定し。

  5. 記憶域の種類として、

  6. を選択した場合のみ、ストレージの階層化機能を有効にするが。ストレージの階層化は、

  7. または

  8. の種類ではサポートされていませんし、従来どおりに更新プログラム ロールアップ 8 の前にこれらのオプションの動作はします。

    alternate text

  9. [容量] ページで、ファイル共有、ファイル システムの種類、弾力性の保存方法とアロケーション ユニットのサイズのサイズを指定します。ストレージ階層を有効にする] チェック ボックスが表示されます。

    alternate text

  10. ストレージ階層のチェック ボックスを有効にした後は、ストレージ階層のページの容量とストレージ階層のそれぞれの復元方法を指定する必要です。

    alternate text

  11. 更新プログラムのロールアップ 8、パリティ サポートされていませんの復元方法として VMM によって Windows サーバ ・ レイヤーでサポートされていないため。

  12. [次へ] ページで、選択内容の概要を確認し、[完了] をクリックします。

    alternate text

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×