更新プログラム参照で大量のメモリ使用量サーバー 2016 の Windows を実行しているコンピューターでの解決します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

サーバー 2016 の Windows を実行しているコンピューター上の弾力性のあるファイル システム (参照) ファイル システムの種類を使用して大量のメモリを表示します。参照のボリュームが応答しなくなるか、バックアップを実行する時に固定する場合もあります。大規模なブロック ・ クローン ・ オペレーションを実行するバックアップ ・ アプリケーションを使用する場合に発生する可能性が具体的にはことができますこれです。

この更新 improves 詳細徹底的にマップを解除するファイルの複数のビューによってパフォーマンスを参照します。

更新プログラムを入手する方法

でこの更新プログラムが含まれている、2018 年 2 月 22日累積的な更新.

詳細情報

警告: レジストリ エディターを使用するか、別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。 これらの問題では、オペレーティング システムを再インストールする必要がある場合があります。 Microsoft では、これらの問題を解決できる保証はありません。 レジストリを自分のリスクで変更します。

この更新プログラムには、以前に記載されていた大量の参照メタデータ ストリームに対応するオプションの調整可能なレジストリ パラメーターが含まれています。KB 4016173KB 4035951.

重要

  • 再起動は、これらのパラメーターの変更を有効にする必要があります。

  • 機能的には重複しないために、これらのパラメーターを任意の組み合わせで使用できます。

  • これらのパラメーターは、フェールオーバー クラスターの各ノードで一貫して設定する必要があります。

チューニング可能パラメーター

パラメーター

説明

RefsEnableLargeWorkingSetTrim

このオプションは、参照しようとする完全な MM のすべてのチェックポイントでのすべてのメタデータ ストリームのマッピングを解除します。ボリュームがアイドル状態し、マップされたページがない場合にのみ、このオプションは期待どおりの結果になります。

次のサブキーに指定された値を指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem

値の名前: RefsEnableLargeWorkingSetTrim 値の種類: REG_DWORD値のデータ: 1

RefsNumberOfChunksToTrim

参照では、ロジックをマップ解除する限定的な MM を持っています。したがって、サイクルを完了するのには名前空間を参照すると、MM の割り当てを解除、特定の単位での割り当てを解除します。マップされる仮想アドレス空間の数は、次の数式によって決定されます。

RefsNumberOfChunksToTrim * (サイズ > 10 TB のボリューム) の 128 MB

RefsNumberOfChunksToTrim * 64 の MB のサイズ < 10 TB のボリューム)

VA の範囲は、マップを解除することが有効な参照 (つまり、マップされたメタデータのページ) を持たない場合、このオプションが機能します。

次のサブキーに指定された値を指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem

値の名前: RefsNumberOfChunksToTrim値の型: REG_DWORD値のデータ: 4 (10 進数)

RefsEnableInlineTrim

このオプションで、[メタデータ] ページの割り当てを解除するときに参照を MM トリム インラインを送信します。これは、SSD や NVMe などの高パフォーマンスのメディアの参照を使用する場合パフォーマンスが低下が発生するための最も積極的なオプションです。

次のサブキーに指定された値を指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem

値の名前: RefsEnableInlineTrim値の型: REG_DWORD値のデータ: 1

推奨事項:

  • 大きいアクティブなワーク ・ セットには、パフォーマンスが低下が発生する場合は、設定しようとRefsEnableLargeWorkingSetTrim = 1です。

  • この設定で満足のいく結果が生成されない場合は、RefsNumberOfChunksToTrim の別の値を 8、16、32 などみてください。

  • これも提供していない場合、目的の効果を設定RefsEnableInlineTrim = 1です。

RefsDisableCachedPins

このオプションは、キャッシュされた pin を無効にします。大規模なアクティブなワーキング セットの主な原因はこれでした。次のサブキーに指定された値を指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem

値の名前: RefsDisableCachedPins値の型: REG_DWORD値のデータ: 1

RefsProcessedDeleteQueueEntryCountThreshold

このオプションは、チェックポイント処理のロジックを参照するヒューリスティックを追加します。削除キューが特定のサイズに達したときにチェックポイントを実行するのには参照が発生します。IOs は参照に保持されているチェックポイントのロジックが、大規模な削除のキューの処理中に保持されているためです。

次のサブキーに指定された値を指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem

値の名前: RefsProcessedDeleteQueueEntryCountThreshold 値の種類: REG_DWORD値のデータ: 2048 (10 進数)

メモの値を小さく設定RefsProcessedDeleteQueueEntryThresholdでは、頻繁にチェックポイントを実行するのには参照が発生します。値を 2048 に設定し、512、1024、値を小さきます。

DuplicateExtentBatchSizeinMB(にのみ適用可能なMicrosoft Data Protection Manager)

重複するエクステントのサイズの大きい呼び出しは、システムに遅延を紹介します。これらの長時間実行処理が完了するまで待機する他の操作があるためにです。このオプションは、重複するエクステントの呼び出しのサイズを縮小します。

メモDPM は UR4 の一部として既定値にこのレジストリ キーの変更を設定します。

次のサブキーに指定された値を指定します。

データ保護 Manager\Configuration\DiskStorage の場所

値の名前: DuplicateExtentBatchSizeinMB値の型: REG_DWORD値のデータ: 100 (10 進数)

メモ DuplicateExtentBatchSizeinMBの既定値は、2000 (2 GB) です。1 から 4095 の任意の値が受け入れられます。

TimeOutValue

このオプションは、 TimeOutValue価値を拡大します。

次のサブキーに指定された値を指定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Disk

値の名前: TimeOutValue値の型: REG_DWORDデータの値: 0x78 (16 進数)

メモTimeOutValue の既定値は、0x41 (65 の 10 進数). 0x78 は 120 の 10 進数に変換します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×