更新プログラム ロールアップ 5 システム センター 2016年サービス管理の自動化について

概要

この資料では、Microsoft システム センター 2016年サービス管理の自動化のための更新プログラム ロールアップ 5 で修正される問題について説明します。この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題

  • Runbook コマンドレットが失敗すると、システム センター 2016年のサービス マネージャーを使用して、"MissingMethodException"エラー メッセージが表示されます。

  • Runbook は、「承認されていないアクセス」の例外で失敗します。

  • デバッグ サンド ボックス プロセスのログ出力が向上しました。

システム センター 2016年サービス管理の自動化のための更新プログラム ロールアップ 5 を取得する方法

サービス管理の自動化のための更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

重要 システム センター 2016年サービス管理の自動化のための更新プログラムのロールアップ 5 は、セキュリティ更新プログラムに含まれます。セキュリティ更新プログラムを削除することはお勧めしません。ただし、コントロール パネルのプログラムと更新プログラムの機能を使用して、更新プログラム ロールアップ 5 を削除できます。これを行うには、サービス管理の自動化のバイナリが以前の状態にロールバックされますが、データベースがロールバックします。この更新プログラムのロールアップを適用する前に、サービス管理の自動化のデータベースをバックアップすることをお勧めします。

Microsoft Update

取得し、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、サービス管理の自動化コンポーネントがインストールされているコンピューターでこれらの手順に従います。

  1. 開始] と [コントロール パネル]を選択します。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインのチェックを選択します。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なを選択します。

  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、 [ok]を選択します。

  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

2016 またはそれ以降、お使いのコンピューターが Windows Server を実行している場合は、これらの手順に従います。

  1. 開始するを選択し、設定] を選択します。

  2. [設定] で、更新プログラムとセキュリティを選択します。

  3. [場所] タブの [ Windows Update Microsoft Update から更新プログラムをオンラインのチェックを選択します。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なを選択します。

  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、 [ok]を選択します。

  6. 更新プログラム パッケージをインストールする更新プログラムのインストールを選択します。

手動でダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

サービス管理の自動化の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

サービス管理の自動化のためのインストール手順

この更新プログラムを適用するには、次の手順に従います。

  1. から .cab ファイルをダウンロード、Microsoft 更新プログラム カタログ.

  2. .Msp ファイルを取得するのには .cab ファイルを抽出し、各コンピューター上の適切な .msp ファイルを適用します。

    注: 更新プログラムのロールアップ パッケージでは、 、.msp ファイルが含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての .msp ファイルを適用します。SMA のサーバーが保持している特定の役割ごとに 1 つの .msp ファイルを適用 (Runbook ワーカー ロールの kb4094929_WorkerInstaller_x64.msp と web サービスの役割を持つサーバーには、KB4094929_WebServiceInstaller_x64.msp を適用など) です。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されたファイルの一覧を次に示します。以前のすべての更新プログラム ロールアップがインストールされている必要はない場合、は、ここに記載されている以外のファイルも更新する場合があります。更新されるファイルの一覧については、現在、更新プログラムのロールアップにリリースされたすべての更新プログラム ロールアップの「この更新プログラムのロールアップのファイルの更新」セクションを参照してください。

Runbook 作業者

ファイル名

バージョン

サイズ

Orchestrator.Runtime.dll

7.3.448

272 KB

Orchestrator.Shared.dll

7.3.448

741 KB


Orchestrator.OnPremises.dll

7.3.448

44.8 KB

Microsoft.SystemCenter.Instrumentation.dll

7.5.7487.93

60.8 KB

Orchestrator.Sandbox.exe

7.3.448

43.8 KB


Web サービス

ファイル名

バージョン

サイズ

Orchestrator.Shared.dll

7.3.448

741 KB


Orchestrator.OnPremises.dll

7.3.448

44.8 KB

Microsoft.SystemCenter.Instrumentation.dll

7.5.7487.93

60.8 KB

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×