更新プログラム ロールアップ 5 センター 2016 Virtual Machine Manager のシステムの

はじめに

この資料では、更新プログラム ロールアップ 5 の Microsoft システム センター 2016 Virtual Machine Manager (VMM) で修正される問題について説明します。Virtual Machine Manager、Virtual Machine Manager サーバーの 1 つは、管理者コンソールのいずれかの利用可能な 2 つの更新されます。この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題

  • VMM コンソールは、委任された管理者が、コンソールを起動したときにゆっくりと開始します。

  • ユーザーは、VMM コンソールの概要」でのホストのストレージ ・ パフォーマンスをグラフィカルに表示できません。

  • ストレージ移行後は、空のソース フォルダーは削除されません。

  • ジョブの時間が 40 分を超える場合、HYPER-V ホスト、クラスター、またはインフラストラクチャ サーバーで定義されている WSUS 基準に準拠している更新プログラムの改善策がタイムアウトします。タイムアウト値は、120 分に変更されます。

  • 2 つの VM の移行は、移動先のクラスターでは、ソース ファイルの共有は登録されていませんし、アクセス許可は、アウト ・ オブ ・ バンドにも提供されている場合が失敗した場合をクラスターです。

  • VM の MAC アドレスの種類が正しく表示されないテナントのユーザーです。

  • VM のライブ マイグレーションでは、"NoAvailableNetworkOptimization"の警告が正しく示しています。

  • SCVMM ライブラリ内の物理的リソースをインポートするには、ライブラリがファイル サーバーの場合、障害が発生しました。

  • TCP の正常性プローブの要求のパスが空白の場合、ユーザーは仮想 IP テンプレートを作成できません。

  • チェックポイントのあるテスト ・ フェイル オーバーの VM を削除すると、VM レプリカの基盤となるディスクが削除されます。

  • ユーザーは PowerShell コマンドレットを使用して別の仮想ファイバー チャネル アダプター オブジェクトをフェッチできませんGet SCVirtualFibreChannelAdapterです。

  • ユーザーは、VMM サービスの別のテンプレートをコピーすることによって作成されたサービス テンプレートを開こうとすると、VMM コンソールがクラッシュします。

  • VMM コンソールでは、テナントのユーザーの VM ネットワーク アダプターのプロパティの動的 MAC アドレスは表示されません。

  • 「VMM コンソールがクラッシュします。ユーザー役割が「すべてのホスト」に指定されていない場合は、管理者以外のユーザーの

  • VMM では、設定、ネットワーク インターフェイスのネットワーク コント ローラー オブジェクトの帯域外のパブリック IP アドレス リソースの参照プロパティを上書きします。

  • ネットワーク コント ローラーのチェックポイントの作成は、NIC でポートのクラス分けがある場合、Vm が失敗を管理します。

  • VMM ASR 互換性ガイド: を使用して SCVMM は、ASR と統合されて、この更新プログラムには、バージョンがサポートされています。5.1.3100およびそれ以降のバージョンの Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (DRA とも呼ばれます)。以前のバージョンはサポートされていません。 DRA をアップグレードするには、以下の手順:

  1. DRA の既存のバージョンをアンインストールします。

  2. 更新プログラム ロールアップ 5 の (この更新プログラム) をインストールします。

  3. バージョンをインストールします。5.1.3100以降のバージョンの DRA 。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×