概要

この資料では、Linux や UNIX のシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアントの累積的な更新プログラム 3 (CU3) で更新された機能と修正される問題について説明します。Linux や UNIX のシステム センター 2012 R2 CU3 クライアントは、システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 (SP1) およびシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーで使用する目的としています。

詳細

3 の累積的な更新プログラムの変更

サポートされているクライアント ・ オペレーティング ・ システムへの変更を以下に示します。

  • Debian Linux 7 (x86 または x64) のサポートを追加します。

  • Red Hat エンタープライズ Linux 7 (x64) のサポートを追加します。

  • Oracle エンタープライズ Linux 7 (x64) のサポートを追加します。

  • CentOS Linux 7 (x64) のサポートを追加します。


累積的な更新プログラム 3 で修正される問題

Unix および Linux のクライアント

  • 新規インストールで- keepdbオプションを使用すると、データ ストアは作成されません。

  • 開いている管理インフラストラクチャ (OMI) のインストールでカスタム パスには、証明書の再生成が発生します。

  • エージェントは、常にプログラムの初期化時の完全なポリシーの要求を実行します。

  • 11.1 Sparc の Solaris のインストール時に SUNopenssl ライブラリ パッケージを見つけることができませんし、次のエラー メッセージが表示されます。

    前提条件を確認しています.
    エラー: ライブラリ"SUNWopenssl"の情報が見つかりませんでした。
    必要なパッケージを見つけることができません: SUNWopenssl ライブラリ
    続行する前にパッケージをインストールしてください。


  • HardwareIDフィールドは、同じ VHD を使用する場合、Linux 上で一意ではありません。

  • 構成マネージャーのクライアントは、Active Directory サイトの境界を重視しません。

  • インストールは TMPDIR 変数を尊重していません。

  • AIX、HP-UX へのLastBootTimeプロパティはレポートされません。

  • 構成マネージャーのクライアントでは、過剰な CPU リソースを使用します。(この問題がほとんど)

Linux や UNIX のシステム センター 2012 R2 の構成マネージャーのクライアント用の累積的な更新プログラム 3 を取得する方法

ダウンロード情報

システム センター 2012 R2 構成マネージャーのクライアント Linux および UNIX の累積的な更新プログラム 3 は、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

Microsoft システム センター 2012 R2 構成マネージャーの他のオペレーティング システム用のクライアント
UNIX および Linux のクライアントをアップグレードする方法について参照してくださいここで

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

注: この更新プログラムをインストールする前に、構成マネージャー管理コンソールを閉じることをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、すべての以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。

この累積的な更新プログラムのインストールを確認する方法

この累積的な更新は、次の構成マネージャーのバージョン番号を変更します。

管理者コンソール

システム センター構成マネージャーの詳細] ダイアログ ボックスに表示されるバージョンは、 5.00.7958.1060です。

クライアント

次のコマンドを実行することによって、クライアントのバージョン番号が表示ことができます。

/opt/microsoft/configmgr/bin/ccmexec –v
バージョン番号は、 5.00.7958.1060をする必要があります。

関連情報

この累積的な更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

System Center 2012 Configuration Manager の更新

System Center 2012 Configuration Manager の累積的な更新プログラムの新しい提供モデル
Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×