英国: 変更を行う税デジタル ・ VAT ステートメントの送信 Dynamics AX 2012 R3 の

はじめに

7 月 13 日に、 2017、財務省に金融の秘書と Paymaster の [全般] で、 英国の付加価値税はそのを行う税デジタル (MTD) を発表しました。 (VAT) は、2019 年 4 月 1日で有効になります。

MTD レコードを保持する企業の VAT 登録の義務を紹介します。 デジタル (VAT の目的の場合のみ) で自分に VAT の戻り値の情報を提供すること 陛下の収益と関税 (HMRC) 機能のあるソフトウェアを使用 MTD と互換性があります。開始 2019 年 4 月 1日 VAT の MTD が必須にする VAT 登録のしきい値を超える売り上げ高を持つ企業 (現在 £ 85,000)。状態のままに VAT 登録された企業の自主的です 早い 2020年まで VAT のしきい値を下回っています。

VAT を返します。 HMRC の MTD と互換性のあるソフトウェアを使用してに送信する必要があります。 VAT 返還を不要になった、HMRC を使用して、前者の方法で送信します。 ポータルです。

VAT を返します。 英国で四半期ごと、毎月を提出します。締め切り、 オンラインに戻るし、1 つのカレンダーの月と 7 日後に HMRC の支払い、 VAT 期間が終了します。

HMRC として 公式 web サイトの状態、現在の修正プロセスに残ります VAT を配置します。

·          場合 VAT に返された場合、エラーの正味価額未満 10,000 ポンド、会社では VAT 返還を次にそれらの修正は。

·          場合 エラーの正味価額 10,000 ポンドを超えると、会社が VAT を完了する必要があります。 652 フォーム、GOV.UK の web サイトで利用可能であります。

の詳細 VAT、MTD に関する情報を参照してくださいを行う VAT のデジタルの税: 法律の概要.

概要

ソフトウェア MTD と互換性のある次の要件をサポートする必要があります。

·          してください デジタル形式で必要なレコードです。

·          保持します。 最大 6 年間のデジタル形式でそれらのレコードです。

·          の作成 保持されているデジタル レコードからの VAT 返還機能的には互換性があります。 ソフトウェア、デジタル HMRC にこの情報を提供します。

·          を提供 自発的に HMRC に VAT データです。

·          が表示される、 VAT アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) プラットフォームの MTD を使用して HMRC から関連するエンティティの義務の遵守についての情報 [規制。

HMRC として 記載されていますのビジネスの VAT 税のデジタルを行う 仕入先のガイド、 ユーザーする必要がありますサービスにサインアップ、MTD の VAT を既に持っている場合でも 所得税の MTD のサービスを使用するサインアップします。方法の詳細については MTD の準備ができてを参照してください税をデジタルにする: どの VAT 企業やその他の VAT のエンティティは、準備ができて入手できます.

Dynamics AX 2012 R3 での VAT の要件は、MTD をサポートするために、 修正プログラムは、相互運用は、イギリスの企業の必須の範囲をカバーします。 VAT の義務を満たします。

·          VAT の取得義務: のユーザーが要求を開始できます 特定の期間の企業の VAT の義務を取得する HMRC。HMRC 情報を投稿、各ユーザーの要求への応答としては、 HMRC の会社のプロファイルで定義されている会社の VAT の義務 サイドです。VAT の義務には、VAT 期間、期限の日付に関する情報が含まれています。 提出書類、および義務の状態です。この情報が表示されます。 Dynamics AX 2012 R3 に反映されます。

·          の期間の VAT の送信を返しますシステムは、。 VAT 返還に関する情報を収集します。収集された情報に基づいています 経由でシステムに転記された売上税の支払トランザクションの VAT の義務について、売上税決済プロセス システムに登録します。JavaScript でこの情報が収集された後 オブジェクト表記法 (JSON) ファイルが生成される、ユーザーに HMRC にレポートが送信されます。、 Dynamics AX 2012 の R3 では、提出書類に HMRC の応答が反映されます。

セットアップ

時、 会社がサービスにサインアップ、MTD の HMRC、VAT の Dynamics AX を取得するには 2012 R3 の VAT の義務を取得するため HMRC の web サービスと相互運用する準備ができました VAT の提出書類は、力学では次の手順を行う必要がありますを返します AX 2012 の R3。

·          セット Web サービスのパラメーターを設定する

·          セット Web アプリケーションの最大

·作成テスト ユーザー (テスト用のみ)

·取得承認 コード

·          を取得のアクセス トークンし、アプリケーションをアクティブにします。

Web サービス パラメーターを設定します

総勘定元帳を開きます >セットアップ>外部サービス> Web サービスのパラメーターフォームです。

これを使用して、 次の Web サービスのパラメーターを定義するフォーム。

フィールド

説明

値の例

サンド ボックスのベース URL

いつ HMRC の側がサンド ボックスの web アプリケーションで作成された、そのベース URL の https の定義 アドレスです。

https://test-api.service.hmrc.gov.uk

運用の基本 URL

いつ HMRC アカウントは、本番アプリケーションのセットアップ、基本 URL を定義します。 https アドレスです。

https://api.service.hmrc.gov.uk 

URL パスの承認

セット 承認 URL のパスは HMRC の web アプリケーションで使用します。

/oauth/authorize

URL パスのトークン

セット トークン URL パスは、HMRC の web アプリケーションで使用します。

/oauth/token

MTD-2.jpg

用の Web アプリケーションを設定します 運用環境で使用

会社の場合は VAT の MTD と実際に相互運用する準備ができて、その作成する必要があります、HMRC オンライン アカウントし、Microsoft Dynamics AX 2012 の R3 のアプリケーションへのリンク ソフトウェアとMicrosoft Dynamics AX 2012 の R3を選択します。会社は VAT 登録番号にリンクされている資格情報が表示されます。

·          ユーザー ID : 中に HMRC にアクセスするために使用される名前、 認証コードが要求されている。

·          パスワード – 中に HMRC にアクセスするために使用されるパスワードを 認証コードが要求されている

後、ユーザーを持っています。 本番環境のアプリケーションの資格情報 AX 側からは、型を承認することができます。承認プロセスを開始する前に アプリケーションを初期化します。運用環境の web アプリケーションを初期化するために特定のアプリケーションと入力します。 システムに資格情報をインポートする必要があります。経由でこれらの資格情報が配信されます。 暗号化された JSON ファイルおよび LCS のポータルの共有アセット ライブラリからダウンロードすることができます。LCSのポータルを開いて、共有アセット ライブラリに移動する、データ パッケージのセクションを選択する、最新バージョンで検索 UK_MTD_VAT_AX2012R3_ProdApll.zipのバージョンを変更した日付) ファイルをコンピューターにこのファイルをダウンロードします。AX で開く元帳 >セットアップ>外部サービス> Web アプリケーション 形成し、新しいレコードを作成します。フィールドに入力:

フィールド

説明

アプリケーション名

タイプ アプリケーションの名前です。HMRC のアプリケーションの名前であることができますか AX でアプリケーションを識別するその他の場合を選択します。

説明

塗りつぶし でアプリケーションの説明です。

アプリケーションの種類

選択します。 本番環境で使用するアプリケーションを作成するときに「本番」する場合 HMRC に VAT 返還の実際の送信に使用する予定です。

によって このタイプのシステムを使用して、生産 ベース URL Web サービスのアドレスです。

決済期間

選択します。 AX売上税精算期間 VAT を返すは、このWeb アプリケーションを使用して送信する必要があります。

のみ 1 つの売上税精算期間の Web を選択することができます。 アプリケーション

クライアント ID、

クライアント シークレット

クライアント IDWeb アプリケーションクライアントの秘密です。これらのパラメーター一意に HMRC のアプリケーションを識別します。これらのパラメーターの値が配信されます。 経由でAX2012R3ProductionCredentialsMTDVAT.jsonファイルでダウンロードした、 UK_MTD_VAT_AX2012R3_ProdApll.zipファイルです。ファイルを解凍しないし、名前を変更しないで、 AX2012R3ProductionCredentialsMTDVAT.json ファイルです。

の初期化」をクリックします。 本番アプリケーションの「高速な資格情報] タブでボタンをクリックしてし LC から以前にダウンロードしたを選択 ポータルUK_MTD_VAT_AX2012R3_ProdApll.zip ファイルです。[Ok] ボタンをクリックし、本番アプリケーションの資格情報が表示されます。 システムに設定されます。

リダイレクト URL

型"urn: ietf:wg:oauth:2.0:oob」 このフィールドです。

アプリケーションの場合 パラメーターが定義されているし、初期化は、本番環境の資格情報のインポートを使用して行われます。 システムには、承認プロセスを初期化できます。2 つの手順を行う必要があります。 システムには HMRC と相互運用する準備ができました。

·A を取得する認証コードです。

·          アクセス トークンを取得し、アプリケーションをアクティブにします。

次 関数は、 Web アプリケーションのフォームのナビゲーション ウィンドウで利用可能です。

-          テスト ユーザーの取得が使用できるアプリケーションの サンド ボックス型のみ)-HMRC にアクセスするために使用できるテスト ユーザーを作成する サンド ボックス環境です。

-          HMRC の承認認証コードを取得する – アクセス トークンを要求することができる HMRC。受信した認証コード HMRC は、アクセス トークンは、有効なは 10 分 要求しています。アクセス トークンが要求していないと認証コードの有効期限が切れている場合 新しい認証コードを要求する必要があります。

-          アクセス トークンを取得します。アクセス トークンの形式を要求する: HMRC。だった時から 4 時間ごとのアクセス トークンが有効では HMRC によって作成されます。新しいものを受信するにする必要はありません、承認を更新するには コードです。このため、アクセス トークンの更新をする必要があります。

-          アクセス トークンを更新します。アクセスを手動で開始する: トークンを更新します。

(!)  の重要な注意: 法人の VAT 登録番号 (VRN) を定義する必要があります。組織の管理>法人の外部 取引および物流] タブの [、 VAT の対象外の番号のエクスポート」フィールドです。 このフィールドは、VRN のソースとして使用 VAT 100 レポートと、MTD の機能 それぞれ。

テスト用の Web アプリケーションを設定します

総勘定元帳を開きます >セットアップ>外部サービス> Web アプリケーション フォームです。

これを使用して、 次の Web アプリケーションのパラメーターを定義するフォーム。

フィールド

説明

アプリケーション名

タイプ アプリケーションの名前です。HMRC のアプリケーションの名前であることができますか AX でアプリケーションを識別するその他の場合を選択します。

説明

塗りつぶし でアプリケーションの説明です。

アプリケーションの種類

選択します。 サンド ボックスを使用する場合は、 このアプリケーションが、HMRC のサンド ボックスへの接続をテストするためには。

によって この種類のシステムが、のサンド ボックスを使用します。 ベース URL Web サービスのアドレスです。

決済期間

選択します。 AX売上税精算期間 VAT を返すは、このWeb アプリケーションを使用して送信する必要があります。

のみ 1 つの売上税精算期間の Web を選択することができます。 アプリケーション

クライアント ID

タイプ Web アプリケーションクライアント IDをします。このパラメーターは、します。 HMRC アプリケーションのパラメーターのセットに関連して、管理資格情報] のセクションを参照して、 HMRC のポータルのアプリケーションです。

クライアント シークレット

タイプ Web アプリケーションクライアント シークレットをします。このパラメーターは、します。 HMRC アプリケーションのパラメーターのセットに関連して、管理資格情報] のセクションを参照して、 HMRC のポータルのアプリケーションです。

リダイレクト URL

タイプ Web アプリケーションリダイレクト先の URLをします。このパラメーターは、します。 HMRC アプリケーションのパラメーターのセットに関連しての管理の Uri にリダイレクトのセクションを参照して、 HMRC のポータルのアプリケーションです。

アクセス トークンの有効期限は

これ 最後のアクセスを受信したときのトークンを表示する読み取り専用フィールドは、します。 期限切れにします。アクセス トークンを受信したとき、このフィールドが自動的に更新されます。 HMRC。

スコープ

これ HMRC から要求されたスコープを表示する読み取り専用フィールドは、します。 アプリケーションの最初の承認時にアプリケーションです。

ユーザー HMRC の承認を手動でこの値を入力する必要があります。

、 HMRC は次の値を許可します。

-          read:vat

-          write:vat

-          read:vat write:vat

その "読み取り: vat を使用するのにはお勧め 書き込み: vat」と、GET と POST の両方に同じアプリケーションを使用する必要があります web サービスに https 要求します。

テスト ユーザーを作成します。

この関数 サンド ボックスの種類のみのアプリケーションを利用できます。アクション ウィンドウでテスト ユーザーを取得] ボタンをクリックします。 Web アプリケーションのフォームを作成するは HMRC のサンド ボックス環境にアクセスするために使用するユーザーをテストします。型サーバー トークン] ダイアログ ボックスのテスト、アプリケーションの [OK] をクリックします。サーバーのトークンは、 HMRC のアプリケーションのパラメーターです。テスト、HMRC のアプリケーションの資格情報の管理] セクションで見つかんだことができます。 HMRC のポータルです。テスト ユーザーの要求は、ダイアログ ボックスの [ok] ボタンをクリックすると HMRC に送信し、応答を受信します。応答を表示することができます。 テスト ユーザーで データAX のフォーム。承認を取得するまで、このフォームを終了しないでください。 コード内の情報としては、HMRC を取得する上でサインインするのには HMRC から要求されます。 承認します。さらにこの応答から次の 3 つのパラメーターになります 使用します。

-          ユーザー ID- コピーして上の中で歌いに貼り付けること HMRC のポータルの認証コードを取得します。

-          パスワード- はコピーして貼り付ける上で歌い中 HMRC のポータルの認証コードを取得します。

-          VRN– は、AX で自動的に保存されます。この VAT HMRC との相互運用をテストするための登録番号が使用されます。

できる テスト ユーザーの作成、テスト ユーザーを作成するには API は、HMRC のアプリケーションをアクティブにする必要があります。これを行うには、管理 API のサブスクリプションのセクションを開く HMRC のポータル アプリケーションのテストとテストでテスト ユーザーを作成するAPI をアクティブにします。 Api をサポートして

認証コードを取得します。

承認 アクセス トークンを要求するコードが必要です。受信した認証コード HMRC は、有効なは 10 分のアクセス トークンを要求することができます。もし アクセス トークンが要求していないと、新しい認証コードが期限切れ 認証コードを要求する必要があります。

アクションにHMRC の承認] ボタンをクリックします。 取得するWeb アプリケーションのフォームのウィンドウ HMRC からの認証コードです。お勧め「vat の読み取り: 書き込み: vat」を入力するダイアログ ボックスのスコープ] フィールドのため、 アプリケーションは、GET と POST の両方の https 要求を許可する可能性があります。[Ok] をクリックします。 HMRC に、認証コードの要求を送信します。HMRC にリダイレクトされます。 web ページにサインインします。[続行] をクリックします。 ユーザー IDのボタンとする会社の使用 パスワードの HMRC の中に与えられます 運用 web アプリケーションの承認のためのオンライン アカウント登録します。サンド ボックス アプリケーションでは、次のようにコピーします。 テスト ユーザーの作成段階に HMRC から受信する AX にテスト ユーザーのデータフォームのユーザー IDパスワードを貼り付けます。

MTD-1.jpg

HMRC によって作成された認証コードをコピーし、 10 分間でのアクセス トークンの取得を初期化するには AX に戻ります。

アクセス トークンを取得し、アプリケーションをアクティブ化

初期化 によって生成されたを取得するアクセス トークン 10 分間でその瞬間から、認証コード HMRC。

アクションにアクセス トークンを取得] ボタンをクリックします。 Web アプリケーションのフォームのウィンドウ アクセス トークン フォーム HMRC を要求します。過去の値が前の「コード承認の取得」の手順の [認証コード] フィールドにコピーします ダイアログ [OK] をクリックします。HMRC とアクセス トークンの要求が送信されるアクセス トークンは、AX 内で自動的に HMRC の応答から保存されます。そうじゃないです AX のユーザー ・ インタ フェースからトークンを確認できるのです。有効性を確認することができます。 アクセスアクセス トークンのトークンの期間 有効期限はフィールドです。4 時間ごとのアクセス トークンが有効では、 HMRC によって作成された時点。新しいものを受信するには、必要はありません。 認証コードを更新します。この目的のための更新のアクセスにする必要があります。 トークンです。

アクセス トークンを与え、マークを付けるアクティブですフィールドを使用するアプリケーションの HMRC にさらに相互運用性のこのアプリケーションでは。1 つだけWeb アプリケーションごとにアクティブにできる売上税精算期間。システム アクセス トークンを受信する前に、Web アプリケーションをアクティブにすることはできません。 HMRC から。

アクセス トークンを更新します。

各アクセス トークンは、HMRC によって作成された時点から 4 時間の中に有効です。

アクセス トークンの更新] ボタンをクリックします Web アプリケーションのフォームのナビゲーション ウィンドウ アクセス トークンの更新を手動で起動します。アクセス トークンを更新します。 HMRC に要求が送信され、新しいアクセス トークンを自動的に保存されます。 HMRC の応答から AX です。

トークンを手動で更新する必要がない各 4 時間、HMRC と相互運用を開始する前にします。相互運用時に HMRC にこの更新のアクセス トークンのプロシージャの初期化に使用されます。 自動的にユーザーのアクセス トークンの更新は非表示と。

VAT の義務を取得します。 HMRC から

Web サービスのパラメーターは、セットアップおよびWeb アプリケーションを作成し、 アクティブ化されたシステムは、HMRC と相互運用する準備ができました。

総勘定元帳を開きます >定期>売上税支払>アメリカ 王国> フォームのVAT は、提出書類を返します。 このフォーム VAT の義務について説明を返しの機能 HMRC の web サービスと相互運用します。

フィールド

説明

開始日

開始 HMRC の会計期間の日付です。

終了日

終わり HMRC の会計期間の日付です。

HMRC の状態

レポート HMRC の会計期間の状態です。[開く] または [実行元であることができます。

期間キー

VAT HMRC の会計期間に関連する義務は、HMRC の識別します。 期間キー ] フィールドの値です。

このフィールドはフォームに表示されないと、HMRC の要件を満たすためのユーザー インターフェイスから非表示にする必要があります。

決済期間

AX 売上税精算期間は、Web アプリケーションを設定します。VAT 返還されます。 この売上税の転記済売上税トランザクションに基づいて計算されます。 決済期間です。

状態

AX VAT の義務の内部の状態です。 いずれかを指定できます。

-          作成

-          生成

-          送信

-          エラーです。

締め切り日

、 この義務期間の期限です。このフィールドは、HMRC からのみ更新されます。

受信日

、 義務を受信した日付です。HMRC からこのフィールドが更新されるだけと VAT 義務が満了します。

VAT 返還

これ フィールドでは、JSON 形式で生成された VAT 返還を示しています。計算されるユーザーを確認できます。 HMRC にデータを送信する前に金額です。

売上税支払バージョン

このフィールドは、売上税支払のの値を示しています。 バージョンどの VAT のリターンが生成されるパラメーターです。

処理日

、 VAT 返還を HMRC に処理されたときの日付。このフィールドが更新されます。 HMRC の VAT の義務が満たされる場合のみです。

支払指示

"DD"は、します。 netVatDue の値が借方金額および HMRC の場合、直接の借方の命令を保持しています。 クライアントです。「銀行」は、netVatDue の値は、貸方および HMRC が保持している場合 クライアントの銀行のデータです。それ以外の場合は表示されません。このフィールドを更新します。 HMRC の VAT の義務が満たされる場合のみです。

フォームのバンドルの数

一意 フォームのバンドルを表す番号です。HMRC システムは、VAT の戻り値を格納します。 フォームでは、一意のフォームのバンドルには、保持するデータです。このフィールドが更新されます。 HMRC の VAT の義務が満たされる場合のみです。

ことがあります。 [ログ] タブの高速な VAT の義務を実行するすべてのアクションを確認します。

VAT 義務は、HMRC から最初に受信する必要があります。VAT の取得義務ウィンドウのボタンを操作をクリックします。

フィールド

説明

決済期間

選択します。 売上税精算期間を AX このフィールドにします。これは、売上税の売上税をする必要があります。 決済期間を対象となる、VAT の義務を取得し、さらに VAT のリターンを送信します。このパラメーターは、HMRC と相互運用するために使用するシステムで、Web アプリケーションを定義します。

開始日

選択します。 HMRC から VAT の義務を取得する開始日。

終了日

選択します。 VAT の義務を取得する期間の終了日 HMRC。

アクティブなWeb アプリケーションが、販売の設定 税決済期間は HMRC の相互運用のために使用されます。この場合 "サンド ボックス"の種類のアプリケーションは、します。 テストの追加のダイアログが表示されます。 シナリオフィールドです。HMRC (を参照してサポートされているテストのシナリオのいずれかを定義します。 API のサブスクリプションを管理する > Api > VAT > エンドポイント > VAT の取得 義務 >、テスト アプリケーションに関連する HMRC のデータ セクションのテスト すべて Gov ・ テスト ・ シナリオが見つかりません)。"QUARTERLY_NONE_MET"を入力するたとえば、 このフィールドに、クライアントは、四半期ごとのシナリオをシミュレートします 義務と「なし」が満たされます。このフィールドを開始するのには空白のままにする可能性があります。 「既定」のクライアントを持っているシナリオをシミュレートするテストのシナリオ 四半期ごとの義務、および 1 つが満たされます。[Ok] ボタンをクリックします。要求 HMRC は、送信して、応答を受信します。に従って、新しいレコード フォームは、 VAT が提出書類を返します。 作成または既存の更新されました。

MTD-3.jpg

VAT 返還を生成します。 JSON

VAT の MTD VAT 返還を JSON 形式のみを受け入れます。VAT 返還を JSON 形式での選択を生成するには レコードにVAT が提出書類を返します。 義務期間をレポートすることに関連するフォームです。VAT の生成を返す] ボタンをクリックします VAT 提出書類の取得の操作ウィンドウ フォームです。売上税支払を選択します。 バージョン売上税支払レポートの生成を選択すると同じように値のいずれかのダイアログ ・ ボックスのフィールド。

-          元

-          修正

-          最新の 修正

-          合計 ボックスの一覧です。

[OK] をクリックします。 VAT 返還を JSON 形式では、生成し、 VAT を返すフィールドの確認のために利用可能になります。

ことがあります。 HMRC に提出するまでに何回か VAT 返還を再生成します。

MTD-4.jpg

VAT を送信するを返します。 HMRC

VAT と JSON 形式の戻り値は、生成された HMRC に送信する、操作ウィンドウ上の送信の VAT を返す] ボタンをクリックする準備ができました VAT 提出書類を取得するフォームです。 VAT の戻り値は各義務期間の 1 回だけ HMRC に送信できます。確認 VAT AX] 警告ボックスで [はい] をクリックする前に戻り値を送信することを確認。警告 ボックスには、[はい] をクリックすると、ユーザーが確約したことの宣言が含まれています。 HMRC に送信することがある情報が完了します。 ユーザーを [はい] ボタンでは、この宣言の受け入れは、送信されました。 情報です。いない場合は、送信する準備ができていることを確認その VAT 返還です。 クリックして [いいえ]関連する JSON 形式で生成された VAT を返す場合、[はい] をクリックすると、 VAT で選択したレコードを返します 送信HMRC にフォームが送信されます。VAT の戻り値が送信された場合 正常に HMRC にそのステータスは更新されますそれぞれに提出します。VAT を取得する場合は、 HMRC のステータスAX で受信日時フィールドが更新されます。 報告されたものを含む期間の義務です。何らかのエラーが発生した場合 HMRC、ステータスに VAT 返還の送信中に エラーが更新されます。

ことがあります。 VAT の [ログ] タブの高速な VAT の義務を実行するすべてのアクションを確認します。 提出書類を返しますフォームです。HMRC からの応答を受信することがあります。 完全なテキスト ビューので完全に確認します。 応答ボタン。エラー、エラーが発生した場合 コードの応答からのエラー コードがフィールドに表示し、エラーの説明フィールドがからのエラーの説明を表示する、 応答します。

MTD-5.jpg

セキュリティ特権

次 セキュリティ特権は、新しい機能に対して作成されます。

セキュリティ特権

説明

関連付けられています。

セットアップ HMRC のアクセス トークンを取得し、 (TaxHMRCSetupMaintain_UK)

Web サービスのパラメーターを編集します。 Web アプリケーション(HMRC の承認を取得、取得テスト ユーザーを含む 更新のアクセス トークンのトークン、アクセス)

アクセス レベル:

-  TaxHMRCApplication_UK {削除}

-  TaxHMRCParameters_UK {削除}

-  TaxHMRCApplicationAuthorization_UK {削除}

-  TaxHMRCTestUserData_UK  {削除。

-  TaxHMRCHelper_UK メソッド (getAccessToken) {を呼び出す}

関税: 売上税を維持します。 トランザクション (TaxSalesTaxTransactionsMaintain)

 

の取得 HMRC の VAT の義務 (TaxHMRCVATObligationRetrieve_UK)

VAT の義務を取得します フォームのVAT 提出書類を返します。

アクセス レベル:

-  TaxHMRCApplication_UK {読み}

-  TaxHMRCVATObligation_UK {正しい}

-  TaxHMRCHelper_UK メソッド (retrieveVATObligations) {を呼び出す}

関税。 売上税トランザクション (TaxSalesTaxTransactionsMaintain) の管理します。

を生成します HMRC の VAT 返還 (TaxHMRCVATObligationGenerate_UK)

VAT 返還VAT のフォームを生成します。 提出書類を返します

アクセス レベル:

-  TaxHMRCVATObligation_UK {正しい}

-  TaxHMRCHelper_UK メソッド (generateVATReturn) {を呼び出します。

関税: 売上税を維持します。 トランザクション (TaxSalesTaxTransactionsMaintain)

 

送信 HMRC の VAT 返還 (TaxHMRCVATObligationSubmit_UK)

VAT 返還VAT のフォームを送信します。 提出書類を返します

アクセス レベル:

-  TaxHMRCApplication_UK {読み}

-  TaxHMRCVATObligation_UK {正しい}

-  TaxHMRCHelper_UK メソッド (submitVATReturn) {を呼び出す}

関税。 売上税トランザクション (TaxSalesTaxTransactionsMaintain) の管理します。

ビュー HMRC の VAT の義務 (TaxHMRCVATObligationView_UK)

VAT 提出書類を取得するフォームを表示します。

アクセス レベル:

-  TaxHMRCVATObligation_UK {読み}

 

関税: は、売上税を照会します。 トランザクションのステータス (TaxSalesTaxTransactionStatusInquire)

確認するには セキュリティ権限の配分を変更するには、セキュリティの職務とロール、または 開くにはシステム管理>設定>セキュリティ>セキュリティ ロール

詳細情報

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールするか、またはその他の技術の質問をサポート、パートナーに相談するか、マイクロソフトとサポート プランを直接に登録すると場合、は、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートにお問い合わせくださいし、作成する場合、新しいサポート要求します。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx

これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contacts

お客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htm

かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

Microsoft Dynamics AX を入手する方法は、ファイルを更新します。

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードしインストールすることできます。

Microsoft Dynamics AX 2012 の R3 用の更新プログラムをダウンロードします。

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R3

再起動の必要性

修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×