認証証明書の資産インテリジェンス システム センター構成マネージャーで (KB 4054234) 用の更新プログラム

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

Microsoft システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2、システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 2 システム センター 2012 R2 の構成で資産インテリジェンス (AI) 認証の証明書の更新プログラムについて説明します。マネージャーのサービス パック 1、および 1706 およびそれ以前のシステム センター構成マネージャーのバージョンの現在の分岐です。この更新プログラムをインストールする前に、「インストール手順」のセクションを確認します。

メモSystem Center 構成マネージャーの現在の分岐バージョン 1710 とそれ以降のバージョンは、資産インテリジェンス (AI) の認証証明書のこのバージョンで事前に準備されたそれらのバージョンにこの更新プログラムを適用する必要はありません。

現象

システム センター構成マネージャーでは、システム センター オンライン資産インテリジェンス公開認証 (ブートス トラップ) 証明書を検証 (失効日、2018 年 10 月 12 日) を使用する発行元の証明書は、2017 年 11 月 17 日に更新されました。以前の発行元の証明書は短時間でスムーズに移行できるようにするのに有効なままになります。古い発行証明書が削除されると、システム センター オンラインは認識されないため事前に準備されたパブリック認証証明書サービスに登録するのには、資産インテリジェンス同期ポイント サイト システムの役割で使用されます。

  • シナリオ 1: 、新しい資産インテリジェンス同期ポイントをインストールしようとして、システム センター オンライン サービスにしようと、最初の接続を行うことです。

  • シナリオ 2: 既存の資産インテリジェンス同期ポイントは、パブリック認証証明書を使用してのインストールごとに固有の証明書を更新しようとします。

これらのシナリオでは、システム センター オンライン公開認証証明書を拒否、および、資産インテリジェンスのペインで、[構成マネージャー] コンソールに次のエラー メッセージが表示されます。

System Center 構成マネージャー 2007

接続に失敗しました - 無効な証明書

システム センター構成マネージャーで 2012

資格情報と証明書/トークンの期限が切れています。オンライン アカウントを再プロビジョニングする必要があります。

システム センター構成マネージャーの現在の分岐 1706 と以前のバージョンで

資格情報と証明書/トークンの期限が切れています。オンライン アカウントを再プロビジョニングする必要があります。


さらに、次のエラー メッセージが Aiupdatesvc.log ファイルに記録されます。

資産インテリジェンス カタログ同期サービスの警告: 0:Log_Date: 中に WebException を登録しようとしています: 状態 = ProtocolError
資産インテリジェンス カタログ同期サービス エラー: 0:Log_Date: HTTP ステータス 403 で例外が要求の同期を試みたが失敗しました: 禁止されています。

解決策

この問題を解決するには、構成マネージャーの現在の分岐 1710 (またはそれ以降) にアップグレードするか、この更新プログラムを適用します。この更新プログラムでは、AI の認証証明書は、2019 年 11 月 1日まで有効です。

新しい資産インテリジェンス同期ポイントのインストールを許可するか、資産間の継続的な接続を確保するのには、階層内の最上位のサイトに資産インテリジェンス システム センター オンライン公開認証証明書を更新する必要があります。インテリジェンスの同期ポイントと既存のインストールでは、システム センター オンライン サービスです。

更新プログラムの情報

サポートされている更新プログラム パッケージは、Microsoft ダウンロード センターから利用できます。

更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール手順

階層の最上位のサイトには、この更新プログラムをインストールする必要があります。

資産インテリジェンス証明書を手動で更新するこの修正プログラムに含まれる証明書ファイルをインストールします。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. ConfigMgrAICert_KB4054234.exe の修正プログラム パッケージをダウンロードします。

  2. Microsoft Self-extractor] ダイアログ ボックスを開く、ライセンス契約に同意して、展開されたファイルの場所を選択して[はい]を選択し、続行してファイルを圧縮解除は、 [ok]を選択し、修正プログラム パッケージをダブルクリックします。

  3. 8EBC7D60-4ACA-07F2-7004-A799B2C2B096.pfx の証明書ファイルをサイト サーバーからアクセスできる場所に抽出するのにはConfigMgrAICert_KB4054234.exeファイルを実行します。

  4. 構成マネージャー コンソールで、次の場所に、サーバーのコンピューター名、資産インテリジェンス同期ポイントを検索します。

    • システム センター構成マネージャー 2007 のすべての製品。

      システム センターの構成 Manager\Site データベース (サイト コード、サイト名) \Site Settings\Site システム

    • システム センター構成マネージャーで 2012年のすべての製品。

      Administration\Overview\Site Configuration\Servers、およびサイト システムの役割

    • システム センター構成マネージャーで現在のすべての分岐バージョン。

      Administration\Overview\Site Configuration\Servers、およびサイト システムの役割

  5. 資産インテリジェンスの同期ポイントを右クリックし、プロパティ] を選択します。

  6. [全般] タブを選択、証明書ファイルのパスを指定し、 [ok]を選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×