課題にカテゴリを追加します

課題にカテゴリを追加して、それらを作業の種類、単位、科目ごとに整理しやすくします。 学生もカテゴリを確認することができるようになります。

  1. 該当するクラスルームにある [全般] チャネルに移動し、[課題] を選択します。

  2. [ Create > ssignment] を選びます。

    [作成]、[課題] の順に選択します。

  3. [カテゴリの追加] > [+ New category (新しいカテゴリ)] の順に選択し、新しいカテゴリを入力して [Enter] キーを押します。

    カテゴリを追加する

    ヒント: [ X] を選択して、課題から分類を削除します。 現在使用されているカテゴリは、[カテゴリの追加] を選択した場合に、選択項目のドロップダウンに表示されます。

  4. 課題の詳細情報の追加を実行します。

    • 課題のタイトル (必須)

    • 割り当てる対象となる複数のクラスまたは個別の学生を選びます。 (任意)

    • 方法 (任意)

    • 期日 (任意)

    • 後で割り当てる場合のスケジュールを設定します。 (任意)

    • 任意の基準を使用した、取得可能なポイントの設定。 例: 100 点または 4.0。 (任意)

    • 提出の遅延を許可します。 (任意)

    • 参照用または提出用の、学生のためのリソースを追加します。 (任意)

    • 成績ルーブリックを追加します。 (任意)

  5. [割り当て] を選択します。 新しい課題が学生に通知されます。

    課題のカテゴリが課題の一覧に表示されます。

    分類項目付きの課題。

カテゴリ別に課題をフィルター処理する

すべての割り当てを1つのカテゴリで表示するには、[ すべてのカテゴリ] を選択し、表示するカテゴリを選択します。

課題カテゴリでフィルター処理します。

詳細情報

課題を作成する

課題を編集する

課題を削除する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×