資産インテリジェンス「ライセンス 01A」報告を正しくレポート、MSDN のエディションの Windows Server 2008 では、システム センター構成マネージャー 2007 sp2 では Windows XP MAK キーを使用する場合

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • 資産インテリジェンス「ライセンス 01A」では、システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2 (SP2) サイト サーバーにクエリの製品ライセンス情報を報告します。

  • MSDN の一部のエディションの Windows Server 2008 では、マルチ ライセンス認証キー (MAK) キーを使用します。

このシナリオでは、レポートと誤って報告この MSDN のエディションの Windows Server 2008 では、Windows XP です。 R2 バージョンの Windows Server 2008 がインストールされていない、資産インテリジェンス「ライセンス 01A」のクエリは正しく報告するときは、Windows XP と Windows Server 2008 をレポートします。

解決方法

この問題を解決するには、次のマイクロソフト サポート技術情報に記載されている修正プログラム ロールアップ パッケージをインストールします。

2536089 資産インテリジェンス システム センター構成マネージャー 2007 sp2 では互換性の問題の修正プログラム ロールアップ: 2011 年 5 月

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2477182 System Center 構成マネージャー 2007 修正プログラムのインストール ガイド詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。

2444668 システム センター構成マネージャー 2007 sp2 では他のマイクロソフト ボリューム ライセンス製品で資産インテリジェンスの互換性の問題の修正プログラム ロールアップ: 2010 年 11 月ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×