電子メール内のファイルやメールに感度ラベルをOffice

注: この機能を使用するには 、Microsoft 365 サブスクリプションが必要です。管理者が感度ラベルを構成し、この機能を有効にしているユーザーや組織が利用できます。 詳細については 、「デバイス アプリでの感度ラベルの概要」と「Office ラベルの動作方法 」を参照してください。 

ファイルやメールに機密ラベルを適用して、組織の情報保護ポリシーに準拠した状態に保つことができます。

感度ラベルの適用方法

感度ラベルは、手動または自動で適用されます。

注: 管理者が自動ラベル付けを構成していない場合でも、すべての Office ファイルとメールにラベルを要求するようにシステムを構成している場合や、既定のラベルを開始点として選択している場合があります。 ラベルが必要な場合、Word、Excel、または PowerPoint のファイルを保存したり、Outlook でメールを送信したりできない場合は、感度ラベルを選択する必要があります。 

ラベルを手動で適用、変更、または削除するには、次の手順を実行します。

  1. [ホーム] タブで [感度 ] を選択します

    [感度] ボタン

    重要:  Office アカウントが Office 365 Enterprise E3 または Office 365 Enterprise E5 ライセンスが割り当てられている作業アカウントではない場合、管理者が感度ラベルを構成していない場合、および機能を有効にしていない場合、または Azure Information Protection クライアントが Office で実行されていない場合は、感度は表示されません。

  2. ファイルまたはメールに適用する感度ラベルを選択します。

    [感度ラベル] ドロップダウン メニュー

    注: 組織が、その感度ラベルの詳細を確認するために Web サイトを構成している場合は、詳細 を確認するオプションも表示 されます。

ファイルに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度] メニューから選択 を解除 します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

  1. [ホーム] タブで [感度 ] を選択します

    [感度] アイコン

    重要:  Office アカウントに Office 365 Enterprise E3 または Office 365 Enterprise E5 ライセンスが割り当てられている作業アカウントではない場合、または管理者が感度ラベルを構成していない場合、またはこの機能を有効にしていない場合は、感度は表示されません。

  2. ファイルまたはメールに適用する感度ラベルを選択します。

    [感度] ボタンと表示される [感度] オプション

    注: 組織が、その感度ラベルの詳細を確認するために Web サイトを構成している場合は、詳細 を確認するオプションも表示 されます。

ファイルに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度] メニューから選択 を解除 します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

Word、Excel、PowerPoint

  1. Android タブレットで、[ホーム]タブ (まだ選択されていない場合) を選択し、[感度]を選択します

    Android スマートフォンで、画面の 上部にある [[編集] アイコン 編集] アイコンを選択してリボンを展開します。 [ホーム] タブで 下にスクロールし、[感度] を選択します

    Android 用 Office の [感度] ボタンのスクリーンショット

    重要:  Office アカウントに Office 365 Enterprise E3 または Office 365 Enterprise E5 ライセンスが割り当てられている作業アカウントではない場合、または管理者が感度ラベルを構成していない場合、または機能を有効にしていない場合は、感度は表示されません。

  2. ファイルに適用する感度ラベルを選択します。

    android 版 Officeの感度ラベルのスクリーンショット

    注: 組織が、その感度ラベルの詳細を確認するために Web サイトを構成している場合は、詳細 を確認するオプションも表示 されます。

ファイルに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度] メニューから選択 を解除 します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

Outlook

  1. メールを作成するときに、メールを Outlook Mobile の [その他の表示] アイコン

  2. [感度の追加] または [感度の編集] を選択します

    Android 版 Outlook の [感度の追加] ボタンのスクリーンショット

  3. メールに適用する感度ラベルを選択します。

    Android 版 Outlook の感度ラベルのスクリーンショット

メールに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度の編集]を選択し、[削除] を選択します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

Word、Excel、PowerPoint

  1. iPad で、[ホーム]タブ (まだ選択されていない場合) を選択し、[感度]を選択します

    iPhone で、画面の 上部にある [[編集] アイコン 編集] アイコンを選択してリボンを展開します。 [ホーム] タブで下にスクロールし、[感度] を選択します

    iOS 用 Office の [感度] ボタンのスクリーンショット

    重要:  Office アカウントに Office 365 Enterprise E3 または Office 365 Enterprise E5 ライセンスが割り当てられている作業アカウントではない場合、または管理者が感度ラベルを構成していない場合、または機能を有効にしていない場合は、感度は表示されません。

  2. ファイルに適用する感度ラベルを選択します。

    iOS 用 Officeの感度ラベルのスクリーンショット

    注: 組織で、その感度ラベルの詳細を確認するために Web サイトを構成している場合は、詳細を確認することもできます。オプションを選択します。

ファイルに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度] メニューから選択 を解除 します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

Outlook

  1. メールを作成するときに、メールを Outlook モバイル オーバーフロー メニュー

  2. [感度の追加] または [感度の編集] を選択します

    Outlook Mobile で感度を編集する

  3. メールに適用する感度ラベルを選択します。

    iOS 向け Outlook の感度ラベルのスクリーンショット

メールに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度の編集]を選択し、[削除] を選択します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

Outlook

  1. メールを作成するときに、[感度] を選択します

    Outlook for the web の [感度] ボタン

    重要:  Office アカウントが仕事用アカウントではない場合、および管理者が感度ラベルを構成していない場合、およびこの機能を有効にしていない場合、感度は表示されません。 

  2. メールに適用する感度ラベルを選択します。

    Outlook for the web の [感度] オプションが表示された [感度] ボタン

    注: 組織で、その感度ラベルの詳細を確認するように Web サイトを構成している場合は、[詳細] オプション も表示 されます。

メールに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度] メニューから選択 を解除 します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

Word、Excel、PowerPoint

注: SharePoint および OneDriveの Office ファイルの感度ラベルを有効にする (プレビュー) にオプトインしている組織向けには、Word、Excel、PowerPoint の感度ラベルが現在展開されています。

  1. [ホーム] タブで [感度 ] を選択します

    Web 上の Officeの [感度] ボタン

    重要:  Office アカウントに Office 365 Enterprise E3 または Office 365 Enterprise E5 ライセンスが割り当てられている作業アカウントではない場合、または管理者が感度ラベルを構成していない場合、またはこの機能を有効にしていない場合は、感度は表示されません。

  2. ファイルに適用する感度ラベルを選択します。

    web 上の Officeの [感度] ボタンとドロップダウン メニュー

    注: 組織で、その感度ラベルの詳細を確認するように Web サイトを構成している場合は、[詳細] オプション も表示されます。

ファイルに既に適用されている感度ラベルを削除するには、[感度] メニューから選択 を解除 します。 当然ながら、組織がすべてのファイルにラベルを必要とする場合は、削除する必要があります。

自動的に適用 (または推奨) されたラベル

管理者が自動ラベル を設定している場合、特定の種類の情報 (社会保障番号、クレジット カード番号、その他の機密情報など) を含むファイルまたはメールには、指定したラベルを推奨するか、自動的に適用することができます。 

ラベルが自動的に適用されている場合は、リボンの下に次Office通知が表示されます。

自動的に適用される感度ラベルのポリシー ヒントのスクリーンショット

ラベルが推奨されているが、自動的に適用されていない場合の通知は、同様に表示されます。

詳細については、「パスワードでファイルやメールに感度ラベルを自動的に適用または推奨する」を参照Office 

現在適用されているラベルを確認する方法

現在適用されているラベルがある場合、表示する方法は、デスクトップとモバイルの違いによって少し異なります。

デスクトップ アプリ ( Web 用 Officeを含む) では、ウィンドウの下部にあるステータス バーを確認します。

"全般" の感度ラベルが表示された Excel ステータス バーが適用されている

モバイル アプリOffice、メニューを 3 つの点のアイコン します。

機密ラベルを適用するとどうなりますか?

機密ラベルを適用すると、デバイス、アプリケーション、クラウド サービス間で共有されている場合でも、ラベル情報は文書またはメールと共に保持されます。 また、機密ラベルを適用すると、組織の構成に応じて、次のように、文書またはメールに変更が加えられることがあります。

  • Information Rights Management を使用した暗号化が文書またはメールに適用されることがあります

  • ヘッダーまたはフッターが文書またはメールに表示されることがあります

  • 文書に透かしが表示されることがあります

注: 感度ラベルを変更または削除するアクセス許可を持たなかった場合、ほとんどのアプリでエラー メッセージが表示されるのを防ぐ必要があります。 Outlook Mobile など、一部のアプリでは、感度ラベルが単に無効になります。

機密ラベルの変更を正当化する

管理者は、機密ラベルをより高い機密性からより低い機密性に変更する前に、正当性を提供する必要があるポリシーを持つことができます。 この構成では、機密性の低いラベルを選択するときに、正当な理由を選択するか、独自の情報を入力するように求められる場合があります。

注: 文書を開いた後、またはメール メッセージの転送に返信した後、1 回だけ変更を正当化することを求めるメッセージが表示されます。 一度変更を正当化したら、そのドキュメントまたはメール メッセージを閉じて再度開くまでは、それ以降の変更を正当化する必要ありません。

Mac Word での正当性エクスペリエンスの機密ラベル ダウングレード

ラベル付けでサポートされている感度のOffice。

プラットフォーム間で Office アプリでサポートされている感度ラベル機能の最新のリストについては、「Office でサポートされている感度ラベル機能の詳細については、以下 を参照してください。

関連項目

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×