「カスタム エラー モジュールではこのエラーを認識されません」とエラーが発生、OWA を使用する web の URL の一部

現象


Microsoft Outlook Web App (OWA) を特別に細工した web パーツの URL を使用して、共有されているメールボックス フォルダーにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

カスタム エラー モジュールでこのエラーが認識されません。


次の例のシナリオを検討してください。

  • OWA URL は、Microsoft Exchange 2013 のフロント エンド サーバーをポイントします。

  • ユーザー a とユーザー b のメールボックスは、Exchange 2010 のメールボックス サーバーに配置されます。

  • ユーザー b がユーザー a の予定表フォルダーへの代理アクセス権を与えられます。

  • ユーザー b には、ユーザー a のメールボックスの予定表 web パーツの統一リソース識別子 (URI) に表示される明示的な OWA ログオン アドレスが生成されます。このアドレスは次のようになります。

    https://exchange2013.fabrikam.com/owa/userA@fabrikam.com/?cmd=contents&module=calendar

  • [ログオン] 画面では、ユーザー b は、資格情報を入力します。

このシナリオでは、ユーザー b は、このセクションに記載されているエラー メッセージを受信します。

原因

この問題は、Exchange 2013 サーバーでプロキシに要求をクライアント アクセス サーバー (CAS) の役割を持つ Exchange server 2010 サーバーをしようとするために発生します。プロキシの要求時に、"ですか? cmd の内容とモジュールを = = カレンダー」URI 内の行は保持されません。したがって、期待どおりに、プロキシ要求はの代わりに特定の共有フォルダー、共有メールボックスの受信トレイに送られます。

回避策

この問題を回避するには、OWA で、ユーザー自身のメールボックスにログオン ユーザーのログがあるし、セカンダリ予定表として、自分の予定表ビューに共有の予定表を追加します。

これを行うには、UserA は UserB の予定表の代理アクセス権を与えるがあります。次の手順に従ってユーザー b があります。

  1. OWA に、通常どおりにログオンします。

  2. 左上のカレンダーを開く[アプリ] ボタンをクリックします。

  3. 個人用の予定表を右クリックし、予定表を開く] をクリックします。

  4. ダイアログ ボックスで、UserA を指定するには、適切なリストのエイリアスまたはインターネットのアドレスのいずれかを入力とし、[ OK] をクリックします。

OWA は、ユーザー a の予定表を別のカレンダーとして表示されます。ユーザー b は、有効にし、UserA のチェック ボックスをオフにして、セカンダリ予定表の表示を無効にすることができます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×