「権限借用エラーが発生しました」Exchange 設置に Dynamics 365 を接続するとき

現象

Dynamics 365 (オンライン) と Exchange Server (設置型) の間でサーバー側の同期を構成すると、表示されます、次のエラーのいずれかのメールボックスを有効にしようとしました。

  • 電子メール メッセージに [テスト メッセージを送信中にメールボックスにアクセスする権限借用エラーが発生しました。メールボックス < メールボックス名 > が同期していません。関連付けられている電子メール サーバー プロファイル < 電子メール サーバーのプロファイル名 > の所有者が通知されました。

  • 電子メールを受信するときに、メールボックスにアクセスする権限借用エラーが発生しました。< メールボックス名 > が同期していません。関連付けられている電子メール サーバー プロファイル < 電子メール サーバーのプロファイル名 > の所有者が通知されました。

上記のエラーのいずれかの詳細をクリックすると、次のように詳細を確認できます。

ActivityId: < GUID >
> エラー: System.Web.Services.Protocols.SoapException: アカウントには、要求されたユーザーを偽装するためのアクセス許可はありません。
System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol.ReadResponse (SoapClientMessage のメッセージ、WebResponse の応答、ストリームの responseStream、ブール asyncCall) で
System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol.EndInvoke (IAsyncResult asyncResult) で
Microsoft.Crm.Asynchronous.EmailConnector.ExchangeServiceBinding.EndFindItem (IAsyncResult asyncResult) で
Microsoft.Crm.Asynchronous.EmailConnector.FindItemsStep.EndCall() で
Microsoft.Crm.Asynchronous.EmailConnector.ExchangeIncomingEmailProviderStep.EndOperation () の ActivityId で: < GUID >
> エラー: System.Web.Services.Protocols.SoapException: アカウントには、要求されたユーザーを偽装するためのアクセス許可はありません。
System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol.ReadResponse (SoapClientMessage のメッセージ、WebResponse の応答、ストリームの responseStream、ブール asyncCall) で
System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol.EndInvoke (IAsyncResult asyncResult) で
Microsoft.Crm.Asynchronous.EmailConnector.ExchangeServiceBinding.EndCreateItem (IAsyncResult asyncResult) で
Microsoft.Crm.Asynchronous.EmailConnector.ExchangeOutgoingEmailProvider.EndCreateItem() で

原因

このエラーは、メールボックスにアクセスする権限を持っていない偽装メールボックスのユーザー アカウントが指定されている場合に表示されることができます。 Dynamics 365 のメールボックス レコードに関連付けられている電子メール サーバーのプロファイルのレコード内のメールボックスへのアクセスに使用するアカウントが提供されています。

解決策

電子メール サーバーのプロファイルのレコードに記載されているユーザー アカウントが、関連付けられている各メールボックスの偽装のアクセス許可を確認します。 Dynamics 365 のメールボックス レコード内で確認の電子メール サーバーのプロファイルのレコードの [資格情報] セクション内でどのアカウントが用意されている、サーバーのプロファイルの値をクリックできます。

Exchange の偽装を構成する方法についてを参照してください。

方法: 偽装を構成します。

Exchange 2010 で Exchange の偽装を構成

偽装、および Exchange での EWS

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×