「評価期間が期限切れ」エラー メッセージ SQL server を使用する場合


英語版 KB:

現象

SQL Server Management Studio (SSMS)」または「SQL プロファイラーなどの Microsoft SQL Server ツールを使用する場合は、次のエラー メッセージが発生します。

評価期間の有効期限が切れています。評価版ソフトウェアをアップグレードする方法の詳細についてを参照してください。


さらに SQL Server のインスタンスの有効期限が切れたインストールに接続しようとすると、次のエラー メッセージを参照して可能性があります。

SQL Server への接続を確立中に、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからないか、アクセスできませんでした。インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可する構成されていることを確認します。(プロバイダー: パイプ プロバイダー エラーを名前付き: 40 - SQL Server への接続を開くことができませんでした)


メモ 常に、SQL Server のインスタンスの有効期限が切れたインストールに関連付けられていない接続のエラー メッセージは、一般的なメッセージ.

原因

問題は、評価版の SQL Server インスタンスを実行しているし、評価期間の有効期限が切れたときに通常発生します。

メモ SQL Server 2008 の場合は既知のバグのため、ライセンスされたバージョンにアップグレードした後でもこのエラー メッセージを表示可能性があります。

解決方法

1 - の場合、SQL server の評価版の有効期限が切れたバージョンがあります。


メモ これは、評価版からのツールのみがインストールされていて、シナリオにも適用されます。

評価版を製品版にアップグレードするには Books Online の以下のトピックを参照することができます。


メモ これらのトピックのいずれかの上部の環境に関連するトピックを選択するバージョンの選択ツールを選択できます。

メモ SQL Server 2008 の場合、次の KB 資料を参照することもできます。

メモ SQL Server 2005 の次の KB 資料を確認します

ケース 2 -、エンタープライズの評価版から express エディションに移動します。

場合によっては、エンタープライズの評価版から、Express エディションに移動することができます。アップグレード パスはありません、ため、express エディションには評価版のユーザー データベースを移動するのには、次の資料を参照してくださいできます。

シナリオ 1 - ことはできますが、SQL Server の評価版を開始するには

ユーザー データベースを移動する方法については、次のトピック SQL Server Books online を参照してください。


シナリオ 2: Youcannot、評価期間の有効期限が切れているため、エンタープライズの評価版の有効期限が切れたエディションを開始します。

データベースのサイズがより小さい 10 gb (ギガバイト)、canfollow する場合の手順を実行します。

  1. 製品です。

  2. データベースのデータ ファイル (mdf と ldf) ファイルを検索します。

  3. SQL express エディションです。

    注: これらのファイルは現在の古いインスタンスの既定のデータ ディレクトリに配置されている場合に SQL Express の edition では、データ ファイルを添付する前に、データベース ファイルの現在の場所から、新規インストールの場合、新しいデータ ディレクトリを別の場所にサーバー上の移動することがあります。

ケース 3 - ライセンスのバージョンの SQL Server にアップグレードした後でもにこの問題は SQL Server 2008 環境で実行しています。

この場合、次のオプションがあります。

注も、共有ツールの評価版を当初インストールいたシステムでこの問題に注意してください。 され、後でライセンスされたバージョンにアップグレードします。

オプション 1

評価版をライセンス版にアップグレードする前に、Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1 を適用します。

メモ SQL server 2008 Service Pack 1 を適用する前に、エディションのアップグレードを既に実行した場合、問題を解決するのには、オプション 2 に記載されたすべての手順を実行する必要があります。サービス パックは thatinvolve 将来のエディションのアップグレードの問題のみできなくなります。

オプション 2

この問題を解決するのには、次の手順を使用します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

  1. [スタート] ボタン、実行] をクリックして、 Regedt32と入力し、[ OK] をクリックします。

  2. 見つけてし、レジストリ エディターで次のキーをクリックします。

    SQL Server\100\ConfigurationState を編集して

  3. レジストリ エディターの右側のウィンドウでCommonFiles の DWord 値を選択します。

  4. [編集] メニューの [変更を] をクリックします。

  5. 3と入力し、[ OK] をクリックします。

  6. レジストリ エディターを終了します。

  7. 再実行します ライセンスされているエディションへのすべてのコンポーネントのアップグレードを完了する手順。

  8. 版以降にアップグレードが完了したら、インスタンスを今後の更新での問題を回避するのには、次のサポート技術情報」資料を参照してください。

    Microsoft SQL server 2008 への更新は、エディションのアップグレード後に失敗します。

詳細

SSMS の有効期限が切れるかどうかを確認する方法は?

  1. SQL Server Management Studio を起動します。

  2. 選択、ヘルプ ] メニューの [し、は...サブメニューをクリックします。

コンポーネント「Microsoft SQL Server Management Studio」はの記事で説明した問題が発生する"'x' の有効期限日"その隣にあります。

接続エラーの追加のポインター

かどうか、接続エラー、「現象」にを areencountering するチェックできますさまざまな投稿次のブログ。


免責事項

マイクロソフトおよびその供給者または適合性、信頼性、または情報の正確性についての保証をドキュメントに含まれているおよびありませんいかなる目的のために関連グラフィックスこの WEB サイト (「材料」) で公開。材料技術的な誤りや誤植があり、予告なしにいつでも改訂する場合があります。

最大許容される最大限において適用可能な法律、マイクロソフトおよびその供給者ではありませんを侵害、満足できる条件または品質、商品および材料に関して、特定目的に対する適合性の表現、保証、またはタイトル、以外の条件に明示、黙示または法律上などをしない場合は制限されているかどうかすべての表現、保証、および条件を除外します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×