この資料の内容


この資料では、セカンダリ DNS サーバーを構成する方法について順を追って説明します。


セカンダリ ネーム サーバーを指定する


プライマリ DNS サーバー上で、追加するネーム サーバーを指定します。

  1. [スタート] ボタンをクリックして、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[DNS] をクリックします。

  2. コンソール ツリーで、[ホスト名] をクリックします (ホスト名は DNS サーバーのホスト名です)。

  3. コンソール ツリーで、[前方参照ゾーン] をクリックします。

  4. 対象のゾーン (例 : [example.com]) を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  5. [ネーム サーバー] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

  6. [サーバー名] ボックスに追加するサーバーのホスト名を入力します。たとえば、namesvr2.example.com と入力します。

  7. [IP アドレス] ボックスに追加するネーム サーバーの IP アドレス (例 : 192.168.0.22) を入力し、[追加] をクリックします。

  8. [OK] を 2 回クリックします。

  9. コンソール ツリーで、[逆引き参照ゾーン] をクリックし、対象のゾーンを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

  10. [ネーム サーバー] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

  11. [サーバー名] ボックスに追加するサーバーのホスト名を入力します。たとえば、namesvr2.example.com と入力します。

  12. [IP アドレス] ボックスに追加するネーム サーバーの IP アドレス (例 : 192.168.0.22) を入力し、[追加] をクリックします。

  13. [OK] を 2 回クリックします。

セカンダリ ネーム サーバー上に DNS をインストールする


DNS サービスをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 管理者としてコンピュータにログオンします。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして [コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。

  3. [Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。

  4. [コンポーネント] の一覧で [ネットワーク サービス] をクリックし (チェック ボックスの状態は変更しません)、[詳細] をクリックします。

  5. [ドメイン ネーム システム (DNS)] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  6. [Windows コンポーネント] ページで [次へ] をクリックします。

  7. Windows 2000 Server CD (コンパクト ディスク) を挿入するように要求されたら、Windows 2000 Server CD を挿入して [OK] をクリックします。

  8. [Windows コンポーネント ウィザードの完了] ページで [完了] をクリックします。

  9. [閉じる] をクリックします。


    これで DNS がインストールされます。DNS スナップインを開始するには、[スタート] ボタンをクリックして、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[DNS] をクリックします。

前方参照ゾーンを構成する


セカンダリ ネーム サーバー上で前方参照ゾーンを構成するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者としてセカンダリ ネーム サーバーにログオンします。

  2. [スタート] ボタンをクリックして、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[DNS] をクリックします。

  3. コンソール ツリーの [DNS] の下で、[ホスト名] をクリックします (ホスト名は DNS サーバーのホスト名です)。

  4. コンソール ツリーで、[前方参照ゾーン] をクリックします。

  5. [前方参照ゾーン] を右クリックし、[新しいゾーン] をクリックします。

  6. 新しいゾーン ウィザードが開始したら、[次へ] をクリックして操作を続行します。

  7. [標準セカンダリ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. [名前] ボックスにゾーンの名前 (例 : example.com) を入力し、[次へ] をクリックします。

  9. [マスタ DNS サーバー] ページで、このゾーンのプライマリ ネーム サーバーの IP アドレスを入力し、[追加]、[次へ]、[完了] を順にクリックします。

逆引き参照ゾーンを構成する


セカンダリ ネーム サーバー上で逆引き参照ゾーンを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックして、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[DNS] をクリックします。

  2. コンソール ツリーで、[ホスト名] をクリックします (ホスト名は DNS サーバーのホスト名です)。

  3. コンソール ツリーで、[逆引き参照ゾーン] をクリックします。

  4. [逆引き参照ゾーン] を右クリックし、[新しいゾーン] をクリックします。

  5. 新しいゾーン ウィザードが開始したら、[次へ] をクリックして操作を続行します。

  6. [標準セカンダリ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. [ネットワーク ID] ボックスにネットワーク ID (例 : 192.168.0) を入力し、[次へ] をクリックします。


    注 : ネットワーク ID とは、TCP/IP アドレスのネットワークに関連する部分です。
    TCP/IP ネットワークの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

    164015 Understanding TCP/IP Addressing and Subnetting Basics

概要

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×