この診断では、Management Reporter for Dynamics AX 2009 環境を確認し、既知の問題を探します。

概要

この診断を実行すると、以下の情報を入力するよう求めるメッセージが表示されます。

  • AOS サーバー名

  • AOS ポート (既定では 2712)

  • AX ユーザー名 (ドメインの部分を除外する必要があり、また AX 管理者である必要があります)

  • 完全修飾ドメイン名 (ユーザー名を含まない)

  • (AX ユーザー名の) パスワード

  • 会社 ID (別名 DataAreaID)

  • AX SQL サーバー名

  • AX SQL データベース名

この診断により実行される主な処理は、長さが無効である分析コードが含まれるトランザクションを探すことです。診断では、LEDGERBUDGET、LEDGERBALANCESDIMTRANS、および LEDGERCOV の各テーブルを検索します。診断で無効な長さが特定された場合、SDP の結果において診断の末尾に分析コードの一覧が出力されます。

詳細

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×