20,000 Microsoft Dynamics CRM の [数] 属性を設定すると、返される検索結果の数が 5,000

重要 この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。

322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには

現象

Microsoft Dynamics CRM データベースに対してクエリを作成するのにには、FetchXml スキーマの数の属性を使用します。次に、20,000 に数の属性を設定します。このシナリオでは、返される検索結果の数は 5,000 です。さらに、SQL 言語で、 SELECTステートメントは常に最上位 5001 の選択数の属性と属性にページングの設定内容にかかわらず。

原因

FetchXml スキーマを使用して検索の結果セットとmoreRecordsの属性が 1 に設定されている場合を取得するとき、この問題が発生します。1 の値は、5,000 を超えるレコードが利用可能なことを示します。Microsoft Dynamics CRM では、ページングの属性はページ数は 5,000 です。

解決策

マイクロソフトでは解説することのみを目的としてプログラミング例を提供しています。暗示あるいは明示していることに対しての保証はしておりません。ここで言う保証とは、特定の目的に対する商品性や適合性の暗示的保証を含んでいますが、それに限定されるわけではありません。この資料では、例示されているプログラミング言語およびプロシージャの作成やデバッグに使用するツールにお客様が精通していることを前提としています。マイクロソフトのサポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただし、お客様固有の要件を満たすために、追加機能の提供またはプロシージャの作成のために、これらの例に変更を加えたりはしません。

この問題を解決するのにには、レコードを取得するために、ページングの属性を使用します。その後、次のページを返す必要があるかどうかを決定する設定の結果として得られる検索でmoreRecords属性を使用します。

たとえば、次のコードは、この問題を解決する方法を示します。

moreRecords = true;i = 0;
while(moreRecords)
{
get page i
if(result has more records)
i++
else
moreRecords = false
}

詳細

警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

5,000 未満の値をページの制限を調整するには、MaxRowsPerPage の DWORD 値をレジストリに追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに regedit と入力して、 [OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSCRM

  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。

  4. MaxRowsPerPageを入力し、ENTER キーを押します。

  5. MaxRowsPerPageを右クリックし、[変更] をクリックします。

  6. [値データ] ボックスで、5,000 以下し、し、[ OK] をクリックする番号を入力します。

  7. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。

ページング機能をオフにし、5,000 のMaxRowsPerPageパラメーターを無視し、TurnOffFetchThrottling の DWORD 値をレジストリに追加します。そのためには、以下の手順を実行します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×